くわえるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > くわえるの意味・解説 

くわ・える〔くはへる〕【加える】

読み方:くわえる

[動ア下一[文]くは・ふ[ハ下二

今まであるものに、さらに他のもの添えて合わせる現在あるものの上に付け足すまた、そのようにして数量度合いを増す。「だし汁を—・える」「規約一項を—・える」「列車速度を—・える」

同じことをする人の集まり含める。仲間に入れる。「一行に—・える」「役員に—・える」

ある作用他におよぼす。影響を与える。「危害を—・える」「一撃を—・える」「手心を—・える」「説明を—・える」

あるもの付ける。載せる

「それに判を—・へよ」〈今昔三一・二四〉

[補説] 室町時代以降ヤ行にも活用した。→加ゆ

[用法] くわえる・そえる——「もう一品加える(添える)」「言葉加える(添える)」などでは相通じ用いる。◇「加える」はあるもの他のもの入れて一つにしたり、何らかの作用他に与えたりすること。「2に3を加える」「仲間に加える」「攻撃を加える」などと用いる。◇「添える」はすでに満たされ完成しているものに、さらに何かを付け加える意。「贈り物手紙を添える」「舞台花を添える」◇類似の語に「足す」がある。「足す」は、必要量満たされるように足りないものを補い加える意。「煮物焦げないようにを足す」などと用いる。


くわ・える〔くはへる〕【×銜える/×啣える/×咥える】

読み方:くわえる

[動ア下一[文]くは・ふ[ハ下二

口に軽く挟んで支える。「楊枝(ようじ)を—・える」「物欲しそうに指を—・えている」

引き連れる。伴う。

「君は小夜さんを何時迄も—・えている気は無いね」〈二葉亭・其面影


くはへる

読み方:くわえる

  1. 故買者犯人手に入れて居る事をいふ。〔犯罪語〕
  2. 贓物故売者と犯罪者間の連絡のうまく行つてゐる事を云ふ。
  3. 贓物故買者犯罪者間の連絡のうまくいっていること。

分類 犯罪


喰へる

読み方:くわえる

  1. 芸奴が客を連れて来る事を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

くわえる

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 13:52 UTC 版)

動詞:たしあわせる

くわえる加える (歴史的仮名遣い くはへる)

  1. 既にあるものに更に他のもの足して増やす。あわせる。同じもの数を増やす
  2. (人を)仲間入れる、参加させる。味方増えるとは限らず観衆聴衆増える場合含まれる
  3. 何らかの作用を、自分以外のものにおよぼす。影響を与える対象は人、物、両方を含む。
    1. (影響を与える操作を)を、与える。
    2. (既に自分のもの、用意したものなどに)付ける、載せる貼る、書くなどする。

活用

発音

  • (東京) わえる [kùwáérú] (平板型 – [0])
  • IPA(?): [kɯ̟ᵝɰᵝa̠e̞ɾɯ̟ᵝ]

語源

用法

類義語

対義語

成句

関連語

翻訳

動詞:口にはさむ

くわえる咥える銜える (歴史的仮名遣い くはへる)

  1. や、挟んで、顎で支える。
  2. (古)従える。伴う。連れる。

活用

語源

複合語

翻訳



  • 画数:5
  • 音読み:チョウ
  • 訓読み:くわえる

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「くわえる」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

くわえるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



くわえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのくわえる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS