浮舟の母とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 浮舟の母の意味・解説 

浮舟の母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 17:04 UTC 版)

浮舟の母(うきふねのはは)とは、源氏物語に登場する架空の人物。この人物は本文中ではしばしば「中将の君」と呼ばれているためこの「中将の君」という通称で呼ばれることもあるが、源氏物語の本文中において「中将の君」と呼ばれている人物は、空蝉の女房[1]六条御息所の女房[2]、光源氏の侍女[3]朝顔の姫君の女房[4]今上帝の女一宮の女房[5]と何人かいるため、浮舟の母である「中将の君」であることを明確にしたい場合には「浮舟の母」と呼ぶことが多い[6][7][8]




[ヘルプ]
  1. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 中将の君 一」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 367。 ISBN 4-4901-0223-2
  2. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 中将の君 二」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 367。 ISBN 4-4901-0223-2
  3. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 中将の君 三」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 367。 ISBN 4-4901-0223-2
  4. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 中将の君 四」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 367。 ISBN 4-4901-0223-2
  5. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 中将の君 六」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 368。 ISBN 4-4901-0223-2
  6. ^ 櫻井清華「母装するひと--浮舟の母・中将の君」古代文学研究会編『古代文学研究 第二次』第18号、古代文学研究会、2009年(平成21年)10月、pp. 57-69。
  7. ^ 古田正幸「浮舟の母と乳母--『源氏物語』と乳母・乳母子」『東洋大学大学院紀要(文学(国文学))』第45集、東洋大学大学院、2008年(平成20年)、pp. 51-71。のち「母親と乳母の関係―浮舟の母・中将の君と浮舟の乳母―」『平安物語における侍女の研究』笠間書院、2014年(平成26年)2月、 pp.215-241。 ISBN 978-4-305-70713-0
  8. ^ 瀬戸内寂聴「源氏物語の脇役たち(22)浮舟の母(中将の君) 」『図書』第606号、岩波書店、1999年(平成11年)10月、pp. 60-63。 のち「浮舟の母(中将の君) 」『源氏物語の脇役たち』岩波書店、2000年(平成12年)3月、pp. 187-195。 ISBN 978-4-00-022709-4
  9. ^ 藤本勝義「浮舟の母・中将の君論」森一郎,岩佐美代子,坂本共展編『源氏物語の展望. 第9輯』三弥井書店、2011年(平成23年)4月、pp. 193-224。 ISBN 978-4-8382-3207-9
  10. ^ 稲賀敬二「作中人物解説 中将の君 五」池田亀鑑編『源氏物語事典下巻』東京堂出版 1960年(昭和35年)(合本は1987年(昭和62年)3月15日刊)、p. 368。 ISBN 4-4901-0223-2


「浮舟の母」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浮舟の母」の関連用語

浮舟の母のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浮舟の母のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浮舟の母 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS