インドラとは? わかりやすく解説

INDRA

読み方:インドラ
英文正式名Indonesia Debt Restructuring Agency
日本名(略称):インドネシア債権処理機構

インドネシア債務者対外債権者との間を仲立ちすることにより、インドネシア債務者対外債務係る為替リスク保証することを目的とした政府機関。1998年6月設立2000年6月解散

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

インドラ

名前 Indra

インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/30 09:28 UTC 版)

【スムリティ(聖伝)】


注釈

  1. ^ シャクロー・デーヴァーナーン・インドラハ
  2. ^ サッコー・デーヴァーナン・インドー
  3. ^ devānām」は、男性名詞「devā(男神)」の複数形・属格。indraḥ は、indra(王、征服者)の単数形・主格。「śakro(シャクロ―)」は形容詞「śakra(強力な、有能な)」の変化形。
  4. ^ ヴリトラは『ヴェーダ』においては蛇を意味する「アヒ」(Ahi) とも呼ばれ、冬を表現している[6]
  5. ^ ジョルジュ・デュメジルはインドラとトリタの関係を重要視している[9]
  6. ^ 「雷」または「金剛(ダイヤモンド)」を意味する。
  7. ^ 本来は、インドラとは異なる神であるシャクラと習合したという説もある[要出典]
  8. ^ 「ヴリトラハン」は、イラン神話の「ウルスラグナ」に対応する。「ウルスラグナ」の意味はアヴェスター語で「(竜殺しに)勝利する者」[12]、または「ヴリトラハン」と同じで「障碍を打ち破る者」[要出典]。イランでは、インドラはダエーワの一員として悪魔の地位に降されたが、称号のみが独立した神格として崇拝された[12]。国土の守護神として特にサーサーン朝での信仰が盛んだった。
  9. ^ deva indra」の連声形。
  10. ^ 一度きりしか使えないという制約つきの武器であった[要出典]
  11. ^ この武器は、『マハーバーラタ』にも登場し、インドラからパラシュラーマに授けられる。
  12. ^ 『三國遺事』に「昔有桓因謂帝釋也」とある。

出典

  1. ^ 株式会社日立ソリューションズ・ビジネス 『世界大百科事典 第2版』 Kotobank、2014。
    楠戸義昭 『戦国名将・智将・梟将の至言』 学習研究社、2009。
    楠戸義昭 『戦国武将名言録』 PHP研究所、2006。
  2. ^ a b c 菅沼編 1985, pp. 45-46.(インドラ)
  3. ^ a b c d e 松村 2013, p. 97.
  4. ^ 上村 1981, pp. 17-18.
  5. ^ a b c d 菅沼編 1985, p. 46.(インドラ)
  6. ^ 菅沼編 1985, pp. 29-30.(アヒ)
  7. ^ エリアーデ, ミルチア「68 インドラ、勇士にして造物主」『世界宗教史2 - 石器時代からエレウシスの密儀まで(下)』松村一男訳、筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2000年4月、pp. 44-48頁。ISBN 978-4-480-08562-7 
  8. ^ a b 伊藤義教 訳「アヴェスター」『ヴェーダ アヴェスター』訳者代表 辻直四郎、筑摩書房〈世界古典文学全集 第3巻〉、1967年1月、385頁。全国書誌番号:55004966NCID BN01895536 (ホーム・ヤシュト 1 ヤスナ第9章、注釈11)
  9. ^ a b c インド神話』(上村 1981), p. 101。参考文献によれば、吉田敦彦 『比較神話学の現在』(みすず書房)26-30頁にてデュメジルのこの指摘に言及しているという。
  10. ^ a b c d e f g 菅沼編 1985, p. 52.(インドラ)
  11. ^ 菅沼編 1985, p. 172.(シャクラ)
  12. ^ a b 青木 2013, p. 126.
  13. ^ 上村 1981, p. 101.
  14. ^ 上村 1981, p. 19.
  15. ^ 金光仁三郎『ユーラシアの創世神話 - 水の伝承』大修館書店、2007年4月、204頁。ISBN 978-4-469-21312-6  参考文献によれば『リグ・ヴェーダ』(辻直四郎訳)の「インドラの出生」(IV・18)。
  16. ^ a b イオンズ,酒井訳 1990, pp. 167-168.
  17. ^ イオンズ,酒井訳 1990, p. 168.
  18. ^ 辻直四郎訳「リグヴェーダ賛歌」 『岩波文庫』(岩波書店)、1978年pp180-181.より
  19. ^ 松濤誠達「古代インド神話解釈の試み -古代インドのトリックスター論覚え書き」『印度学仏教学研究』 24(2)、1976年、p42.より
  20. ^ イオンズ,酒井訳 1990, p. 172-174.
  21. ^ イオンズ,酒井訳 1990, p. 170.
  22. ^ イオンズ,酒井訳 1990, pp. 170-171.
  23. ^ イオンズ,酒井訳 1990, p. 214.
  24. ^ イオンズ,酒井訳 1990, pp. 171-172.
  25. ^ 菅沼編 1985, pp. 97-98.(ヴリトラ)
  26. ^ 松村 2013, p. 98.
  27. ^ イオンズ,酒井訳 1990, p. 332.



インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 04:53 UTC 版)

花のあすか組! ∞インフィニティ」の記事における「インドラ」の解説

神面を被る。「24枠」中盤から参戦する深川ギャザリアヘリポートにて〈神(ジーザス)の十二使徒の会〉の内二人対戦する

※この「インドラ」の解説は、「花のあすか組! ∞インフィニティ」の解説の一部です。
「インドラ」を含む「花のあすか組! ∞インフィニティ」の記事については、「花のあすか組! ∞インフィニティ」の概要を参照ください。


インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 07:17 UTC 版)

機巧少女は傷つかない」の記事における「インドラ」の解説

甲冑まとった武人姿のアスラ自動人形魔術回路は「雷霆神器(アンダルギア)」。自身人形使いの体を変換して縦横無尽移動させる能力を持つ。

※この「インドラ」の解説は、「機巧少女は傷つかない」の解説の一部です。
「インドラ」を含む「機巧少女は傷つかない」の記事については、「機巧少女は傷つかない」の概要を参照ください。


インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:21 UTC 版)

12BEAST」の記事における「インドラ」の解説

「巳神将(ミシンショウ)」の十二巨神将。セントガルド海軍最高戦力第34巻登場

※この「インドラ」の解説は、「12BEAST」の解説の一部です。
「インドラ」を含む「12BEAST」の記事については、「12BEAST」の概要を参照ください。


インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 05:03 UTC 版)

真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の記事における「インドラ」の解説

デーバ族の王。自分必要な物自分自身で取らなければならない考えている。

※この「インドラ」の解説は、「真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の解説の一部です。
「インドラ」を含む「真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の記事については、「真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の概要を参照ください。


インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 05:10 UTC 版)

レジェンド オブ ドラグーン」の記事における「インドラ」の解説

コンゴールの兄で、既に故人ギガント族最強戦士だったが、巨人の里が襲撃された際に最後まで戦い命を落とした。コンゴールにとっては誇りであった同時に越えなければならない壁であり、沈まぬ月にてそのコンプレックスから実体化する。二本の斧を武器とする。

※この「インドラ」の解説は、「レジェンド オブ ドラグーン」の解説の一部です。
「インドラ」を含む「レジェンド オブ ドラグーン」の記事については、「レジェンド オブ ドラグーン」の概要を参照ください。


インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:28 UTC 版)

ヒンドゥー教」の記事における「インドラ」の解説

雷神天空神『リグ・ヴェーダ』中心的な神で、古くバラモン教の時代には盛んに信仰された。北伝仏教では帝釈天

※この「インドラ」の解説は、「ヒンドゥー教」の解説の一部です。
「インドラ」を含む「ヒンドゥー教」の記事については、「ヒンドゥー教」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インドラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「インドラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



インドラと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インドラ」の関連用語

インドラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インドラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインドラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの花のあすか組! ∞インフィニティ (改訂履歴)、機巧少女は傷つかない (改訂履歴)、12BEAST (改訂履歴)、真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書 (改訂履歴)、レジェンド オブ ドラグーン (改訂履歴)、ヒンドゥー教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS