北山の尼君とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 北山の尼君の意味・解説 

北山の尼君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/16 09:54 UTC 版)

北山の尼君(きたやまのあまきみ)とは、源氏物語に登場する架空の人物。




[ヘルプ]
  1. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 北山の僧都」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 339。 ISBN 4-4901-0223-2
  2. ^ 桐壺帝の中宮である藤壺の兄である。
  3. ^ そのため実父の兵部卿宮は、数年後光源氏から知らされるまで娘の行方が分からなくなってしまう。
  4. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 北山の尼君」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日)、pp. 339。 ISBN 4-4901-0223-2


「北山の尼君」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北山の尼君」の関連用語

北山の尼君のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北山の尼君のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北山の尼君 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS