排除とは? わかりやすく解説

はい‐じょ〔‐ヂヨ〕【排除】

読み方:はいじょ

[名](スル)おしのけてそこからなくすこと。「バリケードを―する」


排除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 05:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「排除」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「排除」を含むページの一覧/「排除」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「排除」が役に立つかも知れません。

関連項目



排除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 22:10 UTC 版)

ギリシャとトルコの住民交換」の記事における「排除」の解説

ファイル:DeportaLausanne.jpg ギリシャ人口統計学における住民交換インパクトセーブル条約トルコ過酷な条項課しアナトリアのほとんどを連合国ギリシャ統制下置いたスルタンメフメト6世条約の受諾トルコ民族主義者憤激させ、彼らはアンカラ対抗政府樹立し条約の履行阻止のためにトルコ軍再編した1922年の秋までに、アンカラ拠点とする政府トルコ国境確保しアナトリア全域支配主体として衰退したオスマン帝国政府とって代わった。これら出来事に照らして講和会議スイスローザンヌで、セーブル条約に代わる新し条約立案するために開催された。会議参加のための招待は、アンカラ政府イスタンブール政府両方広げられた。しかしアンカラ政府1922年11月1日スルタン制廃止し、つづくメフメト6世トルコからの亡命は、アンカラ政府アナトリア実効支配する単独の主体とした。ケマル・アタチュルク率いられアンカラ政府はその民族主義的プログラム実現させるために素早く動いた。それは西アナトリア重要なトルコ系少数民族存在許さないというものであった最初の外交的行動一つに、トルコ唯一の正統な代表としてアタチュルク交渉し1923年1月30日に『ギリシャとトルコの住民交換合意書』に、エレフテリオス・ヴェニゼロスおよびギリシャ王国政府署名した講和会議は、「第1次バルカン戦争以来起きた人口の移動全てに遡及効有した(i.e. 18 October 1912 (article 3))その時には、住民交換1923年5月1日り発効することになっていたし、戦争前トルコエーゲ海沿岸部ギリシャ人ほとんどは既に立ち去っていた。住民交換にはアナトリア中央ポントスカルス残されたギリシャ人ギリシャ語トルコ語話せる)、合わせて189,916人ほどが巻き込まれた354,647人のイスラム教徒巻き込まれたしたがっ合意は単に、ギリシャトルコ人口において既に起きていることを追認したに過ぎない120万人ギリシャ人住民交換巻き込まれたことについても、およそ15万人だけがきちんとした方法再定住した。多数は既に1922年希土戦争での敗北退却したギリシャ軍とともに立ち去っていたのである一方他のギリシャ人スミルナ海岸から逃げたのであるギリシャ人一方的な国外脱出は既に進行段階にあり、国際法的保証によって住民交換変容させたのであるギリシャでは、それは「小アジアカタストロフィ(ギリシア語: Μικρασιατική καταστροφή)」と呼ばれる希土戦争出来事一部であった主だった難民の排除や住民移動は、バルカン戦争第一次世界大戦トルコ独立戦争後に既に起きていた。これらには35万人ギリシャのイスラム教徒(ほとんどがのギリシャ系イスラム教徒)と120万人小アジア東トラキアトラブゾンアナトリア北東ポントス山脈ギリシャ人かつてのロシア帝国のカルス・オブラスト州だった南コーカサスのコーカサスギリシャ人、彼らは第一次世界大戦ののちの短期間同地域に残っていた、が含まれていた。 会議次のような住民影響与えたアナトリア中央のギリシャ正教徒(カッパドキア)、イオニア地方(e.g. イズミル,、アイワルク)、ポントス地方(e.g. トラペンズンダ(Trapezunda)、サンプスンタ(Sampsunta))かつてのロシア領のコーカサス地方カルス(カルス・オブラスト)、ブルサビテュニア 地域 (e.g., イズミット (ニコメディア), カドゥキョイ (カルケドン)、東トラキアそしてほかの地域ギリシャ人追放、あるいは公にトルコ領での市民権奪われた。およそ35万人がギリシャから追放され。主にトルコ系イスラム教徒、そして他にギリシャ系イスラム教徒ロマイスラム教徒ポマク、 シャム・アルバニア人、 メグレノ・ルーマニア人とデンメーが含まれていた。 この時には、ローザンヌ会議開催されていた。ギリシャ人住民多くは既にアナトリア離れており、ギリシャ軍撤退後留まっていた20万人ギリシャ人排除された。他方でギリシャのイスラム教徒はアナトリアギリシャトルコ紛争巻き込まれることなく、ほぼ無事のままであった

※この「排除」の解説は、「ギリシャとトルコの住民交換」の解説の一部です。
「排除」を含む「ギリシャとトルコの住民交換」の記事については、「ギリシャとトルコの住民交換」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「排除」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

排除

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:13 UTC 版)

名詞

はいじょ

  1. 取り除くこと。

発音(?)

は↘いじょ

類義語

対義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
排除-する

「排除」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「排除」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のForce Indexの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のForce Indexの見方を解説します。Force Indexは、MT4のナビゲーター画面の「罫線分析ツール」に登...

  • FXのレバレッジ1倍でロスカットはあるのか

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジが高いとロスカットになりやすいといわれていますが、それは誤りです。レバレッジが高くても、口座に十分な資金があればロスカットになりにくくなります。ロスカットは、維持...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「排除」の関連用語

排除のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



排除のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの排除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギリシャとトルコの住民交換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの排除 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS