暴行とは? わかりやすく解説

ぼう‐こう〔‐カウ〕【暴行】

読み方:ぼうこう

[名](スル)

乱暴な行為不正な行い

「其―の寛厳立君独裁の―に異ならと雖も」〈福沢文明論之概略

暴力用いて人身危害を加えること。「―を加える」「通行人に―する」

力ずくで女性犯すこと。強姦(ごうかん)。


暴行

作者メアリー・ゴードン

収載図書わたしはいま結婚している
出版社早川書房
刊行年月1988.11
シリーズ名Hayakawa Novels


暴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/11 16:17 UTC 版)

暴行(ぼうこう)




「暴行」の続きの解説一覧

暴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/22 18:55 UTC 版)

徳島刑務所暴動事件」の記事における「暴行」の解説

肛門に指を入れながら、服役囚の足をつねる、蹴る。

※この「暴行」の解説は、「徳島刑務所暴動事件」の解説の一部です。
「暴行」を含む「徳島刑務所暴動事件」の記事については、「徳島刑務所暴動事件」の概要を参照ください。


暴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 07:16 UTC 版)

問答無用 強制子宮破壊」の記事における「暴行」の解説

嫌がAV女優の髪をつかんで振り回すなどの乱暴行為や、腹部顔面などに平手打ち繰り返し赤く腫れ上がっていく様子収録している。また、嫌がAV女優の顔を無理矢理浴槽水槽あるいは便器などに溜めた繰り返し押し込み執拗な水責めにより呼吸困難陥らせる様子収録している。

※この「暴行」の解説は、「問答無用 強制子宮破壊」の解説の一部です。
「暴行」を含む「問答無用 強制子宮破壊」の記事については、「問答無用 強制子宮破壊」の概要を参照ください。


暴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 03:38 UTC 版)

横浜スタジアム審判集団暴行事件」の記事における「暴行」の解説

島野柴田コーチは、取り囲まれ塁審抑えつけ殴る蹴るの暴行加えた。さらに止め入った岡田功球審他の審判員に対しても、同様に殴る蹴るの暴行加え岡田球審グラウンドうずくまった島野柴田コーチには直ち退場宣告されたが、二人その後もしばらく暴行を続けた。 この試合責任審判でもあった岡田球審は、「暴力団のようなチーム試合できるか!!」とプロテクター当時はインサイドプロテクターではなく手に持っていたアウトサイドプロテクター)をたたきつけて怒り審判団引き揚げさせた。 阪神側は安藤統男監督控室訪れて陳謝し中断時間10分程で、岡田球審が「大変痛めつけられましたが、柴田島野コーチ退場させて試合再開します」と異例の表現場内アナウンスし、試合再開することとなった。なお、審判団没収試合考えていたが、上記の陳謝があったことと夏休み最後の日多かった観客の配慮から続行決めたという。 この試合は、テレビ神奈川等で放送されていた。試合結果は、問題飛球打ち上げた藤田が9回に2点本塁打放ち阪神が3対1で勝利した

※この「暴行」の解説は、「横浜スタジアム審判集団暴行事件」の解説の一部です。
「暴行」を含む「横浜スタジアム審判集団暴行事件」の記事については、「横浜スタジアム審判集団暴行事件」の概要を参照ください。


暴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 04:17 UTC 版)

トラビス (チンパンジー)」の記事における「暴行」の解説

チンパンジーは強い筋力有しオスチンパンジー(学名:パン・トログロディテス)は思春期迎えると、経年毎に強い攻撃性を示すうになる攻撃相手噛み付き手と足両方使って顔面他の身体の凹凸のある部分執拗に傷つけのである

※この「暴行」の解説は、「トラビス (チンパンジー)」の解説の一部です。
「暴行」を含む「トラビス (チンパンジー)」の記事については、「トラビス (チンパンジー)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「暴行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

暴行

出典:『Wiktionary』 (2021/08/27 06:20 UTC 版)

発音(?)

ぼ↗ーこー

名詞

ぼうこう

  1. 乱暴行い
  2. 他人暴力加えること。
  3. 強姦

派生語

動詞

活用


「暴行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暴行」の関連用語

暴行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



暴行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの徳島刑務所暴動事件 (改訂履歴)、問答無用 強制子宮破壊 (改訂履歴)、横浜スタジアム審判集団暴行事件 (改訂履歴)、トラビス (チンパンジー) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの暴行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS