暴力とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 暴力 > 暴力の意味・解説 

ぼう りょく [1] 【暴力】

乱暴な力。無法な力。 「 -を振るう」 「 -に訴える」
物理的強制力行使すること。特に、それにより身体などに苦痛与えること。


暴力

死亡障害(426-2)は疾病(420-2)、傷害 1中毒 2結果起こるものである傷害事故 3や暴力 4原因である。暴力によるものの中では、自殺 5自殺未遂 5殺人 6戦争による死亡と傷害 7区別するのが普通である。


暴力

作者耕治人

収載図書耕治人全集 第2巻 小説 2
出版社晶文社
刊行年月1989.2


暴力

作者田宮虎彦

収載図書近代名作館 第4巻 小説 2
出版社文英堂
刊行年月1995.5

収載図書高校生におくる近代名作館 4 小説2を読んでみませんか 新装
出版社文英堂
刊行年月1998.9


暴力

作者武田麟太郎

収載図書日本三文オペラ武田麟太郎作品
出版社講談社
刊行年月2000.7
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書武田麟太郎全集 第1巻
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1

収載図書革命転向 新装
出版社學藝書林
刊行年月2003.2
シリーズ名全集 現代文学発見


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 01:05 UTC 版)

暴力(ぼうりょく)とは他者の身体財産などに対する物理的な破壊力をいう。ただし、心理的虐待モラルハラスメントなどの精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつある。




  1. ^ 近年の国家間によるものではないテロリズムなどに関して、そのような意見対立がおおくみられる。また、パレスチナ問題でも同様の問題がみられる。
  2. ^ その当時は実態や規模が把握されておらず、現在も正確な数は不明であるが、後の諸研究によると、実は数百万人単位の人間が殺されていたとされている(把握しやすい数字、すなわち短期間に限定した統計的な記録で、直接的に殺したと判明している人数だけでも約130万人とされており、更に期間をひろげ、かつ社会的抑圧や飢饉(「構造的暴力」も参照)で死亡した人数までふくめれば、その数は数倍にふくれあがるともされているため)。
  3. ^ テロリズムには、特定の権力者に直接にむけられるもの、体制全体に心理的圧迫をあたえて何らかの政策をやめさせるために無差別に人を狙うものなどのタイプがある(テロリズムテロ事件の一覧を参照)。近年になると、国家といったような明確な対象をもたない暴力もめだってきており、いわゆる"環境テロ"といったものもあげられる。
  4. ^ マインドコントロールのためにおこなわれている場合もある。
  1. ^ 中山元『思考の用語辞典…生きた哲学のために』筑摩書房ちくま学芸文庫〉(原著2007年2月)、450,454。
  2. ^ アーレントは、人間は個人として力をもっており、権力は他者の同意にもとづいてくわえられる力だが、暴力は他者の意志に反して加えられる力だと位置づけている。
  3. ^ R・E・ニスベット、D・コーエン『名誉と暴力:アメリカ南部の文化と心理』石井敬子、結城雅樹(編訳) 北大路書房 2009年 ISBN 9784762826733 pp.91-114.
  4. ^ 例えば、東京都の平成24年度の統計(総件数3705件)で、虐待者の66.2%が実母である。実父は21.9%にすぎない。
  5. ^ 山崎正一市川浩 『現代哲学辞典』 講談社、1970年、559頁。


「暴力」の続きの解説一覧

暴力

出典:『Wiktionary』 (2011/05/29 04:31 UTC 版)

名詞

ぼうりょく

  1. 乱暴な行為

関連語




暴力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暴力」の関連用語

暴力のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



暴力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの暴力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS