暴力行為とは?

暴力行為

読み方:ぼうりょくこうい

殴る蹴るなどの乱暴を働くこと、それによって相手怪我苦痛与えること、などを意味する表現。「暴行」とも言う。

暴力行為

原題:Act of Violence Un Hecho Violent
製作国:スペイン
製作年:1959
配給:松竹セレクト
スタッフ
監督:Jose Maria Forque ホセ・マリア・フォルケ
原作:P. B. Mercur P・B・メルキュール
脚色:A. Sastre A・サストレ

Jose Maria Forque ホセ・マリア・フォルケ
撮影:Antonio Ballesteros アントニオ・バレステロス
音楽:Miquel Asins Arbo ミギュエル・アシンス・アルボ
キャスト(役名
Richard Morse リチャルド・モルセ (Clint Hall
Mabel Karr メーベル・カー (Kathy
Adolfo Marsillach アドルフォ・マルシリャチ (Captain Clark
Rabel L. Calbo ラファエル・L・カルボ (Harris
Antonio Jimenez Escribano  (Fulton
Fred Goddard  (Captain Anderson
解説
メキシコで起った事実に基づいたP・B・メルキュール小説を、監督ホセ・マリア・フォルケA・サストレ共同脚色演出したアクション・ドラマ撮影アントニオ・バレステロス音楽ミギュエル・アシンス・アルボ担当出演者は、リチャルド・モルセメーベル・カーアドルフォ・マルシリャチラファエル・L・カルボなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
クリントリチャルド・モルセ)とカティメーベル・カー)の二人は、ハネムーンドライブ旅行へと出発した。だが、目的地貸別荘に着く早々、妻のカティ腹痛訴え始めスケジュール最初から狂い出した。附近には人家もなく、困ったクリントは町へを買いに出た。その途中、彼は若者一団に襲われ金と車をうばわれた上、路上放り出されてしまった。やっとのことで町にたどりついた彼は、薬屋訪れたが文無しでは買うことが出来ず仕方なしに拳銃持っているふりをしてを手に入れた。ところが、店を出たとたんに強盗だ”と叫ぶ主人の声でかけつけ警官逮捕された。クリント裁判最初から誤解の上に立って進められ、拳銃による脅迫並びに強盗誤審され重労働九年の刑を宣告された。重罪人ばかりの居る白雲刑務所へ送られたクリントには、言語絶する苦役迫害待ちかまえていた。ある者は飢渇にさいなまされ、ある者はサボタージュの名のもとに容赦なく銃殺された。たえかねクリント脱走をはかった。だが、たちまち追手に引きもどされた。この件以来所長クラルクアドルフォ・マルシリャチ)は彼に事あるごとにリンチ加えた。いよいよ自由に憧れクリント再度脱走計画。星をたよりに走りつづけた彼は、成功したという安緒と疲れからいつの間にかねむりに落ちた。だが眼がさめた時には、すでに監視人たちにとりまかれていた。怒った所長拷問クリントは、ただ死を待つばかりだった。その時突然クリント無罪証明舞い込んだのだ。夫を信じてゆるがぬ妻カティ愛情たまものだった。

暴力行為

原題:Act of Violence
製作国:アメリカ
製作年:1948
配給:
スタッフ
監督:Fred Zinnemann フレッド・ジンネマン
製作:William H. Wright ウィリアム・H・ライト
原作:Collier Young コリアー・ヤング
脚色:Robert L. Richards ロバート・L・リチャーズ
撮影:Robert Surtees ロバート・サーティース
音楽:Bronislaw Kaper ブロニスロー・ケイパー
音楽監督:Andre Previn アンドレ・プレヴィン
キャスト(役名
Van Heflin ヴァン・ヘフリン (Frank R. Enley)
Robert Ryan ロバート・ライアン (Joe Parkson)
Janet Leigh ジャネット・リー (Edith Enley)
Mary Astor メアリー・アスター (Pat
Berry Kroeger ベリー・クローガー (Johnny
Taylor Holmes テイラー・ホームズ (Gavery)
Phyllis Thaxter フィリス・サクスター (Ann
Connie Gilchrist コニー・ギルクライスト (Martha
Harry Antrim ハリー・アントリム (Fred
Will Wright ウィル・ライト (Pop
解説
捜索」を発表して認められた「不思議な少年」のフレッド・ジンネマン監督した1949年作品で、コリアー・ヤング原作ロバート・L・リチャーズ脚色した。撮影は「恋愛放送」「嘘つきお嬢さん」のロバート・サーティース音楽はプロニスロー・カバーが作編曲した。キャストは「大地は怒る」「カンサス騎兵隊」のヴァン・ヘフリン猟銃街道」のロバート・ライアン主演新人ジャネット・リー偉大な嘘」のメアリー・アスター大草原」のフィリス・サクスター鉄のカーテン」のベリー・クローガー百万人の音楽」のコニー・ギルクリスト等の助演である。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
新聞フランク・R・エンリイの記事を読むと、ジョー・パークスンはピストルポケットに、ニューヨークからカリフォルニアのサンタ・リザへ急行した。そのエンリーは妻エディスとの間に子供もあり、模範市民として尊敬されている男だ。エンリーの家を訪ねたジョーは、魚釣りに行ったと聞くと、すぐ後を迫ったが、湖上行き違った。帰宅したエンリーは足の不自由な男が尋ねて来たと聞く恐怖にふるえた。妻に問いつめられて、その男ジョー軍隊時代部下だったと答えたほか、何事も語らなかった。夫が殺されるのだと直覚したエディスは、警察呼びかけたが、夫に止められた。その晩家のまわり妙な足音きこえたが、夜半すぎ、ようやく立ち去った。夜明け頃エンリーはロス・アンゼルス商用で行くと置手紙して出て行った。朝になるとジョーが再び来てエディス家中案内させ、エンリーを探した。また来たら警察を呼ぶ、とエディスがいうとジョーは、奴の裏切警察に誉められたのか、と捨てぜりふを残して去った。エディスは隣のマーサ留守を頼んで、夫の許へ急いだ。そして夫の告白を聞いた。B17機長だったエンリーはジョーと共に撃墜され捕虜と成った。ナチ虐待たえかね部下達は脱出計画した。成功しまいとみたエンリーは密告すると、ナチはエンリーとジョー以外の捕虜虐殺してしまった。ジョー戦友10人の敵としてニンリーを射っているのであるジョー愛人アンは心配してニューヨークから来たが、ジョー張りきってロス・アンゼルスへ向かった。エディスはサンタ・リザへ帰って夫のためにジョーを殺そうとピストルを持って待っていると、意外にもアン訪れジョーロス・アンゼルスへ行ったと聞かされた。一方エンリーは酒に苦悩忘れようとしていたが、ジョーが現われたので機先を制して一撃し、夜の町へ逃げだした。通り酒場にとび込んだ彼は酒と恐怖になかは理性を失い、夜の女パット仲介で、殺人業者1万ドルジョー殺害依頼した。翌朝理性取りもどした彼は殺人依頼取り消そうとしたが、相手1万ドルを得たさに承知しない。夜の9時ジョー停車場呼び出し射殺する手はずである。それを承知ジョーアン振り切って停車場出掛ける。8時30分、決心したエンリーは万事落着したと妻に偽り停車場へ向かった。万策尽きアン停車場へ迫って来ると、警官に頼ったが、ジョーとエンリーは操車場向かい合い次第に距離を詰めつつあった。列車がごう然とさしかかった時、待ち伏せ殺人屋はジョーを射とうとした。その刹那エンリーは殺人屋に組みつき、相うちとなって共に倒れた。

暴力行為等処罰ニ関スル法律

(暴力行為 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/05 08:55 UTC 版)

暴力行為等処罰ニ関スル法律(ぼうりょくこういとうしょばつにかんするほうりつ、旧字体: 暴力行爲等處罰ニ關スル法律、大正15年法律第60号)は、団体または多衆による集団的な暴行脅迫器物損壊強要(面会強請・強談威迫)などを特に重く処罰する日本の法律である。治安警察法17条の削除に伴う制定で、公布・施行は1926年4月10日。「暴力行為法」、「暴力行為等処罰法」などと略す。




「暴力行為等処罰ニ関スル法律」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暴力行為」の関連用語

暴力行為のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



暴力行為のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴力行為等処罰ニ関スル法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS