サマタ瞑想とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 瞑想 > サマタ瞑想の意味・解説 

サマタ瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 16:14 UTC 版)

サマタ瞑想[1](サマタめいそう、: samathabhāvanā[注釈 2])は、こころを特定の対象に結びつけて集中力を養う瞑想である[2]サマタ: samatha)、シャマタ: śamatha)、奢摩他[3]とは、ひとつの対象に心を落ち着かせることを意味する仏教用語であり、[4][3]漢訳される[5]




  1. ^ この著書『アビダンマ講義シリーズ第七巻』では、「サマタ(samatha)」を瞑想であると紹介した後に「サマタ瞑想」と呼び始めている。一方で『アビダンマ講義シリーズ第二巻』では、「サマタ(サマーディ)瞑想」逆に「サマーディ(サマタ)瞑想」といった表記が混在している。また、同著者の『沙門果経』(サンガ、2015年 ISBN 978-4-86564-013-7 )では、「サマーディ瞑想」と呼んでいる。この通り、同一著者において呼称は統一されていない。なお、サマーディとは原語であり、漢訳でと記され、止によって達する状態のことであり、別の概念である。
  2. ^ samatha (止)と bhāvanā (修習,バーヴァナー)の複合語。
  1. ^ アルボムッレ・スマナサーラ『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ 第七巻』藤本晃訳、サンガ、2012年11月、9頁。[注釈 1]
  2. ^ マハーシ・サヤドー 『ヴィパッサナー瞑想』 星飛雄馬訳、サンガ〈サンガ文庫〉、2017年、148頁。
  3. ^ a b 水野弘元 『仏教要語の基礎知識』 春秋社、新版2006年、220頁。
  4. ^ a b c 総合仏教大辞典編集委員会「止観」『総合佛教大辞典』法蔵館、2005年、518-519頁。ISBN 4-8318-7070-6
  5. ^ a b c 中村元「止」『佛教語大辞典』東京書籍、1975年、506頁。
  6. ^ 青野貴芳 「ミャンマーの三系統のヴィパッサナー瞑想を整理する」『別冊サンガジャパン(1)』 サンガ、2014年、63頁。
  7. ^ 箕輪顕量 「上座仏教の瞑想概観」『別冊サンガジャパン(1)』 サンガ、2014年、18頁。
  8. ^ 箕輪顕量 「上座仏教の瞑想概観」『別冊サンガジャパン(1)』 サンガ、2014年、18頁。
  9. ^ マハーシ・サヤドー 『ヴィパッサナー瞑想』 星飛雄馬訳、サンガ〈サンガ文庫〉、2017年、150頁。
  10. ^ 箕輪顕量 「上座仏教の瞑想概観」『別冊サンガジャパン(1)』 サンガ、2014年、18頁。
  11. ^ a b c d e f 中村元「原始仏教における止観」『印度學佛教學研究』第23巻第1号、1974年、 24-29頁、 doi:10.4259/ibk.23.24
  12. ^ 洪鴻榮「止・観の語源 : 安那波那念におけるsamatha・vipasyanaとsthapana・upalaksanaについて」『印度學佛教學研究』第50巻第2号、2002年、 889-886頁、 doi:10.4259/ibk.50.889
  13. ^ KongkarattanarukPhrapongsak「阿含・Nikayaにおける止観の成立と展開」『印度學佛教學研究』第57巻第2号、2009年3月20日、 903-900頁。
  14. ^ a b c KongkarattanarukPhrapongsak「説一切有部文献における止観」『印度學佛教學研究』第59巻第1号、2010年12月20日、 381-378頁。
  15. ^ a b 洪鴻栄「倶舎論における止観」 (pdf) 『印度學佛教學研究』第51巻第1号、2002年12月20日、 369-372頁、 doi:10.4259/ibk.51.372
  16. ^ a b c d e ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ『ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく』菅沼晃訳、春秋社、2001年、106-135、。ISBN 978-4-393-13335-4 全面的な再改訳版。(初版『大乗仏教入門』1980年、改訳『智慧の眼』1988年)The Opening of the Wisdom-Eye: And the History of the Advancement of Buddhadharma in Tibet, 1966, rep, 1977。上座部仏教における注釈も備える。


「サマタ瞑想」の続きの解説一覧



サマタ瞑想と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サマタ瞑想」の関連用語

サマタ瞑想のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サマタ瞑想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサマタ瞑想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS