最勝王経とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 最勝王経の意味・解説 

さいしょうおう‐きょう〔サイシヨウワウキヤウ〕【最勝王経】

金光明最勝王経」の略。


金光明経

(最勝王経 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 06:13 UTC 版)

金光明経』(こんこうみょうきょう、サンスクリット語: सुवर्णप्रभासोत्तमसूत्रेन्द्रराजSuvarṇa-prabhāsa Sūtraスヴァルナ・プラバーサ・スートラ)は、4世紀頃に成立したと見られる仏教仏典のひとつ。大乗経典に属し、日本においては『法華経』・『仁王経』とともに護国三部経のひとつに数えられる。




「金光明経」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最勝王経」の関連用語

最勝王経のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最勝王経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金光明経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS