三昧とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 三昧 > 三昧の意味・解説 

さんまい 【三昧】 〔 samādhi〕

[0] ( 名 )
〘仏〙 心を一つのものに集中させて、安定した精神状態に入る宗教的な瞑想また、その境地三摩地三摩提。定。正受。等持。
三昧場さんまいば)」の略。 「都の外、七所の-をめぐりぬ/鉢扣辞」
接尾
連濁により「ざんまい」となることが多い。名詞または形容動詞語幹に付く。
ともするとその傾向になるという意を表す。 「刃物-に及ぶ」
その事に熱中するという意を表す。 「読書-に明け暮れる
心のままにするという意を表す。 「ぜいたく-な生活」

ざんまい 【三昧】

接尾
さんまい(三昧)


三昧

読み方:サンマイ(sanmai)

心を一つのものに集中させて、安定した精神状態に入る宗教的な瞑想


三昧

読み方:ザンマイ(zanmai)

一つの事に熱中する意の接尾語


三昧

読み方:サンマイ(sanmai)

何ものにも影響されず、心を静かに保つことのできる状態、のちには死者葬る場所。


三昧

読み方:さんまい

  1. 専念になることを三昧に入るといふ。仏教にて心を境一にせしむることをいふ。梵語三摩地のことである。〔僧侶語〕

分類 僧侶

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

三昧

読み方:ザンマイ(zanmai)

作者 石原吉郎

初出 昭和50年

ジャンル


三昧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/08 05:51 UTC 版)

サマーディの音写である三昧(さんまい、サンスクリット語: समाधि, ラテン文字転写: samādhi)は、仏教ヒンドゥー教における瞑想で、精神集中が深まりきった状態のことをいう。三摩地(さんまぢ)、三摩提とも音訳され、等持と義訳される[1]。サマーディの語は「組み合わせ」という原義から「心を等しく持すること」の意に転じたもので、サマーパッティ (samāpatti, 等至) とも意味内容はほぼ同じとされる[1]。仏教における三昧の同義語・類義語についてはにて解説するが、(定の定義に沿っているか否かにかかわらず)三昧と呼称されるものを本記事にて解説する。




  1. ^ a b c d 山下博司 『ヨーガの思想』 講談社〈講談社メチエ〉、2009年、127-129頁。
  2. ^ a b c 立川武蔵 『ヨーガの哲学』 講談社〈講談社学術文庫〉、2013年、88-93頁
  3. ^ a b c d 成瀬貴良 『ヨーガ事典』 BABジャパン、2010年、160-161頁
  4. ^ a b 新村出(編) 『広辞苑』 岩波書店、1986年10月、第三版、1010頁。
  5. ^ 火葬場(カソウバ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年8月9日閲覧。
  6. ^ 三昧場(サンマイバ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年8月9日閲覧。


「三昧」の続きの解説一覧

三昧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/08 16:00 UTC 版)

名詞

さんまい

  1. 仏教精神集中が深まりきった状態のこと。三昧境
  2. 三昧場さんまいば)の略。
  3. 接尾辞的に用いて
    1. ともするとそのような傾向になりやすいさまを表す。
    馬鹿野郎。いい年をしやあがって何だのような小阿魔(こあま)に眼じりを下げて、あげくの果て飛んでもねえ刃物三昧をしやあがって……。途方もねえ色気ちげえだ。人間の胴っ腹へ庖丁突っ込んだ以上は、料理(りょう)ったのとはちっとわけが違うぞ。さあ、恐れ入っ白状しろ」(岡本綺堂半七捕物帳38 人形使い
    1. 他のことを顧みないほど、あることに一心になること。熱中没頭
    世間の寝静まったころ、芸術三昧にひたっている幸福は何ものにも代えられない尊いのである。(上村松園『健康と仕事』)
    1. 他人意見を聞かず、自分思いのままにすること。
    も、この放蕩三昧禅僧がそれからどうなったか、知っている者はない。(芥川龍之介孤独地獄』)
    所謂る成上者が、金力権力を真向にかざし、我儘三昧やらかすのを、俺の舌の先で、嘲弄揶揄するのだ。(国枝史郎五右衛門と新左』)
名詞または形容動詞語幹に付く。連濁により、「ざんまい」となることが多い。

語源

音訳としては他に、「三摩地」「三摩提」がある。意訳としては、「」「正受」などがある。

類義語

語義1

派生語




三昧と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語ん坊  ケ月  三昧    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三昧」の関連用語

三昧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三昧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三昧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの三昧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS