御霊とは? わかりやすく解説

ご‐りょう〔‐リヤウ〕【御霊】

読み方:ごりょう

霊魂をいう尊敬語。みたま。

「これ讃岐院(さぬきのゐん)の—なりとて」〈古活字本保元・下〉

貴人功績のあった人を祭る社。

御霊会(え)」の略。


み‐たま【御霊/魂】

読み方:みたま

神霊祖霊尊んでいう語。「先祖の—を祭る」

霊威

「我(あ)が主の—賜ひて春さらば奈良の都召上(めさ)げ給はね」〈万・八八二〉

御霊祭り」の略。

あさましう、—など見るにも」〈かげろふ・下〉


御霊

読み方:ミタマ(mitama)

霊魂尊敬語


御霊

読み方:ゴリョウ(goryou)

非業の死のため祟りをなす怨魂。


みたま 【御霊】

ミは敬意を表す接頭語神霊死霊尊称。これを他の場所遷す儀式御霊遷しといい、これに代えてつるもの御霊代という。大晦日の夜元旦先祖の霊をまつるのを御霊祭といい、そのとき供える御飯多くは握り飯)を御霊の飯という。御霊をしずめまつる所が御霊屋

御霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/04 23:09 UTC 版)

御霊(みたま、ごりょう)




「御霊」の続きの解説一覧

御霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 16:35 UTC 版)

かくりよものがたり」の記事における「御霊」の解説

カミツヨミド暮ら清浄な霊。気が済む成仏する。姫のもつ浄化能力で魂を洗い流された元怨霊もいる。現界では数分保たない。 世阿弥(ぜあみ) カミツヨミド暮らす御霊の一人でアメサルタヒコ指示を出す司令官存在アメ教育係でもある性格気位高く潔癖症他者悉く見下す高慢ちき嫌味な人物かつては猛威奮っ大怨霊であり、能の舞による絶大な戦闘力有する前述通り現界では力を発揮出来ないこのため咲夜口寄せされるまでは「口だけ偉そうな人」と思われていた。 サルタヒコ帽子紋章に、勝手に超小型カメラ埋め込んで、サルタヒコ達の状況常時把握しているサルタヒコにとっては苦手な存在不潔で悪臭を放つニギに対して強い嫌悪感示していたが、洋服取り替えることを条件に、カミツヨミド居すわせることを渋々承知したが苦手。咲夜口寄せ憑依させられかねないので更に苦手。 咲夜口寄せされ、演目「鵺」によって千利休倒したが、全く覚えていない二度目以降は自尊心から憑依拒否した大国主従えた埴輪兵団演目雷電」で一瞬にして葬るなどその実力は大怨霊互角卑弥呼(ひみこ) カミツヨミド暮らす御霊の一人世阿弥同様に元は強力な怨霊だった。全裸目隠しをして常に池で禊ぎをして過ごし未来予知怨霊襲撃備え役割をしている。予知能力発揮する際に奇声発し予知内容伝えるのが役割千子村正以降厩戸妨害未来予知使えなくなり深く悩んでいる。また、3体の怨霊たちを失い血迷ったニギが池で禊ぎをしようとした際に動揺していた。 御霊としての能力は「未来予知」と「鬼道」。咲夜口寄せ戦線立った際に森羅万象自在に操る鬼道数式実体化する平賀源内とはほぼ互角の勝負繰り広げたまた、全裸なのに胸の先やお股といった肝心な部分髪の毛隠れて見えない」という設定パパとお子様の視聴耐えうる素材として黒沢有り難られている鬼道使用時にはポンポン両手持ちアルファベット大声で読み上げ単語として揃うと内容応じた能力発動するというもの。 沖田総司おきた そうじカミツヨミド暮らす御霊の一人サルタヒコ修行師匠愛刀菊一文字を手にする途端に厳し性格変わり近接戦闘では部類強さを誇るが、普段は子供好きでサルタヒコ可愛がっている。元々は怨霊だった。 咲夜口寄せされていたが、世阿弥同様に覚えていない。だがノリ軽く自尊心もないので簡単に憑依許してしまう。 咲夜口寄せ憑依時TVカメラにも撮影されるこのため現界には外国人親衛隊がいるほどの人気を誇る。 北里柴三郎きたざと しばさぶろうカミツヨミド暮らす御霊の一人ニギ悪臭検証実験倒れた生を治療した

※この「御霊」の解説は、「かくりよものがたり」の解説の一部です。
「御霊」を含む「かくりよものがたり」の記事については、「かくりよものがたり」の概要を参照ください。


御霊(ごりょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 16:35 UTC 版)

かくりよものがたり」の記事における「御霊(ごりょう)」の解説

怨霊が人に益をもたらすようになった状態。ある程度現界に留まって満足する幽界帰っていく

※この「御霊(ごりょう)」の解説は、「かくりよものがたり」の解説の一部です。
「御霊(ごりょう)」を含む「かくりよものがたり」の記事については、「かくりよものがたり」の概要を参照ください。


御霊(みたま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 05:28 UTC 版)

アライブ-最終進化的少年-」の記事における「御霊(みたま)」の解説

あの方”と呼ばれる存在能力者同士の“湖の戦い終結後南米らしき密林の中で死亡した妊婦宿っていた胎児の骸に宿った生命体全ての能力者根源であり、頂点に立つ存在基本的に服を嫌い、パンツシーツ包まった姿が常。

※この「御霊(みたま)」の解説は、「アライブ-最終進化的少年-」の解説の一部です。
「御霊(みたま)」を含む「アライブ-最終進化的少年-」の記事については、「アライブ-最終進化的少年-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「御霊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「御霊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



御霊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

御霊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



御霊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2022 bonodori.net
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御霊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのかくりよものがたり (改訂履歴)、アライブ-最終進化的少年- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS