厳しとは?

いつか・し【厳し】

[形シクりっぱで重々しいいかめしい

「昔の例(ためし)よりも事添へて、—・しき御ありさまなり」〈源・少女


いか・し【厳し】

【一】[形ク]⇒いか(厳)い

【二】[形シク盛んなさま。また、りっぱなさま。

八束穂(やつかほ)の—・し穂に」〈祝詞祈年祭

[補説] 確実な用例が、上記のほか「厳し矛(ほこ)」「厳し御世(みよ)」のような連体用法に限られている点から、古くシク活用であったろうと推定されている。


きび・し【厳し】

【一】[形ク]

あいているところがなく詰まっている。密である。

「歯は白きこと斉(ひと)しく—・くして」〈西大寺本金光明最勝王経平安初期点〉

厳格である。容赦がない。

弾正をば霜台といふぞ。—・くはげしう事をただす官ぢゃほどにぞ」〈百丈清規抄・三〉

[補説] 「きびし」(シク活用)の、古い活用形式。

【二】[形シク「きびしい」の文語形


いつく・し【厳し/美し/慈し】

[形シク《「稜威(いつ)奇(く)し」の意という》

神や天皇または貴人威力強く激しいさま。いかめしおごそかである。

そらみつ大和の国皇神(すめがみ)の—・しき国」〈万・八九四〉

容姿気品があるさま。端正であるさま。

「—・しき男子をまうけけり」〈伽・一寸法師

室町時代ごろから「うつくし」と混同して用いられて》美しい。きれい。

卯の花の垣根咲き乱れたるは、—・しうおもしろければ」〈仮・露殿・下


いかし【厳】

シク活用形容詞「いかし」の語幹。ただし、語幹用法だけで、シク活用の確例はない) 勢いが盛んなさま、繁栄しているさま、いかめしいさま、などを表わす。「厳日(いかしひ)」「厳矛(いかしほこ)」「厳穂(いかしほ)」「厳御世(いかしみよ)」など。

延喜式(927)祝詞伊賀志(イカシ)の御世に幸(さき)はへまつれ」

[語誌](1)イカヅチ)、イカシホ(瞋塩)のイカを、イカシ語幹とすれば、やはり語幹用法のみではあるが、ク活用例も上代にはあったことになる。
(2)シク活用は、イカシホ(厳穂)、イカシミヨ(厳御世)などのように特定の語について、祝詞の類に多く見られる殊な用法か。
(3)中古以降ク活用現われ中世に口語において、イカイの形で多く連体修飾語として用いられる。


いか・し【厳】

〔形ク〕 ⇒いかい(厳)


いつくし【厳・慈・美】

〔形シク

霊妙である。威力満ちている。荘厳である。神や現人神(あらひとがみ)としての天皇および仏などに関していう。

万葉(8C後)五・八九四「そらみつ 大和(やまと)の国は 皇神(すめかみ)の 伊都久志吉(イツクシキ)国」

源氏100114頃)澪標いつくし神宝(かむだから)をもて続けたり」

いかめしい威厳がある。高貴だ。また、気品威厳のある美しさである。もとは天皇家の血筋の人にいうことが多い。

源氏100114頃)若菜上いつくしくあざやかに、目も及ばぬここちするを」

太平記14C後)五「さしも厳(イツク)しかりつる女房忽ちに伏長(ふしたけ)二十丈ばかりの大蛇と成て」

③ 人や事物美しい。美麗だ。

応永本論語抄(1420)八佾「哀窈窕とは、常に女の色のいつくしきを窈窕と云が其義に非ず

俳諧新花摘(1784)「いつくしききぬをたち縫て有りけるが」

[語誌](1)「いつ(厳)」の派生語で、本来は神や天皇威厳示し平安朝においても皇族用いられる例が多い。元来美麗の意味はなく、「源氏物語」においても基本的にはそれが守られているが、端麗な女性美としても通用する一面も生じている。
(2)室町時代以降大切にする「いつく」や慈愛の「うつくし」との混同が生じ、更にそれが進むと「いつくしむ」という動詞まで派生し、逆に本来的な霊威概念後退する。

〔他ラ四〕

形動

〔名〕


きび・し【厳】

〔形ク〕

① すきまがなく密である。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「歯は白きこと斉しく密(キヒク)して珂ととの猶(ごと)し」

② きびしい。むごい。激しい。苛酷である。

百丈清規抄(1462)三「弾正をは霜台と云そ、きひくはげしう事をただす官ぢゃほどにぞ」

[補注](1)形容詞シク活用「きびし」の古い活用。→「きぶい」の補注。
(2)書陵部本名義抄」に「キビウシテ」の「ビ」の右に、「ビシウシ」の書き込み見られる


きびし【厳】

〔形シク〕 ⇒きびしい(厳)


いかつ‐・し【厳】

〔形ク〕 ⇒いかつい(厳)


いから・し【厳】

〔形ク〕 (形容詞「いかし」の変化した語) いかめしい気性などが激しい。きびしい。

文明愚管抄(1220)三「隆家の若く、いからきやうなる人にて」


おごそけ・し【厳】

〔形ク〕 尊くいかめしい

彌勒上生経平安初期点(850頃)「世尊の身の支は、安かに定まり、敦(オコソケク)重(たふと)くして、むかしより掉ひ動きたまはず」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「厳し」に関係したコラム

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「厳し」の関連用語

厳しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



厳しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS