体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 有り様 > の意味・解説 

からだ【体/×躰/×躯/身体】

読み方:からだ

動物の頭・胴・手足などのすべてをまとめていう語。五体しんたい。「—を横たえる

㋑頭・手足除いた、胴。「—を反らす」「—の線が崩れる」

体格骨格からだつき。「がっしりした—」

健康状態また、体力。「—を悪くする」「お—に気をつけて」「—の弱い子供

生理的存在としての身体肉体。「—で覚える」「—が糖分欲求している」「—を使う仕事

性的な対象としてみた身体肉体。「—を許す」「—の関係がある

社会的活動を営む主体としてみた身体。身(み)。「今夜は—が明いている」「—がいくつあっても足りない

死体なきがら

「—はどこに捨ててある」〈浄・布引滝〉


たい【体〔體〕】

読み方:たい

[音]タイ(呉) テイ(漢) [訓]からだ

学習漢字2年

[一]タイ

四肢・骨格などで組み立てられたものとしてのからだ。「体育体温体格・体質体重体操体力巨体五体死体上体身体人体聖体胴体肉体女体病体裸体老体

各部分を組み立てたまとまりのある形や組織。「体系体制詩体字体政体全体団体文体

一定の形や働きをもつ存在。「体積液体機体客体球体実体主体船体天体媒体物体本体

身につける。「体験体得

体言」の略。「連体詞

[二]テイ見かけのようす。「体裁憎体(にくてい)・人体(にんてい)・風体面体

[補説] 「躰」は「體」の俗字

名のり]なり・み・みる・もと

難読為体(ていたらく)


たい【体】

読み方:たい

【一】[名]

からだ。身体。「—を預けて寄り切る

そのものとしてのかたち。すがた。「論文としての—を整える」

物事本質をなすもの。「名は—を表す」

生け花で、天または地の役枝(やくえだ)のこと。

四則算法の可能な集合有理数全体実数全体複素数全体など。しかし自然数全体整数全体などは体ではない。

【二】接尾助数詞神仏の像や死体などを数えるのに用いる。「仏像一—」


てい【体】

読み方:てい

⇒たい


てい【体/態】

読み方:てい

【一】[名]

外から見た物事ありさま。ようす。「満足の—」「そしらぬ—」

見せかけ体裁。「—のいい返事

【二】接尾名詞人代名詞などに付いてそのようなもの、そのようなようすなどの意を表す。「職人—の男」

己等(おのら)—に討たるるならば手柄次第討て見よ」〈浄・佐々木大鑑〉


たい・そう・ゆう 【体・相・用】

三大

読み方:たい、ちょうけいこつたい
別名:蝶形骨体
【英】:Corpus,Body of sphenoid

蝶形骨体蝶形骨中央部にあり立方体をなしている。上面中央部には鞍状を呈したトルコ鞍があり、その中央に横位楕円形の下垂体窩がある。トルコ鞍後方に鞍背という上方突出した骨板があり、その両側外側端の突起後床突起という。鞍背後部台形をなして後頭骨の底部とともに斜台形成する下垂体窩前に体の前部との境界線である鞍結節とよべる横走する稜があり、その両側端にある中床突起発育弱く明瞭なものは少ない。鞍結節前には細い横走する[視神経交叉溝があり、その両外側視神経管につづく。交叉溝の前部蝶形骨隆起よばれているが、これは隆起ではなく滑らかな平面である。体の前部小翼後部大翼結合している。下錐体窩の外側大翼根部との間には、内側頚動脈溝という前後に走る溝があり、外側に蝶形骨小舌という突起状の骨板がある。体の下面鼻腔咽頭腔の上壁をなし、中央に蝶形骨吻前下方に突出し鋤骨翼はさまれる体の前面中央部には蝶形骨稜という上下に走る稜線があり、篩骨の垂直板相接する蝶形骨稜両側でがいおうに蝶形骨甲介認められる。これはバルタン小骨ともよばれ、発生学的に篩骨一部であったものが8~12歳蝶形骨体癒合したものでとくに若年頭蓋著明である。体の内面空洞状をなし蝶形骨洞とよばれ、その正中部には蝶形骨洞中隔があり、洞を左右に分けている。その前面には蝶形骨洞口という開口部両側にあり蝶篩陥凹に通じている。

作者北村薫

収載図書語り女たち
出版社新潮社
刊行年月2004.4

収載図書語り女たち
出版社新潮社
刊行年月2007.4
シリーズ名新潮文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 23:48 UTC 版)

身体、からだ)、身体(しんたい)は、生物学的かつ文化的に規定された、有機体としての人間動物の構造を指す。人間は身体を通じて世界を経験し、世界を構成する。


  1. ^ a b c 波平恵美子『からだの文化人類学: 変貌する日本人の身体観』大修館書店、2005年(平成17年)
  2. ^ Latitudinal variation in light levels drives human visual system size(著:Eiluned Pearce, Robin Dunbar 英国王立協会の会報「Biology Letter」Published:27 July 2011. 参照日:21 June 2018. doi:10.1098/rsbl.2011.0570)


「体」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/14 02:39 UTC 版)

直既約加群」の記事における「体」の解説

体上加群ベクトル空間である。ベクトル空間直既約であることと次元が 1 であることは同値である。なのですべてのベクトル空間は完全直可約実際半単純)であり、無限次元なら無限に多くの直和成分をもつ。

※この「体」の解説は、「直既約加群」の解説の一部です。
「体」を含む「直既約加群」の記事については、「直既約加群」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 03:42 UTC 版)

舌骨」の記事における「体」の解説

体は中央にある四角形部分である。 前面前上方に凸型であり、その上半分わずかに下向き凸状を持つ顕著な斜走隆線交差する。そして多くの場合中央の垂直隆線が体を左右に分割する横線より上の垂直隆線大部分標本確認できるが、下ではごくわずか標本でのみ明らかである。斜走隆線の上部と下部大部分範囲オトガイ舌骨筋停止する舌骨舌筋起始オトガイ舌骨筋停止部の側部刻み目をつける。斜走隆線下に顎舌骨筋胸骨舌骨筋肩甲舌骨筋停止する後面は後下方になめらかな凹面で、甲状舌骨膜と大量のゆるい疎性結合組織にて喉頭蓋から分離されている。a bursa舌骨甲状舌骨膜の間に入る上縁丸く甲状舌骨膜といくらかのオトガイ舌筋腱膜繊維が付く。 下縁平均的に胸骨舌骨筋、その横の肩甲舌骨筋場合によっては甲状舌骨筋一部停止するまた、Levator glandulæ thyreoideæが存在するときはここにつく。 若い頃側面大角との連結部は、軟骨結合となっているが、中年以降では骨となっている。

※この「体」の解説は、「舌骨」の解説の一部です。
「体」を含む「舌骨」の記事については、「舌骨」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 08:11 UTC 版)

ヒラマキガイ科」の記事における「体」の解説

前述のとおり体は左巻きである。しかし平巻き型の種では一見右巻きのような殻をもち、実際に右巻きの貝に見える姿勢をとって生活している。これに呼応し活動するときに下側になる本来の上面淡色となり、上側になる本来の下面色素沈着して濃色になっていることが多い。 触角一対で、先細りになる長い鞭状を呈し、同じヒラマキガイ上科サカマキガイ科のそれによく似ており、三角形触角をもつモノアラガイ科とは異なっている。眼は触角基部の上皮下にある。 雌雄同体で、雌雄生殖孔体の左側に別々に開口し、雄性生殖器に付属す摂護腺複数の房に分かれるまた、Gyraulus (ヒラマキガイ属)など一部の属では雄性生殖器内に細長い針状刺激針(恋矢:れんし)をもつものがある歯舌中歯左右対称で、一部例外除き中央に1対の歯尖があり、ときにその間に1個の小歯尖、もしくは両側小さい歯尖をもつものもある。歯は多く数十個を1列として200ほどがあるため、歯舌全体で1万数千個の歯が並んで微細なおろし金になっているヘモグロビンをもち、体色淡いものやアルビノ個体では軟体赤く見える。空気呼吸用の肺をもつ有肺類であるが、呼吸孔近くに多少なりとも体表一部伸びた部分があり、二次的なとして水中での皮膚呼吸役立っている。これは特にインドヒラマキガイ亜科のものでよく発達しており、偽呼ばれる。 ヨーロッパミズヒラマキ Planorbis planorbis Linnaeus, 1758 笠型の Ancylus fluviatilis Amphigyra alabamensis サカマキガイ似た Bulinus wrighti

※この「体」の解説は、「ヒラマキガイ科」の解説の一部です。
「体」を含む「ヒラマキガイ科」の記事については、「ヒラマキガイ科」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 02:58 UTC 版)

技脳体」の記事における「体」の解説

反射神経 画面上出現した皿や瓶をひたすら破壊する早く破壊しないターゲット画面から消えてミスになる。 宇宙防衛能力 画面上に連隊や編隊となって現れるギャラクシアンを、ボール投げて退治する連続反射能力 画面上から落ちてくる人形落とさないように、ボール投げて跳ね返す子供用コースでは選択不可。『超次元タイムボンバー』の「スリーボールクラッシュ」では毎回登場していたゲーム瞬発力 合図の直後に現れた原子の様な形をしたターゲットを、出来るだけ素早く破壊する条件反射機能 画面上赤もしくは青の旗が挙げられる。それに従って、3色の星の中から挙げられ旗の色同じ色の星を破壊する害虫駆除能力 画面上現れるクモ大型ぶつけられる小型3匹に分裂)を、ボールぶつけて退治するサバイバル能力 画面上に奥から向かってくる形でワニの口似たキャラクター現れるので、それを素早く破壊する間に合わずに噛みつかれるとミスワニワニパニックモチーフ推測反射能力 パックマンアカベー赤色敵キャラ)が画面上表示されあみだくじ要領ルートをたどる。アカベー出てくるポイント推測してそこにボール投げアカベー退治するのが目的

※この「体」の解説は、「技脳体」の解説の一部です。
「体」を含む「技脳体」の記事については、「技脳体」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 01:51 UTC 版)

悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー」の記事における「体」の解説

胴体装備するアイテム。服や鎧、魔術師ローブなど。

※この「体」の解説は、「悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー」の解説の一部です。
「体」を含む「悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー」の記事については、「悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 03:31 UTC 版)

エゾバイ科」の記事における「体」の解説

体の斑紋多様だが、淡色の地に褐色黒色不規則なまだら模様をもつものが多い。頭部には触角一対あり、その根元外側に眼がある。口は象の鼻ミミズのようにかなり長い口吻となるが、普段は根元周囲から落ち込んで体内収納されているため、外部からは通常見えない。これはカメの首が引き込まれるのとほぼ同様の仕組みで断面横から見ると、吻の先端から食道にかけて「Z」状に折れ曲がり、「Z」の上「-」吻部残り体腔内にある食道部である。摂食時にはこれら全体がほぼ一直線に伸び、吻は前方長く突出することで、体の本体入れないような隙間にある動物死体巣穴の中のゴカイ類などの餌を食べることができる。吻先端内部上下2段分かれており、上段食道まで続く口腔で、下段歯舌生成収納され歯舌となっている。これらの構造には、発達した筋肉が吻内部で本も付着しており、吻全体として自由で活発な動きができるようになっている歯舌は尖舌型(rachiglossate)で中歯は3歯尖以上で丈夫なキチン質から成り、餌を削り取る前述の「Z」の下の「-」部分、すなわち食道前部の下側には唾液腺一対埋もれている。これは通常乳白色柔らかい組織あるため、よく見れば肉との区別容易である。足は筋肉質でよく発達し這い回るのに適しており、人が食用にするのは主にこの部分である。大部分の種は足の後端殻口を塞ぐ革質をもつが、形状は属や種によって異なる特徴を示すことがある。たとえばツブ呼ばれるものでも、丸くて中央付近にあり、黄色味を帯たものはエゾバイ属(Buccinum)、やや赤みのある厚い葉状で、一端にあるものエゾボラ属(Neptunea)などの違いがあり、があれば剥き身でも判別できることが多い。また、軟体部が殻に比べ巨大化しているモスソガイのように、退化して微小になり機能失っているものもある。

※この「体」の解説は、「エゾバイ科」の解説の一部です。
「体」を含む「エゾバイ科」の記事については、「エゾバイ科」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 05:20 UTC 版)

トウヨウタマガイ」の記事における「体」の解説

軟体他のタマガイ類同様に殻に比して大きく這っているときの体長は殻径の2 - 3倍。体の地色褐色で、体には数本白線放射状に並び周縁部も細い白線縁取られる触角地色と同じ褐色歯舌は紐舌型で、1個の中歯、その左右1対の側歯、さらに外側の2対の縁歯の合計5個を横一列とし、これらが前後に何列も並んでおろしがねになっている

※この「体」の解説は、「トウヨウタマガイ」の解説の一部です。
「体」を含む「トウヨウタマガイ」の記事については、「トウヨウタマガイ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:07 UTC 版)

マリオシリーズのキャラクター一覧」の記事における「体」の解説

と体独立した意識を持っているらしく、「なにかんがえてるの」によると頭が重いらしい。手に持ったハンマー指先から撃つ弾で攻撃してくる。HPが0になると行動しなくなるが、しばらくする復活する

※この「体」の解説は、「マリオシリーズのキャラクター一覧」の解説の一部です。
「体」を含む「マリオシリーズのキャラクター一覧」の記事については、「マリオシリーズのキャラクター一覧」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:37 UTC 版)

魚類」の記事における「体」の解説

水の抵抗受けにくい流線型ある種が多い。活発に泳ぎ回る種に多い。 体は頭部胴部尾部3つ分けられる頭部含まれるものは、眼か上あご先端部までの吻部、えら頬部眼か前鰓蓋骨まで)および下あごである。頭には長いひげやとげを持つものもいる。鼻孔には様々な形深さものがあるが、多くの場合には、前鼻孔と後鼻孔とが皮下連結したU字型の管になっており、鼻孔口腔とは繋がらない。吻の前部にある前鼻孔から入ったは、そのまま後部にある後鼻孔から流出するようになっている胴部頭部以降から肛門の位置までで、外見上臀鰭の前までである。消化器官全てここまで含まれる尾部肛門以降尾びれまでである。背面筋肉胴部から尾部へと連続的に発達しているので、外見上は尾の区別はっきりしない。つまり、胴部から尾部まとめて運動使用しているとも言える尾部比率比較高く多くの種で3割以上、ウナギ目などは7割以上が尾である。

※この「体」の解説は、「魚類」の解説の一部です。
「体」を含む「魚類」の記事については、「魚類」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 08:43 UTC 版)

ハゲ (曖昧さ回避)」の記事における「体」の解説

ハゲ - 頭に毛がないこと。脱毛症頭部の俗称。あるいは、ハゲた頭の人を罵って言う語。インターネット掲示板株取引などにおける、ソフトバンクグループおよびSoftBankに対する隠語

※この「体」の解説は、「ハゲ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「体」を含む「ハゲ (曖昧さ回避)」の記事については、「ハゲ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:51 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. からだ動物の、生命活動の及ぶところ総称。特に、四肢除いたを主とした部分
  2. からだ健康体力
  3. タイ)(スポーツ武道などにおいて)身体。胴。
  4. タイ物事本質
  5. タイそのようなすがたのもの。接尾辞的に使用される
  6. タイ)(数学による除算除き加減乗除自由にできる代数系加法単位元を除く任意に対して乗法における逆元唯一存在するという性質満たす可換環実数有理数全体体の一例で、実数に対して加減乗除を行う一般的な計算は、体の一種扱っていることに相当する
  7. テイ外見見せかけ様子かたち

語源

用法

翻訳

語義6

動詞

体するタイ-す、タイ-する サ変動詞

  1. 心に留める意向指示などをもとに行動する。

接尾辞

  1. タイ遺体仏像等を数え時の助数詞

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 10:48 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 参照


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2022 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの直既約加群 (改訂履歴)、舌骨 (改訂履歴)、ヒラマキガイ科 (改訂履歴)、技脳体 (改訂履歴)、悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー (改訂履歴)、エゾバイ科 (改訂履歴)、トウヨウタマガイ (改訂履歴)、マリオシリーズのキャラクター一覧 (改訂履歴)、魚類 (改訂履歴)、ハゲ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS