暴力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 暴力 > 暴力の意味・解説 

ぼう‐りょく【暴力】

読み方:ぼうりょく

乱暴な力・行為。不当に使う腕力。「—を振るう

合法性正当性欠いた物理的な強制力

[補説] 書名別項。→暴力


ぼうりょく【暴力】

読み方:ぼうりょく

武田麟太郎小説昭和4年(1929)「文芸春秋」誌に発表するが、左翼的傾向から発禁処分を受け、雑誌本作削除して発売された。


暴力

死亡障害(426-2)は疾病(420-2)、傷害 1中毒 2結果起こものである傷害事故 3や暴力 4原因である。暴力によるものの中では、自殺 5自殺未遂 5殺人 6戦争による死亡と傷害 7区別するのが普通である


暴力

作者耕治人

収載図書耕治人全集 第2巻 小説 2
出版社晶文社
刊行年月1989.2


暴力

作者田宮虎彦

収載図書近代名作第4巻 小説 2
出版社文英堂
刊行年月1995.5

収載図書高校生におくる近代名作館 4 小説2を読んでませんか 新装版
出版社文英堂
刊行年月1998.9


暴力

作者武田麟太郎

収載図書日本三文オペラ武田麟太郎作品
出版社講談社
刊行年月2000.7
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書武田麟太郎全集 第1巻
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1

収載図書革命転向 新装版
出版社學藝書林
刊行年月2003.2
シリーズ名全集 現代文学発見


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 07:04 UTC 版)

暴力(ぼうりょく)とは、他者の身体財産などに対する物理的な破壊力をいう。ただし、心理的虐待モラルハラスメントなどの精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつある。


注釈

  1. ^ アーレントは、人間は個人として力をもっており、権力は他者の同意にもとづいてくわえられる力だが、暴力は他者の意志に反して加えられる力だと位置づけている。
  2. ^ 物理的に犯罪者生命破壊する事で再び同様の犯罪が起きないようにするという側面もあるが、日本合憲と認められた死刑目的は、犯罪者予備軍への見せしめによる新たな犯罪発生の予防のみである。
  3. ^ 近年の国家間によるものではないテロリズムなどに関して、そのような意見対立がおおくみられる。また、パレスチナ問題でも同様の問題がみられる。
  4. ^ その当時は実態や規模が把握されておらず、現在も正確な数は不明であるが、後の諸研究によると、実は数百万人単位の人間が殺されていたとされている(把握しやすい数字、すなわち短期間に限定した統計的な記録で、直接的に殺したと判明している人数だけでも約130万人とされており、更に期間をひろげ、かつ社会的抑圧や飢饉(「構造的暴力」も参照)で死亡した人数までふくめれば、その数は数倍にふくれあがるともされているため)。
  5. ^ テロリズムには、特定の権力者に直接にむけられるもの、体制全体に心理的圧迫をあたえて何らかの政策をやめさせるために無差別に人を狙うものなどのタイプがある(テロリズムテロ事件の一覧を参照)。近年になると、国家といったような明確な対象をもたない暴力もめだってきており、いわゆる"環境テロ"といったものもあげられる。
  6. ^ 例えば、東京都の平成24年度の統計(総件数3,705件)で、虐待者の66.2%が実母である。実父は21.9%にすぎない。
  7. ^ マインドコントロールのためにおこなわれている場合もある。

出典

  1. ^ 中山元 『思考の用語辞典…生きた哲学のために』筑摩書房ちくま学芸文庫〉 (原著2007年2月)、450,454頁。 
  2. ^ R・E・ニスベット、D・コーエン『名誉と暴力:アメリカ南部の文化と心理』石井敬子、結城雅樹(編訳) 北大路書房 2009年 ISBN 9784762826733 pp.91-114.
  3. ^ 山崎正一市川浩 『現代哲学辞典』 講談社、1970年、559頁。


「暴力」の続きの解説一覧

暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 10:13 UTC 版)

ルーマニアの犯罪」の記事における「暴力」の解説

ルーマニアの犯罪傾向において他国異なる点は、社会的・経済問題により、都市部よりも地方の方が、暴力犯罪発生率が高いということである。地方では、貧困教育レベル低さ高い失業率悩まされている。一例として、ルーマニア北東部は、EUで最も貧し地域1つである また、もう一つ特徴としてルーマニア世界でも最も厳し銃規制敷かれているため、銃による犯罪は非常に稀であるしたがって、殺人ほとんどは、斧やナイフなど、鋭利なもので行われる2012年殺人事件で、銃が使われたのはたったの2%であり、自殺おいても2015年拳銃自殺全体1%であった。暴力を伴う犯罪発生率は、1990年代に最も高かった

※この「暴力」の解説は、「ルーマニアの犯罪」の解説の一部です。
「暴力」を含む「ルーマニアの犯罪」の記事については、「ルーマニアの犯罪」の概要を参照ください。


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:17 UTC 版)

「酒」の記事における「暴力」の解説

向精神薬#暴力との関連」および「アルコールハラスメント」も参照 アルコール攻撃的な感情起こることを促す児童高齢者への虐待家庭内暴力DV)、駅や街中での暴力、傷害犯罪など飲酒関連した暴力は様々な場面で起こっており、社会的に重大な問題一つとなっている。飲酒関連した暴力を防止するためには、その原となっている飲酒減らすことが大切とされる飲酒により暴力が増加する背景には飲酒酩酊により攻撃性が増すなどのアルコールによる直接的な影響と、習慣的な飲酒によるアルコール乱用アルコール依存症などの疾病からくる間接的な影響とがある。また、飲酒関連した暴力には様々な種類があり、暴言身体的暴力のみならず精神的暴力、経済的暴力性的暴力などが報告されている。 鉄道会社団体のまとめでは、駅や列車内暴力行為をした乗客の約6割は飲酒をしていた。また酔客降ろした駅員が突然傘で殴られたり、乗客同士のけんかの仲裁入った駅員3人逆上されてけがを負ったりするなど、駅員への暴行多数報告されている。酔って地域警察官へ暴力をふるうなどして公務執行妨害容疑逮捕されるなど、警察官暴力を振るうケース珍しくない日本においては飲酒による暴言・暴力やセクシャルハラスメントなどにおよぶといった迷惑行為である。この問題は公共の場職場家庭内など、2000年代の日本での調査によると被害受けた成人推定約3,000万人である。

※この「暴力」の解説は、「酒」の解説の一部です。
「暴力」を含む「酒」の記事については、「酒」の概要を参照ください。


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 15:18 UTC 版)

セックスワーカー」の記事における「暴力」の解説

スティグマ精神的な影響だけでなく、セックスワーカーに対する暴力行為犯罪行為助長することで身体的な危険性もたらすセックスワーカーに対する暴力は、通行人などによる暴言や暴力、警察からの暴力、客や店舗などによる暴力が挙げられる日本のセックスワーカーホットラインには、客によるストーカー行為契約外の性行為性暴力膣内射精レイプコンドーム拒否)、雇用先店舗によるハラスメントセクハラ講習)などが相談として寄せられた。また、ある研究では、セックスワーカー40%から70%が就業から1年以内何かしらの暴力を経験していた。また、セックスワーカーやその顧客に対する法規制が、警察などへの相談障害となっていることも指摘されている。 セックスワーカーに対する暴力は、他のスティグマ抑圧交差する事により悪化する事が指摘されている(インターセクショナリティを参照)。例えば、有色人種セックスワーカーや、有色人種トランスジェンダーセックスワーカーなどと言うように、差別偏見交差するほど周縁化され、暴力や搾取被害晒されやすい。

※この「暴力」の解説は、「セックスワーカー」の解説の一部です。
「暴力」を含む「セックスワーカー」の記事については、「セックスワーカー」の概要を参照ください。


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 08:20 UTC 版)

教育問題」の記事における「暴力」の解説

奈良県大和高田市教育委員会元幹部ら9人が、市立小学校に通っていた児童親族から不当な要求を受け続け、計1億円超を私的に支払わされていたり校長土下座謝罪強要するというトラブル起こっていた。このように学校だけでは解決できない事案発生することがある教師間の暴力が起こ場合もあり、神戸市立の小学校内で3中堅層の教員4人が、20代若手教員4人に暴行暴言セクハラ繰り返し被害届出された。「職員室カースト」との呼び名あるように、閉鎖的な学校空間の中で教員間の力関係パワハラ起こことがある教師に対する暴力や子ども間の暴力は、警察に通報したり被害届を出すなどの校外介入求めることを教育の敗北として受け止めてきた向きがあり、消極的な対応がなされることがあった。しかし子ども間とは言え被害者人権守り、また教師労働における安全確保はなされるべきであるため文部科学省でも警察との連携推奨している。

※この「暴力」の解説は、「教育問題」の解説の一部です。
「暴力」を含む「教育問題」の記事については、「教育問題」の概要を参照ください。


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:45 UTC 版)

メキシコ麻薬戦争」の記事における「暴力」の解説

司法長官オフィス犠牲者10人中9人が組織犯罪グループメンバーであり、軍や警察人員の間での死者全体の7%であると述べた。非常に多くの損害を受けた州はバハ・カリフォルニア州ゲレーロ州チワワ州ミチョアカン州タマウリパス州ヌエボ・レオン州およびシナロア州である。カルデロン大統領政府は、特に彼の故郷であるミチョアカン州麻薬商人と現在戦っているが、ハリスコ州ゲレーロ州においてより多くの活動が行われており、2009年にはソノラ州において麻薬関係の暴力事件増加している。 2006年12月24日バハ・カリフォルニア州のエウジェニオ・エロルドゥイ (en)知事は、連邦政府と州の協力のもとで彼の州で行われている活動類似した活動を行うことを宣言した。この活動2006年12月下旬国境の町ティフアナ市で始まった2007年1月までに、これらの様々な活動チワワ州ドゥランゴ州シナロア州からなるいわゆる黄金の三角地帯と同様ゲレーロ州にも及んだ2月にはヌエボ・レオン州およびタマウリパス州同様に含まれた。犯罪組織増加する圧力に対してタマウリパス州ヌエボ・ラレド代議員暗殺未遂事件起こした2007年10月初頭アメリカ麻薬対策局長は、この麻薬戦争アメリカにおける麻薬取引著し影響及ぼしたことを示す数字発表したアメリカ国内37都市において、コカイン平均純度11%低下しながらも価格50%も上昇した。これは麻薬戦争によってコカイン供給量激しく減少した証拠である。 2006年12月カルデロン大統領就任以来押収され麻薬逮捕者数は跳ね上がったメキシコは、全てのプライベート飛行機グアテマラとの国境の町チアパス州タパチュラもしくはカリブ海沿岸にあるコズメル空港点検のため立ち寄ることを強制するアメリカ新し法律に従い100人以上を引き渡し一部では過去1年半間に270以上の飛行機差し押さえたと言われている。 2008年7月10日メキシコ政府は、麻薬密売との戦いにおいて、軍隊役割減らして連邦警察の力を倍近い大きさにする計画発表した。Comprehensive Strategy Against Drug Traffickingとして知られるこの計画また、地方警察から汚職警官追放することが必要である計画要素は既に動き出しており、麻薬戦争軍隊への依存減らすことを目的として大規模な警官補充訓練含んでいる。 2008年7月16日メキシコ海軍は、オアハカ州南西200キロ地点移動していた全長10メートル潜水艦取り押さえた強襲において、特殊部隊ヘリコプターから潜水艦デッキへと懸垂下降し、彼らが船を自沈させる前に4人の密輸業者逮捕した。船からは5.8トンコカイン発見され、船はメキシコ海軍巡視艇によってオアハカ州のウアツルコ (en)まで曳航された。 カルデロン政権下メキシコでは、政府カルテル損害を与えることに成功しているにもかかわらず、国の治安がより悪化しているかのように見えるというパラドックス抱えている。うなぎ上り増え続ける麻薬関係の殺人総数は、治安悪化の最も明確な兆候とされる。暴力は脅迫恐怖によっても拡大した警官の名前が記され暗殺リスト発見がされ、アメリカ国境沿いにある多くのメキシコ都市でますます暴力が常態化した。そのリストに名前が記され警官にも暴力が常態化した。その上麻薬密売組織国中都市の高速道路の上に大きなを掲げ始めた。旗の多くは、ライバルに対する脅しもしくは地方および連邦官僚支えられ特定の犯罪グループであることを告発している。北メキシコでは、ロス・セタスへと脱離する警官兵士に対してより良い器材と高い賃金与えるという新人採用の旗が現れた。 この対立エスカレートした原因の一つに、密売人たちが彼らのテリトリー要求し恐怖拡大するために新たな手法使用したことが挙げられるカルテルメンバーは、処刑動画YouTube上に公開し混雑したナイトクラブ体のパーツ投げ込み一般道に旗を掲げた。2008年9月15日にはモレリア2008年モレリア手榴弾攻撃事件英語版)が起こり混雑した広場二つの手榴弾投げ込まれ10人が死亡し100人上が負傷したこれらの事件は、麻薬カルテル取り締まり命じられているメキシコ政府職員士気を奪うことを目的としていると見られている別の意見としては、誰が戦争勝利しているかを市民知らしめるめである見ている少なくとも1ダースのメキシコのノルテノ・ミュージシャンが殺害された犠牲者大部分は、ナルコ・コリード (en)として知られるメキシコ麻薬取引物語を語るフォークソング演奏しており、フォーク英雄としてリーダー褒め称えられていた。 極端な暴力はメキシコへの対外投資危うくしており財務大臣のアグスティン・カルステンス (en)は、治安の悪化だけによって、ラテンアメリカ2番目に大きな経済規模を持つメキシコ国内総生産毎年1%減少させられていると述べたシウダー・フアレスでは住民4分の1PTSDになっている

※この「暴力」の解説は、「メキシコ麻薬戦争」の解説の一部です。
「暴力」を含む「メキシコ麻薬戦争」の記事については、「メキシコ麻薬戦争」の概要を参照ください。


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:25 UTC 版)

公正世界仮説」の記事における「暴力」の解説

研究者たちは、レイプその他の暴力の被害者に対する観察者反応調べた。リンダ・カーリと同僚によるレイプ公正世界仮説に関する実験で、研究者たち2つ被験者グループ男女間の相互作用に関する物語与えた対話描写結末まで同じもの使用している1つグループには中立的な結末物語与えられ、もう1つグループには男性女性レイプしたという結末物語与えられた観察者レイプ結末避けられないもの判断し物語の中女性レイプ原因として彼女の行動に基づいて非難したが、彼女の特徴基づいたものではなかった。これらの所見は、レイプ・エンドであれ「ハッピーエンド」(結婚提案)であれ、繰り返し再現されている。 他の研究者も、虐待されパートナー判断について同様の現象発見している。ある研究によると、性的暴行被害者ある女に対する非難レッテルは、関係の親密さとともに増加することがわかった観察者は、男性知人襲った暴力に関して最も重大な場合にのみ、加害者非難した

※この「暴力」の解説は、「公正世界仮説」の解説の一部です。
「暴力」を含む「公正世界仮説」の記事については、「公正世界仮説」の概要を参照ください。


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:18 UTC 版)

剛田武」の記事における「暴力」の解説

ムシャクシャしている」という理由だけでよくのび太スネ夫八つ当たりしている。相手怪我をするまで容赦なく痛めつけるバット十数発も殴りつけるなどの暴力を平然とふるうという容赦ない一面持っているジャイアンひとりでドラえもんのび太たち4人に殴りかかることもある。また、のび太1日1回殴らないと飯が不味いという。格闘技武術真似事を始めると「腕試し」と称して、技を使わずとも楽勝のび太強制的に相手に選ぶ。また、未来の道具世界征服目論んだり、「逆らうものは死刑アハハいい気持ちだ」と発言するなど、独裁者的な心理描写もある。 なお、暴力の対象のび太達だけでなく、小さい子供動物含まれており、頭に包帯を巻くほどの怪我負わせたり、子犬蹴飛ばしたり、をゴミバケツに閉じ込めるといった行動を取っている。ジャイアン悪さをした後、その子供の親や動物飼い主怒られたり、親袋叩きにされる事もあった。

※この「暴力」の解説は、「剛田武」の解説の一部です。
「暴力」を含む「剛田武」の記事については、「剛田武」の概要を参照ください。


暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 06:52 UTC 版)

マイケル・マンリー」の記事における「暴力」の解説

首相であったとき、ジャマイカでは暴力を背景にした政治的文化エスカレートした対抗勢力であるエドワード・シアガ野党ジャマイカ労働党JLP)の支援者と、マンリー人民国家党(PNP)は、1976年選挙の前からシアガ1980年首相になるまで血みどろの闘いにをすることになったシアガ率いジャマイカ労働党は、マンリーシンパであったレゲエスターのボブ・マーリー射撃された件で、共犯のために起訴された。政治的な暴力文化は、シアガマンリーによって作られたものではなく1940年代二大政党制始まりに、二党間の闘争原因があった。政治的な暴力は1970年代には最悪のレベル達しシアガマンリー追い落とそうとした1976年1980年2つ選挙史上最悪選挙戦となった1976年1月選挙戦前に暴力が起こりPNP6月非常事態宣言宣告何人かJLP党員を含む500人人々は、政府転覆させようとして起訴され、アップパーク・キャンプ(ジャマイカ駐留イギリス軍本拠地)の軍本部によって特別に作られた刑務所拘置された。非常事態宣言解除されないまま、選挙同年12月15日行われたPNP与党となり、非常事態宣言翌年にまで伸ばされた。1974年犯罪抑圧名の下に、警察には並外れた武力与えられ、それは1980年代終わりまで続いた1970年代、暴力は政治において命を失い続けた。二党によって武装されお互いギャングが、都市の選挙民支持に加えるために戦った1980年選挙では、800人のジャマイカ人が殺されたジャマイカでの殺人率は未だに非常に高くすべてのこれらの死が必ずしも政治的な暴力が理由ではないが、ジャマイカ人たち当時の暴力に非常に衝撃受けた。 この壮絶な選挙戦経てシアガ党首となり、JLP与党返り咲いた

※この「暴力」の解説は、「マイケル・マンリー」の解説の一部です。
「暴力」を含む「マイケル・マンリー」の記事については、「マイケル・マンリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「暴力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

暴力

出典:『Wiktionary』 (2021/11/21 22:31 UTC 版)

この単語漢字
ぼう
第五学年
りょく
第一学年
呉音 漢音

発音

名詞

(ぼうりょく)

  1. 他人意思に反して強制的に加え
  2. 人などへの傷害やものの破壊などを伴う乱暴行為

複合語

翻訳


「暴力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



暴力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

暴力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



暴力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルーマニアの犯罪 (改訂履歴)、酒 (改訂履歴)、セックスワーカー (改訂履歴)、教育問題 (改訂履歴)、メキシコ麻薬戦争 (改訂履歴)、公正世界仮説 (改訂履歴)、剛田武 (改訂履歴)、マイケル・マンリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの暴力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS