宿木とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 低木 > 宿木の意味・解説 

やどり‐ぎ【宿木/寄生木】

【一】

他の木に寄生する草木

ヤドリギ科常緑小低木エノキなど落葉樹樹上寄生し、高さ約50センチ緑色で、二また状によく分枝し、球状になる。細長くて先が丸く、対生雌雄異株2月ごろ黄色小花咲き11月ごろ黄色赤色の丸い実がなる。実は粘液をもち、レンジャクなどのに食われ、糞(ふん)とともに種子排出されて粘着し、発芽する。同科にはヒノキバヤドリギや実が白色のセイヨウヤドリギも含まれる

【二】(宿木)源氏物語49巻の巻名。薫大将24歳から26歳。匂宮夕霧の娘六の君との結婚や、中の君落胆出産、薫と女二の宮との結婚などを描く。


やどり‐ぎ【宿木・寄木・寄生木】

1 〔名〕 (古くは「やどりき」)

一般に他の植物寄生半寄生または着生する植物の総称。ヤドリギ・ツクバネやツタなど。

宇津保(970‐999頃)楼上下「ややもせば枝さしまさる木の下にただやどり木思ふばかりを」

ヤドリギ科常緑小低木各地エノキクリサクラケヤキなどの上に寄生する。高さ〇・五〜一メートル二叉または三叉枝分かれして全体球形に茂る。はまるく柔らかいが強い。倒披針形革質対生する。雌雄異株早春先のの間に柄のない黄色小花をつける。果実球形淡黄色ないし赤色熟し、粘質物に包まれた種子一個いっていて、果実を食べる鳥の嘴(くちばし)などにねばりついて散らばる漢名に檞寄生をあてる。ほい。ほや。ほよ。とびづた。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

③ ①から転じて、他に頼ったり他人世話を受けたりすること。また、その人

五重塔(1891‐92)〈幸田露伴一八「人の仕事寄生木(ヤドリギ)となるも厭なら我が仕事寄生木(ヤドリギ)を容るるもが嫌へば是非がない」

2 (宿木) 「源氏物語第四九帖の名。宇治十帖第五。薫二四歳の春から二六歳の四月まで。匂宮夕霧六の君結婚悲嘆する中君と、それに接近してゆく薫、中君出産、さらに薫の前に浮舟出現することなどを描く。


やどりぎ 【宿木・寄生木】

①他の樹木寄生した木。ほや・ほよ。②ヤドリギ科常緑低木などのような落葉広葉樹寄生し、叉状の上端に細長い二葉をつけ、雌雄異株古代ヨーロッパではケルト人宗教行事用いた。今でも果実のついたクリスマス装飾用いる。この木は常緑で冬も青々しているので神聖視された。

ヤドリギ

ヤドリギ
科名 ヤドリギ科
別名: -
生薬名: ソウキセイ桑寄生
漢字表記 宿木
原産 日本 中
用途 半寄生雌雄異株の小常緑樹。実を鳥が食べ、糞の中の種子エノキなどについて発芽します。茎葉煎じ腰痛産後などに用います。
学名: Viscum album L.
   var. coloratum Ohwi

宿木

読み方:ヤドリギ(yadorigi)

ヤドリギ科常緑寄生低木薬用植物

学名 Viscum album var.coloratum


宿木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/12 14:12 UTC 版)

宿木」(やどりぎ)は、『源氏物語』五十四帖の巻名の一つ。第49帖。第三部の一部「宇治十帖」の第5帖にあたる。






「宿木」の続きの解説一覧



宿木と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宿木」の関連用語

宿木のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宿木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宿木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS