天体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 天体 > 天体の意味・解説 

てん‐たい【天体】

読み方:てんたい

太陽恒星惑星衛星彗星(すいせい)・星団星雲など、宇宙存在する物体総称


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/26 01:30 UTC 版)

天体てんたい英語: objectastronomical object)とは、宇宙空間にある物体のことである[1]宇宙に存在する岩石ガスなどの様々な物質が、重力的に束縛されて凝縮状態になっているものを指す呼称として用いられる。


  1. ^ Task Group on Astronomical Designations from IAU Commission 5 (2008年4月). “Naming Astronomical Objects”. International Astronomical Union (IAU). 2010年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月4日閲覧。



天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 00:20 UTC 版)

皇国の守護者」の記事における「天体」の解説

一つの恒陽を巡る遊星であるが、星としての固有名存在しない全世界あるいは天体上という意味で「〈大協約〉世界」という言葉使われている。一年397日 = 13ヶ月一日26刻(1刻 = 10尺 = 100寸 = 1000点)。衛星はなく、代わりに光帯と呼ばれる環がある。〈皇国〉天象季節変化ほぼ日本に相当する不自然なほど正円に近い地形多く中には星が落ちた跡だと伝えられている場所もある。

※この「天体」の解説は、「皇国の守護者」の解説の一部です。
「天体」を含む「皇国の守護者」の記事については、「皇国の守護者」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/13 00:09 UTC 版)

コーディリア」の記事における「天体」の解説

いずれもリア王』のコーディリアにちなむ。 コーディリア (衛星) - 天王星の衛星コーディリア (小惑星) - 小惑星帯小惑星。 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な項目に張り替え下さい

※この「天体」の解説は、「コーディリア」の解説の一部です。
「天体」を含む「コーディリア」の記事については、「コーディリア」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/17 03:05 UTC 版)

チェルヌイフ」の記事における「天体」の解説

チェルヌイフ彗星 チェルヌイフ (小惑星) スミルノワ・チェルヌイフ彗星 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な項目に張り替え下さい

※この「天体」の解説は、「チェルヌイフ」の解説の一部です。
「天体」を含む「チェルヌイフ」の記事については、「チェルヌイフ」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 07:46 UTC 版)

平成 (曖昧さ回避)」の記事における「天体」の解説

平成 (小惑星) - 関勉1989年平成元年)に発見した小惑星

※この「天体」の解説は、「平成 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「天体」を含む「平成 (曖昧さ回避)」の記事については、「平成 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 09:23 UTC 版)

ホワイトホール (曖昧さ回避)」の記事における「天体」の解説

ホワイトホール - 宇宙物理学における仮説上の天体

※この「天体」の解説は、「ホワイトホール (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「天体」を含む「ホワイトホール (曖昧さ回避)」の記事については、「ホワイトホール (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 23:23 UTC 版)

ミンスク (曖昧さ回避)」の記事における「天体」の解説

ミンスク (小惑星) - 1979年発見されベラルーシ・ミンスクにちなん命名され小惑星小惑星番号は3012。

※この「天体」の解説は、「ミンスク (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「天体」を含む「ミンスク (曖昧さ回避)」の記事については、「ミンスク (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 09:59 UTC 版)

ブライ」の記事における「天体」の解説

ブライ (小惑星) - 1932年発見されウィリアム・ブライにちなん命名され小惑星小惑星番号は3263。

※この「天体」の解説は、「ブライ」の解説の一部です。
「天体」を含む「ブライ」の記事については、「ブライ」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 20:16 UTC 版)

メタン」の記事における「天体」の解説

太陽系最大惑星である木星は、その大量大気0.1%のメタンを含む。天王星海王星もその大気2%程度メタン含み、これらの星が青く見えるのはメタン吸収による効果によると考えられている。土星の衛星であるタイタンはその大気2%程度メタンを含むだけでなく、地表液体メタン降り液体メタンの海や川もあることが分かっている。また火星の大気メタン痕跡量含む。 このようにメタン宇宙ではありふれた物質であり、生物存在しない惑星にも存在する土星の衛星タイタンでは太陽系唯一大気中で活発な有機物高分子化発生していることがカッシーニにより確認されメタン生物由来でないことが強く推測される

※この「天体」の解説は、「メタン」の解説の一部です。
「天体」を含む「メタン」の記事については、「メタン」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 00:26 UTC 版)

ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト」の記事における「天体」の解説

1998年、母ウジェニーにちなん命名され小惑星45)ウージェニアに衛星発見され2003年彼の愛称にちなんプティ・プランス ((45) Eugenia I Petit-Prince) と命名された。 先代: ナポレオン3世 フランス帝位請求者ボナパルト家家長 1873年 - 1879年 次代: ナポレオン5世 典拠管理 BNC: 000270344 BNE: XX1195773 BNF: cb11936284b (データ) DTBIO: 120881225 FAST: 388875 GND: 120881225 ISNI: 0000 0000 7778 1192 J9U: 987007293137305171 LCCN: no97016370 NTA: 115694625 PLWABN: 9810701017805606 RERO: 02-A024299491 SELIBR: 206189 SNAC: w6b59w9v SUDOC: 027287866 TePapa: 43779 VIAF: 283560763 WorldCat Identities: lccn-no97016370

※この「天体」の解説は、「ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト」の解説の一部です。
「天体」を含む「ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト」の記事については、「ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 08:35 UTC 版)

アニメ版星のカービィの用語一覧」の記事における「天体」の解説

ポップスター カービィデデデ大王たちの住む惑星ゲーム版では黄色い星に色とりどりのリングかけられた形をしていたが、アニメ版では地表付近のみの登場となっており、全体的にどのような形をしているかは明らかにされていない第48話観光客登場した第57話におけるフームの「食糧不足困っている国もある」といった旨の台詞などから、プププランド以外にも国が存在する事が分かっている(エスカルゴンも元はプププランドの住人ではなく外国住人である)。 ピピ惑星 第21話にて名前のみ登場国家元首ローナ王女惑星全体がひとつの国として機能している模様宇宙船作ることができ、かつ惑星間を自由に移動できる程の科学技術を持つ。 妖星ゲラスようせいゲラス) 超巨大な遊星表面マグマのような赤い液体煮えたぎっている。 第41話・第42話にかけて登場しポップスター接近した作中の描写を見る限りでは、ナイトメア社の干渉によってゲラスの本来の軌道逸れたようである。最接近時には火山噴火暴風などの天変地異引き起こした。あわやプププランド衝突しかけたが、最後カービィフーム達の起死回生作戦によって軌道が再び逸れ辛うじて衝突免れた惑星ハワイ64話にて名前のみ登場モニター表示されていたイラストから、現実リゾート地似た惑星である事が伺える。 謎の惑星65冒頭舞台正式名称不明表面赤く光っており、妖星ゲラス酷似している。主な場所としては廃墟化した城しか確認されていないが、戦闘シーンでは町並みのような景色映っている。 ナックルジョーはこの城でパワードマッシャー率い魔獣軍団死闘繰り広げた。城の中にナックルジョー脱出用いたデリバリーシステム残っている事から、この城の所有者どのような経緯何らかの最期を遂げたのか、そしてデデデ大王のようにホーリーナイトメア社と関わった者の末路容易に察することができる。 カワサキ星、ナゴヤ星 それぞれコックカワサキとコックナゴヤの出身地で、第86話において名前のみ登場。コックナゴヤの弁によればカワサキ星は「寂れた工業地帯田舎」で、ナゴヤ星は「100m道路金のシャチホコ有する歴史ある都」だという。

※この「天体」の解説は、「アニメ版星のカービィの用語一覧」の解説の一部です。
「天体」を含む「アニメ版星のカービィの用語一覧」の記事については、「アニメ版星のカービィの用語一覧」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 11:00 UTC 版)

弥生」の記事における「天体」の解説

弥生 (小惑星) - 名前の由来弥生時代から。

※この「天体」の解説は、「弥生」の解説の一部です。
「天体」を含む「弥生」の記事については、「弥生」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 03:23 UTC 版)

セルマ・ラーゲルレーヴ」の記事における「天体」の解説

金星のクレーター一覧」も参照 金星にある大きなクレーターは「ビーナス」という英名にちなみ、著名な女性にちなん名付けられるそのひとつはラーゲルローヴという。 自身出演した記録映像Ett besök hos Selma Lagerlöf』(1919年6分)がある。劇場版映画Sol över Sverige』(1938年 Arne Bornebusch 監督)には、2組主人公たちが訪れスウェーデン旅先複数文化人登場しその1人という設定カメオ出演している。

※この「天体」の解説は、「セルマ・ラーゲルレーヴ」の解説の一部です。
「天体」を含む「セルマ・ラーゲルレーヴ」の記事については、「セルマ・ラーゲルレーヴ」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 14:08 UTC 版)

フィッツジェラルド」の記事における「天体」の解説

フィッツジェラルド (小惑星) - 小惑星帯小惑星エラ・フィッツジェラルドにちなむ。 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な項目に張り替え下さい

※この「天体」の解説は、「フィッツジェラルド」の解説の一部です。
「天体」を含む「フィッツジェラルド」の記事については、「フィッツジェラルド」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 03:00 UTC 版)

ルナリア」の記事における「天体」の解説

ルナリア (小惑星) - 植物のルナリア由来する天体。

※この「天体」の解説は、「ルナリア」の解説の一部です。
「天体」を含む「ルナリア」の記事については、「ルナリア」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 14:10 UTC 版)

ミラ」の記事における「天体」の解説

ミラ (恒星)(羅:Mira)は、脈動変光星として知られるくじら座恒星ミラ型変光星は、脈動変光星一種小惑星ミルラ (小惑星) (381 Myrrha) は、小惑星帯メインベルト)の小惑星ミラ (小惑星3231番) (3231 Mila) は、小惑星帯メインベルト)の小惑星ミラ (小惑星3633番) (3633 Mira) は、小惑星帯メインベルト)の小惑星マイラ (小惑星) (33799 Myra) は、小惑星帯メインベルト)の小惑星

※この「天体」の解説は、「ミラ」の解説の一部です。
「天体」を含む「ミラ」の記事については、「ミラ」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 00:14 UTC 版)

キケロ (曖昧さ回避)」の記事における「天体」の解説

キケロ (小惑星) - 小惑星帯存在する小惑星キケロ - テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』登場する小惑星宇宙世紀の施設と地名#キケロ参照

※この「天体」の解説は、「キケロ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「天体」を含む「キケロ (曖昧さ回避)」の記事については、「キケロ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 00:51 UTC 版)

ネプチューン」の記事における「天体」の解説

海王星英語名

※この「天体」の解説は、「ネプチューン」の解説の一部です。
「天体」を含む「ネプチューン」の記事については、「ネプチューン」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 06:00 UTC 版)

カーリ」の記事における「天体」の解説

カーリ (衛星) (Kari) - 土星の第45衛星カーリ (小惑星) (Kaali) - 第4227番小惑星

※この「天体」の解説は、「カーリ」の解説の一部です。
「天体」を含む「カーリ」の記事については、「カーリ」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 16:52 UTC 版)

21エモン」の記事における「天体」の解説

地球の衛星ルナ出身地であるコペルニクスシティがある。 火星 エモン修学旅行訪れた。この作品での火星は、いわゆるテラフォーミング」されており、地熱炉や表面大部分を覆う「オキシロイア」という植物により、地球上とほぼ変わらない環境となっている。また、客寄せ」のため、アニメ版では火星人型のロボット原作ではタコ遺伝子操作改造した生物)や「運河」存在する第11話・第12話)。 水星・金星 原作では水星ルナ別荘がある。また、原作では金星に「ビーナス館」と呼ばれる高級ホテルがある。 ガニメデ 木星の衛星一つ21エモン幼馴染、ホシノハルカの一家在住する住人地下都市居住賑わいはあるものの治安良くないまた、天然農作物は超高値第22話)。 イオ・エウロパ・カリスト 木星の衛星中でも特に大きいもので、ガニメデとともにガリレオ衛星呼ばれるイオにはエモン地上すれすれまで接近し火山噴火の中を飛んだイオには実際に活動中火山存在する)。 ケレス 原作では、つづれ屋親族経営するホテル・くずれ屋が存在するアニメ版では、違法採石業者逮捕協力したエモンマスコミ取材受けた22話)。 冥王星 原作ではガラの悪い飲食店街があり、ゴンスケあり金を盗られてしまう。また冥王星着いたエモンが「これから太陽系飛び出す」と発言しており、連載当時冥王星惑星であり太陽系最果ての地という扱いだった。 アニメ版ではスカンレーのセリフ登場するのみ。 ササヤマ星 ヘッコロダニ星雲タンバ星系にある星で、モンガー出身星。貨幣制度存在せずつづれ屋泊まったササヤマ星人は「宿代を払う」という概念を持たなかった。 ミリオネヤ星 黒い球体のような姿をした住民の住む星。 この星では一度もらった物を返す行為が一番の侮辱となっている。 また、この星ではダイヤモンドゴロゴロしているため値打ちがない(第3話・第4話)。 ワンダラー星 地球似た星で、住民直立歩行するに似る。星間連合最初加盟星で、星間連合中でも最高の力を有する。また科学技術先端誇りワープ航法発明し銀河系初め航行した第6話)。 ウキキラー星 ワンダラー星大使であるワントナック公爵銃撃ようとした暗殺者たち出身星(第6話)。住民のような姿である。 コイケラス星 ラーメン酷似し食べ物を非常に好む人種の星。その星の宇宙人藤子不二雄キャラクター小池さん似ている住人の頭に生えているヒラヒラは、最高進化の証として誇られる(アニメ第7話)。 カネアマリ星 星間連合所属ナンバー73惑星短時間200万円得られる仕事提供する地球からはあまりに遠いため、行くだけで何百万円もかかる(第9話)。 レガナ星 自転速度地球3分の1という星。一日の長さ72時間第9話)。 ツイン星 ドッチとトッヂの出身星であり、共通の恒星公転している双子惑星である。互いの星は、恒星挟んで反対側に位置しているため目視できない上、両方惑星の間には強力な空間のねじれがあるため、同一星系内にありながらこれまでほとんど直接的な交流が行われてこなかった。奇妙なことに両方惑星では住民の名前・行動・性格などがほとんど一致している。 レイダンボー星 極端に扁平な楕円軌道をもつ2つ惑星からなる星(兄弟星?)。一方の星が恒星レイダンボー星系における「太陽」)に近い位置にあるときに、もう一方の星は恒星から遠い位置にある。レイダンボー星人は暑くない生きられないため、二つ惑星渡り鳥のように行き来している。住民親切な人柄であり、他人役に立つことを何より喜びとしている。 バカデッカ・シティの惑星 原作にのみ登場する都市。バカデッカ・シティはエモンによると銀河系7番目の大都市である。ただし、この都市位置する惑星の名称は登場せず不明である。ウッシッシというハッシシ似た麻薬密輸団が暗躍しており、エモン宿泊したホテルがその密輸団の取引場所となってしまったため、モンガーゴンスケがその騒動巻き込まれた(エモン手紙を書くのに夢中で気づかなかった)。 オートマ星原作ではボタンポン星) 宇宙屈指の科学文明発展した惑星原作では銀河系2番目に発達しているという設定となっている。中枢コンピュータによって管理されており、そのコンピュータによる恩恵住人医療発達長寿を可能とし、また肉体不要とする為に感覚器官である眼、鼻、口を本体から切り離し行動して享楽浸っている。外からの肉体有する来訪者には野蛮人呼称差別的また、生きるのに飽きて死を望む際にはベルトコンベア乗って全て消去するゼロ次元に向かうようになっている(第31話)。 ボタンチラリ星 原作のみ登場。かつて銀河系で最も科学文明発達した惑星であったが、科学発達しすぎて技術自体開発維持までロボット任せとしていたため、恒星異常によって星のメインコンピューターダウンして復旧することが出来ず住民原始人退化してしまった。知力体力大きく低下しており、細い持ち上げられ簡単な足し算解けないほど。街にはコントロール機能失ったロボット機械暴走し続けている。アニメ版では登場しないが、オートマ星エピソードその影響残している(第31話)。 マジカル星 アニメ版のみ登場。無限トランク発明家、ポロロッコリーの出身星。手作り発明品特産としている。 ナイナイ星 アニメ版のみ登場原因不明伝染病蔓延しているため、住民全員衛星避難している。さらに伝染病への対処法が見つからず銀河パトロールによって星ごと破壊されることになっていた。自身親の仇と狙うムエから逃れるためにエモン達が逃れるものの、復讐心に取りつかれたムエとの決闘の場にさせられてしまう。紆余曲折の末にムエ婚約者ミエ誤解解いたエモン達とムエ達によって惑星ミサイル攻撃伝染病から救われることになった。なお、この話はモジャ公エピソード原作としている。 ハッピー星原作ではデカンショ星) 脳にとりついて宿主コントロールする人形のような姿の寄生生物パッピー(原作ではハッピー)に乗っ取られた星。原作アニメともにエモンモンガーレジスタンス援助宇宙警察助け求め、パッピー(ハッピー)の脅威取り除いた原作では、ゴンスケがこの星で巨大なサツマイモ発見するモアモア星 アニメ版のみ登場。星全体寒冷化によって氷河期となってしまい、住民毛皮のような服を重ね着している。かつてモンガー族の一人一匹)がこの星に人工太陽文明もたらしたという。 シード星 かつて存在した星。植物型宇宙人であるシード星人の故郷だったが、爆発により消滅生き残った50億人が新たな故郷求めて宇宙当てなく彷徨っている(第37話)。 トレジャー星 2071年エモンルナ探検した惑星。レアストーンを発見し新し宇宙船手に入れた(第39話)。 ノーブル星 ファナ出身星(映画第2作)。 ばら星雲 銀河系のはずれにある、渦巻状アステロイド星雲小惑星バラ花びらのように渦巻いている。小惑星中にはいくつもテーマパーク集まっている。毎年開かれるアステロイドラリーが見もの映画第2作)。実在ばら星雲とは、やや天体の構成異なる。 ばら星雲・ユーエンチ星 緑に輝く星バイオ植物のテーマパーク、バイオパークがある。アステロイドラリーではこの星が出発地となり、バラ星雲中心部目指して飛ぶ(映画第2作)。 ばら星雲・雪の惑星 北半球はスノーパーク、南半球恐竜パーク原始パークとも(映画第2作)。 ばら星雲・都会の星 ギャンブルパークがある。ここでは低速運転が義務付けられている(映画第2作)。 ばら星雲・アステロイドベルト 小惑星群。「悪夢」と呼ばれるアステロイド密集地帯迷い込む動き取れなくなることもある(映画第2作)。 ばら星雲・暗黒星 アステロイドベルトにおける最大の星。「死神」と呼ばれ恐れられる。光を反射しないため、近づくまでその存在を知ることはできず、数多く宇宙船がその犠牲となっている。星の中心には「地獄風穴」と呼ばれるトンネル開いており、そこが唯一の抜け道映画第2作)。 ばら星雲・水の惑星 ばら星雲中心星でアステロイドラリーのゴール。(映画第2作)。

※この「天体」の解説は、「21エモン」の解説の一部です。
「天体」を含む「21エモン」の記事については、「21エモン」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 05:14 UTC 版)

ガンマ線」の記事における「天体」の解説

ガンマ線放射する天体には超新星残骸パルサー活動銀河核等がある。また、発生機構は未解明であるがガンマ線バースト現象起こす天体も発見されている。

※この「天体」の解説は、「ガンマ線」の解説の一部です。
「天体」を含む「ガンマ線」の記事については、「ガンマ線」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 10:20 UTC 版)

パンドラ (曖昧さ回避)」の記事における「天体」の解説

パンドラ (衛星) - 土星の衛星パンドラ (小惑星)55 Pandora) - 小惑星一つ

※この「天体」の解説は、「パンドラ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「天体」を含む「パンドラ (曖昧さ回避)」の記事については、「パンドラ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/13 02:04 UTC 版)

ベーレンス」の記事における「天体」の解説

ベーレンス (小惑星) - 小惑星帯小惑星。 このページ人名人物)の曖昧さ回避のためのページです。同名の人物に関する複数記事水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。お探し人物の記事選んでください。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えください

※この「天体」の解説は、「ベーレンス」の解説の一部です。
「天体」を含む「ベーレンス」の記事については、「ベーレンス」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/23 09:45 UTC 版)

ニコラーエフ (曖昧さ回避)」の記事における「天体」の解説

ニコラーエフ_(小惑星)(8141 ニコラーエフ) - 小惑星ニコラーエフ_(クレーター) - 月のクレーターアンドリアン・ニコラエフ因む

※この「天体」の解説は、「ニコラーエフ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「天体」を含む「ニコラーエフ (曖昧さ回避)」の記事については、「ニコラーエフ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 01:18 UTC 版)

いて・りゅうこつ腕」の記事における「天体」の解説

アマチュア用望遠鏡双眼鏡でも、いて・りゅうこつ腕中に多くメシエ天体その他の天体観測することができる。代表的な天体には次のようなものがある。 M8(干潟星雲M11 M16(わし星雲M17オメガ星雲M18 M20三裂星雲M21 M24 M26 M55 NGC 3372イータカリーナ星雲

※この「天体」の解説は、「いて・りゅうこつ腕」の解説の一部です。
「天体」を含む「いて・りゅうこつ腕」の記事については、「いて・りゅうこつ腕」の概要を参照ください。


天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/21 23:21 UTC 版)

モンタナ (曖昧さ回避)」の記事における「天体」の解説

モンタナ (小惑星) このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な項目に張り替え下さい

※この「天体」の解説は、「モンタナ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「天体」を含む「モンタナ (曖昧さ回避)」の記事については、「モンタナ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天体

出典:『Wiktionary』 (2021/12/09 14:04 UTC 版)

この単語漢字
てん
第一学年
たい
第二学年
音読み 呉音

発音

名詞

(てんたい)

  1. 宇宙存在する物体総称恒星惑星彗星衛星など。

熟語

関連語

翻訳


「天体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天体」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの皇国の守護者 (改訂履歴)、コーディリア (改訂履歴)、チェルヌイフ (改訂履歴)、平成 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ホワイトホール (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ミンスク (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ブライ (改訂履歴)、メタン (改訂履歴)、ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト (改訂履歴)、アニメ版星のカービィの用語一覧 (改訂履歴)、弥生 (改訂履歴)、セルマ・ラーゲルレーヴ (改訂履歴)、フィッツジェラルド (改訂履歴)、ルナリア (改訂履歴)、ミラ (改訂履歴)、キケロ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ネプチューン (改訂履歴)、カーリ (改訂履歴)、21エモン (改訂履歴)、ガンマ線 (改訂履歴)、パンドラ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ベーレンス (改訂履歴)、ニコラーエフ (曖昧さ回避) (改訂履歴)、いて・りゅうこつ腕 (改訂履歴)、モンタナ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS