葵の上とは?

あおいのうえ〔あふひのうへ〕【葵の上】


あおい‐の‐うえ あふひのうへ 【葵上】

[一] 「源氏物語」に出てくる女性主人公光源氏正妻左大臣の娘、母は大宮源氏愛人六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の生霊のために苦しめられ、夕霧を産んだ後、急死する。

[二] 謡曲四番目物。各流。近江系の古作世阿彌改作したものか。「源氏物語」による。六条御息所生霊が、葵上責めさいなむが、横川(よかわ)の小聖(こひじり)に祈り伏せられる。

[三] 浄瑠璃宇治加賀掾正本天和元祿三年一六八一‐九〇)ごろ刊か。五段。時代物近松門左衛門作と推定謡曲「葵の上」による。

[四] 箏曲山田流奥許物。文化年間一八〇四‐一八)、流祖山田検校作曲山田流第一大曲謡曲一節による。生田流にもある。地唄長唄河東節一中節にも同名作品がある。


葵の上

作者円地文子

収載図書南支の女
出版社ゆまに書房
刊行年月2002.5
シリーズ名戦時下〉の女性文学


葵の上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 02:33 UTC 版)

葵の上(あおいのうえ)は紫式部物語源氏物語』に登場する架空の人物。光源氏の最初の正妻。源氏との間に一粒種(夕霧)をもうける。この名は後世の読者がつけた便宜上の名前で、彼女が主役級の扱いを受ける「」帖から取られている。




  1. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 葵上」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 320。 ISBN 4-4901-0223-2
  2. ^ 「葵の上」『源氏物語事典』 林田孝和・竹内正彦・針本正行ほか編、大和書房、2002年(平成14年)、p. 31。 ISBN 4-4798-4060-5


「葵の上」の続きの解説一覧



葵の上と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葵の上」の関連用語

葵の上のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



葵の上のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葵の上 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS