霊とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > の意味・解説 

れい【霊】

肉体独立して存在すると考えられる心の本体また、死者の魂。霊魂。たま。「祖先の霊を祭る」

目に見えず人知でははかりしれない不思議な働きのあるもの。神霊・山霊など。


ち【霊】

語素自然の事物などの名詞の下に付いて、それが神秘的な力をもつ意を表す。「いかず霊()」「おろ霊(大蛇)」「みず霊(水霊)」


りょう〔リヤウ〕【霊】

たたりをなす生き霊死霊怨霊(おんりょう)。

このごろかくわづらふを、もの問はせつれば、女の—となむ言ひつる」〈宇津保・あて宮〉


りょう【令/霊】

〈令〉⇒れい

〈霊〉⇒れい


れい【霊〔靈〕】

常用漢字] [音]レイ(漢) リョウ(リャウ)(呉) [訓]たま たましい

[一]レイ

不思議な力や働きをもつ存在万物宿る精気。「山霊神霊精霊(せいれい)」

肉体に宿ってその活動つかさどる精神的実体たましい。「霊肉霊魂不滅心霊全身全霊

死者たましい。「霊園霊前霊安室慰霊英霊祖霊亡霊幽霊

不思議な力をもつ。人知測り知れない。「霊感霊気霊験(れいげん)・霊獣霊峰霊妙霊薬霊長類

[二]リョウたましい死者たましい。「悪霊生霊(いきりょう)・怨霊(おんりょう)・死霊精霊(しょうりょう)」

[三]〈たま(だま)〉「霊屋(たまや)/言霊(ことだま)」

名のり]よし

難読産霊(むすひ)


み【神/霊】

霊。神霊。「山つみ」「わたつみ」など、複合語として用いられる。


す‐だま【魑魅/霊】

山林木石精気から生じるという霊。人面鬼身で、よく人を迷わすという。ちみ。〈和名抄

人の霊魂たましい。〈和名抄


たま【霊/魂/×魄】

たましい1」に同じ。「肝っ—」「人—」

空蝉のからは木ごとにとどむれど—のゆくへを見ぬかなしき」〈古今物名


ち【霊】

語素〕 神や自然の霊の意で、神秘的な力表わす。「みずち(水霊)」「のつち(野霊)」「いかずち)」「おろち(大蛇)」。「わたつみ」「やまつみ」「ほほでみ」の「み」と同じ。


み【霊・神】

〔名〕 霊。神霊。「わたつみ」「やまつみ


りょう リャウ 【霊】

〔名〕 たたりをなす生霊(いきりょう)・死霊など。怨霊(おんりょう)。ろう。

源氏100114頃)柏木陰陽師なども、おほくは、女のりゃうとのみ、うらなひ申しければ」


れい【霊・灵】

〔名〕

肉体に宿って肉体支配し、また、肉体離れても存在すると考えられる精神的本体霊魂たましい。たま。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「『此の先祖の御れい開かせ給へ』と祈り給ふ」〔諸葛亮前出師表

人知はかり知ることのできない力のあるもの。目に見えない不思議な働きのあるもの。

小学読本(1884)〈若林三郎〉二「人は万物の霊にして能く言語し又事物考ふる智を具ふものなり」〔書経‐泰誓上〕


ろう ラウ 【霊】

〔名〕 死霊(しりょう)、または生霊(いきりょう)。たたりをなすれい。りょう。

源氏100114頃)「この御生霊、故父大臣の御らうなどいふ者あり」


たま【魂・霊・魄】

〔名〕 (「たま(玉)」と同語源)

① 「たましい(魂)①」をいう。多く「みたま(御霊)」「おおみたま(大御霊)」の形で用いまた、たまじわう(霊━)」「たままつる霊祭)」などのほか、「にきたま和魂)」「ことだま言霊)」「ひとだま人魂)」などと熟し用いる。

万葉(8C後)五・八八二「吾(あ)が主のみ多麻(タマ)賜ひて春さらば奈良の都召上(めさ)げ給はね」

② =たましい(魂)③

楚囚之詩1889)〈北村透谷〉四「吾等双個(ふたり)の愛は精神(タマ)にあり」

[語誌](1)霊と玉は前者抽象的超自然不思議な力、霊力であり、後者具体的に象徴するものという意味で、両者同一語源考えられる
(2)霊には「アラミタマ」と「ニキミタマ」の区別祝詞見られる前者は強力で勇猛な面をとらえた呼称であり、後者温和親しむべき面を表わす呼称であった。


す‐だま【魑魅・霊】

〔名〕 (「すたま」とも)

① (魑魅) 山林木石などに宿っているとされる精霊。ちみ。〔十巻本和名抄(934頃)〕

白羊宮(1906)〈薄田泣菫〉魂の常井精(スダマ)は水錆江に羽ぞ浸す」

② 人の霊魂。〔十巻本和名抄(934頃)〕


れい 【霊】

肉体宿り、または肉体離れ存在すると考えられている精神的存在たましい霊魂また、目に見えない不思議な力にもいう。例=霊峰霊木霊薬など。→ 霊魂

み 【神・霊】

日本古語で〈霊的な力を持つもの〉の意。神霊山神海神

作者綱淵謙錠

収載図書夢がたり大川端新選代表作時代小説 15
出版社光風出版
刊行年月1998.10
シリーズ名光風文庫


作者大仏次郎

収載図書昭和文学全集 18
出版社小学館
刊行年月1987.8


霊 (曖昧さ回避)

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 23:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

(れい)

一覧

映画

関連項目



出典:『Wiktionary』 (2020/03/18 08:59 UTC 版)

発音

名詞

  1. レイ)みたま。一般生物、特に人間生きている間はその体内にあって、生命の源や精神そのものとされる、人や生物死生観根源的解釈のための概念生物が死ぬと、肉体そのものは残っても動かなくなるのは、霊が離れたものと解釈され、逆に肉体が滅んでも、霊はこの世に残ると解されるようになった

熟語


出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 13:22 UTC 版)

発音




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



霊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霊」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
98% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

霊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



霊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霊 (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS