JVとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > JVの意味・解説 

ジョイント・ベンチャー

読み方じょいんと べんちゃー
【英】: joint venture
略語: JV

一つ事業遂行のために、2 名以上のものが共同して構成する米法上契約関係で、広義パートナーシップ一種わが国民法上の組合該当し、米国以外の企業間でも広く利用されている方式であり、法人格はない。合弁会社joint venture company)とは区別要する石油上流部門における石油会社間の共同事業形態大半これにあたる法的な定義としては、(1) 当事者間で特定の事業遂行についての合意があり、(2) 持分に応じた出資損益分担決められており、(3) 共同事業管理運営にあたり、(4) 事業範囲内において相互に代理権などの授信関係のあるような共同事業体指し当該事業範囲内において各構成員一般責務について共同して(jointly)対外責任を負い、事業終結をもって解散する。不法行為不当利得などによる責務場合個別かつ共同し(severally)責任を負う。 狭義パートナーシップとジョイント・ベンチャーとの相違は、前者事業特定せず、各構成員フル・タイムでかかわることを前提としているのに対し、後者特定の事業対象とし、各構成員はその事業一部にかかわることを前提にしており、これにより各パートナー競業禁止範囲授信関係の範囲に差がある。また米国税法上前者と認定されると法人擬制されて共同事業単独課税されることもあるので、これを避けるため共同事業協定パートナーシップ組成否定明記する場合も多い。いずれも法人設立して共同事業を行う場合比べ資金効率良さ非協力的パートナー排除の容易さ、会社法上の各種制約回避税法上の取扱いなどに利点があるが、事業に関する債務について無限責任を負うこと、マイナー・シェアのパートナー権利保護会社ほど万全ではないなどが不利な点である。

ジェーブイ(J.V.)

ジョイントベンチャー略語で、建設用語では共同企業体という。

大規模工事場合に、同業数社共同一括請け負う方法をジェーブイまたはジョイントという。なおジェーブイには必ず一社が代表となり発注者との折衝ならびに業者間の打合せなどを行う。この代表業者を表ジョイントといい、他を裏ジョイントという。


JV (JV)


JV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/29 16:38 UTC 版)

JV, jv




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「JV」の関連用語

JVのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



JVのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2019 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS