プリンストン大学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 教育施設 > アイビー・リーグ > プリンストン大学の意味・解説 

プリンストン‐だいがく【プリンストン大学】

読み方:ぷりんすとんだいがく

Princeton University米国ニュージャージー州プリンストン市に本部がある私立大学1746年設立理数科教育定評があり、マディソン・ウィルソン・ダレス・ケナン・李承晩政治家のほか、コンプトン・マクミラン・バーディーン・チューリング・ファインマン・ロールズら科学者哲学者多く輩出する。

プリンストン大学の画像
撮影・jschauma http://goo.gl/lYVYP
「プリンストン大学」に似た言葉

プリンストン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/24 14:38 UTC 版)

プリンストン大学(プリンストンだいがく、英語: Princeton University)は、ニュージャージー州プリンストンに本部を置くアメリカ私立大学1746年創立。学生数は学部生約4800名、大学院生約2000名である。


  1. ^ a b c Princeton Profile (2015-16 ed.). Princeton. https://www.princeton.edu/pub/profile/PU-profile-2015-16.pdf 2015年10月12日閲覧。 
  2. ^ As of June 30, 2015. U.S. and Canadian Institutions Listed by Fiscal Year (FY) 2015 Endowment Market Value and Change in Endowment Market Value from FY 2014 to FY 2015”. National Association of College and University Business Officers and Commonfund Institute (2016年). 2016年1月29日閲覧。
  3. ^ “Common Data Set”, Enrollment statistics, Princeton University, (2014), http://registrar.princeton.edu/university_enrollment_sta/common_cds2014.pdf 2015年4月5日閲覧。 
  4. ^ "Princeton University". Geographic Names Information System. U.S. Geological Survey. Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  5. ^ https://www.princeton.edu/communications/services/image/graphic/color/
  6. ^ Member Directory”. NAICU. 2015年11月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月12日閲覧。
  7. ^ 植民地時代に創立したアメリカ合衆国の大学の一覧
  8. ^ Admission Statistics” (英語). Princeton University Admission. 2020年1月3日閲覧。
  9. ^ a b https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2020/subject-ranking/physical-sciences#!/page/0/length/25/sort_by/rank/sort_order/asc/cols/stats
  10. ^ 名誉博士号の授与式で大学を訪れたボブ・ディランが「Day of the Locusts(セミの鳴く日)」という曲を制作している。
  11. ^ 米プリンストン大、女性教授らに約1億円支払い 賃金差別訴訟で和解”. CNN (2020年10月13日). 2020年10月13日閲覧。
  12. ^ http://www.theivycoach.com/the-ivy-coach-blog/the-rankings/ivy-league-tuition-costs/
  13. ^ a b http://www.princeton.edu/main/about/facts/
  14. ^ http://www.princeton.edu/admission/financialaid/cost/
  15. ^ Honorsadmin (2017年9月13日). “U.S. News Rankings for 57 Leading Universities, 1983–2007” (英語). Public University Honors. 2020年1月3日閲覧。
  16. ^ Honorsadmin (2015年6月13日). “U.S. News National University Rankings, 2008-2015” (英語). Public University Honors. 2020年1月3日閲覧。
  17. ^ Honorsadmin (2016年9月18日). “Average U.S. News Rankings for 123 Universities: 2013-2020” (英語). Public University Honors. 2020年1月3日閲覧。
  18. ^ Princeton Leads U.S. News List for Ninth Straight Year” (英語). Princeton Alumni Weekly (2019年9月9日). 2020年1月3日閲覧。
  19. ^ World University Rankings” (英語). Times Higher Education (THE) (2019年8月20日). 2020年1月3日閲覧。
  20. ^ ShanghaiRanking’s Academic Ranking of World Universities 2019 Press Release”. www.shanghairanking.com. 2020年1月3日閲覧。
  21. ^ “Americas Best Colleges”. Forbes. (2008年8月13日). http://www.forbes.com/lists/2008/94/opinions_college08_Americas-Best-Colleges_Rank.html 
  22. ^ Americas Best Colleges. Forbes
  23. ^ Top Research Universities Based on US News Data on PhD Programs”. 2009年7月6日閲覧。
  24. ^ Best Graduate Schools”. U.S. News & World Report (2009年). 2009年7月6日閲覧。
  25. ^ “Latest College Rankings List The Greenest”. CBS News. (2008年7月29日). http://www.cbsnews.com/stories/2008/07/29/earlyshow/living/parenting/main4301858.shtml?source=mostpop_story 
  26. ^ http://www.princeton.edu/admission/applyingforadmission/admission_statistics/
  27. ^ プリンストン大、人種差別主義の元大統領にちなんだ建物改名せず」ロイター通信(2016年04月05日) 2017年8月20日閲覧
  28. ^ “ウィルソン元米大統領の名前冠した学部・建物の名称変更…米大「人種差別的政策進めた」”. 読売新聞オンライン. (2020年6月28日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20200628-OYT1T50115/ 2021年11月10日閲覧。 


「プリンストン大学」の続きの解説一覧

プリンストン大学 (Princeton University、地図)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 23:36 UTC 版)

アイビー・リーグ」の記事における「プリンストン大学 (Princeton University地図)」の解説

ニュージャージー州中央部プリンストン立地1746年創立スクールカラーオレンジブラック総合大学であるが、ブラウン同様伝統リベラル・アーツ教育伝統守っており、メディカルスクールロースクールビジネススクールなどの専門職大学院設置していない。数学・物理学研究でも著名近隣の「プリンストン高等研究所」は別組織だが密接な協力関係にある。

※この「プリンストン大学 (Princeton University、地図)」の解説は、「アイビー・リーグ」の解説の一部です。
「プリンストン大学 (Princeton University、地図)」を含む「アイビー・リーグ」の記事については、「アイビー・リーグ」の概要を参照ください。


プリンストン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 16:10 UTC 版)

ジョン・ベル・ハッチャー」の記事における「プリンストン大学」の解説

1893年マーシュ推薦状で:174プリンストン大学とフィラデルフィア科学アカデミー:174からのオファー受けた後、彼はウィリアム・ベリーマン・スコットの下、プリンストン大学でエリザベス・マーシュ地質考古学博物館脊椎動物古生物学学芸員として、また地質学助手として7年勤務した。フィールドシーズン中に探検隊指揮し地質学古生物学フィールド技術学生指導したイェール大学在学中にはすでにコレクション関連した2つ出版物執筆していたが、プリンストン大学在学中1893年から1896年間に11の出版物執筆し所蔵物使って研究し、その成果について記載したいという望み1つ達成した1896年ハッチャーパタゴニアへの3回遠征為にJ・ピアポント・モーガンからの資金提供を受けて遠征成果出版することを計画し、その資金大部分確保した1896年探検では、アメリカ自然史博物館ヘンリー・フェアフィールド・オズボーンからのマーシュに対する不審により、同館から派遣され義兄オラフ・A・ピーターソン参加していた。 1897年2回目遠征では、剥製師コールドバーンが:2393回目遠征ではアメリカ自然史博物館若きバーナム・ブラウンハッチャー同行した。 この遠征Princeton University Expeditions to Patagonia, 1896-1899に記録されている。 パタゴニアオーストラリア動植物化石類似していることからハッチャーはこの2つがかつて陸続きであった結論づけた1899年にプリンストン大学を辞職し1900年にその職を退いた

※この「プリンストン大学」の解説は、「ジョン・ベル・ハッチャー」の解説の一部です。
「プリンストン大学」を含む「ジョン・ベル・ハッチャー」の記事については、「ジョン・ベル・ハッチャー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プリンストン大学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プリンストン大学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プリンストン大学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プリンストン大学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プリンストン大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプリンストン大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイビー・リーグ (改訂履歴)、ジョン・ベル・ハッチャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS