雑ぜるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 雑ぜるの意味・解説 

ま・ぜる【混ぜる/交ぜる/雑ぜる】

[動ザ下一][文]ま・ず[ザ下二

あるものの中に別のものを加え一つにするまた、数種のものを一緒にする混合する。「ウイスキーを—・ぜる」「白と黒を—・ぜてグレーにする」→混じる[補説]

かきまぜる攪拌(かくはん)する。「スプーンでよく—・ぜる」

口を出す言葉をかわす

聞きにくきことうち—・ずまじく、はたあめるを」〈源・宿木


ま・ぜる【交・混・雑】

1⃣ 〔他ザ下一〕 [文]ま・ず 〔他ザ下二

異種異質のものを加え入れる。入れていっしょにする。まぜ合わせるまた、かきまぜる

書紀720神武即位前(熱田本訓)「我が猛き卒(いくさ)を選びて、(あた)と雑(マセ)居(す)う」

落窪(10C後)三「色々の色紙に、黄金白銀まぜてかかせ給ひて」

仲間に入れる。

仮名草子浮世物語(1665頃)二「武道嗜む侍も武道ばかりでは、傍輩不嗜なる者共がまぜもせず」

ことばをかわす口を出す

源氏100114頃)帚木「君のうちねぶりて、言葉まぜ給はぬを」

相手の話に口をはさんでちゃかすまぜかえす

浄瑠璃車還合戦桜(1733)三「夫に懸って商人衆は商ひを得せず百姓方は畠を捨ててまぜますは、さればいの其詮儀で難議しました

2⃣ 〔自ラ四〕 =まじる(交)

雑俳玉の光(1844‐45)二「ちらほらと尤らしい毛がまぜり」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雑ぜる」の関連用語

雑ぜるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雑ぜるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS