匂宮とは?

におう の みや にほふ-匂宮

におうみやとも

匂宮【ニオウミヤ】(観賞樹)

※登録写真はありません 登録番号 第7735号
登録年月日 2000年 2月 22日
農林水産植物の種類 ばら
登録品種の名称及びその読み 匂宮
 よみ:ニオウミヤ
品種登録の有効期限 25 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 タキイ種苗株式会社
品種登録者の住所 京都府京都市下京区梅小路通猪熊東入南夷町180番地
登録品種の育成をした者の氏名 山崎和子
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は,無名実生種に「初桜」を交配して育成されたものであり,花序タイプ散房花序,花は淡緑黄色で剣弁,高咲,弱香の小輪となる鉢物向きの品種である。樹形は半直立性,立は中,樹高はかなり低である。とげの形は下部えぐれ形,長さはやや短,基部の幅はかなり狭,色は紅紫,数は基部はかなり多,中央部は多,花柄は無である。小葉全体の形は楕円形小葉枚数は中,本葉長さは短,幅はかなり狭である。新の色は黄緑光沢は中,本葉の色は濃緑光沢は無,厚さは厚,硬さは中である。花序タイプ散房花序の形はつぼ形である。花形は高咲,花径は小,高さはやや低,花弁表面の色は淡緑黄(JHS カラーチャート2702),裏面の色は黄白(同2701)である。花色移行性は無,花弁タイプは剣弁,全体の形は狭楕円形厚さは中,硬さは硬,数は4059一茎の花数は2~5,花の香りは弱である。長さはかなり短,太さは細,新しょうの色は黄緑開花の色は緑,開花時期はやや晩である。「よそおい」と比較して,とげの数が基部及び中央部で多いこと,花弁数が少ないこと等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は,平成元年育成者のほ場(福岡県福岡市)において,無名実生種に「初桜」を交配し,その実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し,6年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。



匂宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/12 14:09 UTC 版)

匂宮(におうみや、におうのみや)は、




  1. ^ 清水婦久子「源氏物語の巻名の基盤」森一郎編『源氏物語の展望 第1輯』三弥井書店、2007年3月、pp.. 171-207。 ISBN 978-4-8382-3152-2


「匂宮」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「匂宮」の関連用語

匂宮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



匂宮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの匂宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS