精神とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 精神の意味・解説 

せい‐しん【精神】

人間のこころ。また、その知的働き。「健全な精神」

物質に対し、人間を含む生命一般原理とみなされた霊魂たましい

物事なしとげようとする心の働き気力。「精神を鍛える」「精神統一

物事基本的意義理念。「憲法の精神」

ある歴史的過程共同体などを特徴づける意識形態。「時代精神」「民族精神


せい‐しん【精神】

〔名〕

① 心。また、心の働き肉体に対し、形而上的働きをする実体としての心。

万葉(8C後)一七・四〇一五・左注使君苦念空費精神 放逸獲得幾矣哉」

新撰朗詠(12C前)下「馬嘶えに反る精神旧りたり、老いて田に帰る鬢髪新なり〈兼明親王〉」〔荘子刻意

物質的なものを超越した霊妙な実在たましい霊魂

太平記14C後)三九「筆を丹青に仮ず、十日一水の精(セイ)神云(ここ)に聚り、足を寸歩に移ず、四海五湖風景、立(たちどころ)に得たり

集義和書(1676頃)七「親の精神、体をはなれて、気色みえず音声きこへざる故に、別をかなしめども、実は死生不二也」

物事執着する気持目的達成ようとする心の働き気力根気

徒然草1331頃)一七二「老いぬる人は、精神おとろへ、淡くおろそかにして、感じうごく所なし

読本雨月物語(1776)貧福論世に窮(せばめ)られてくるしむ人は〈略〉精神(セイシン)を労しても、いのちのうち富貴を得る事なし

生気のあふれる状態。

*玩先生詠物百首(1783)屠蘇酒「直置猶呼百薬長、三元酔味最精神」


精神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 21:07 UTC 版)

精神(せいしん、: Spirit)は、意識、気構え、気力、理念、などといった意味を持つ言葉


  1. ^ 三浦國雄「風水講義」 ISBN 4166604880


「精神」の続きの解説一覧



精神と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「精神」に関係したコラム

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「精神」の関連用語

精神のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



精神のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの精神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの精神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS