ヒンドゥー教とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > ヒンドゥー教の意味・解説 

ヒンドゥー教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 09:35 UTC 版)

ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、ヒンドゥーイズム: Hinduismヒンディー語: हिन्दू धर्मサンスクリット語: सनातनधर्मः)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教は、インドネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である[1]ヒンドゥー教徒の数はインド国内で10億人、その他の国の信者を合わせると約11億人以上とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である[2][3]




  1. ^ a b c d e f g h i j 川崎 1997, pp. 12-13.
  2. ^ 『インドを知る事典』 22頁。
  3. ^ 現在の人口や国別統計は「Hinduism by country」を参照
  4. ^ 『インドを知る事典』 25頁。
  5. ^ ルヌー, ルイ (1991), 『インド教』, 渡辺照宏・美田稔訳, 白水社, ISBN 4560057230 
  6. ^ 『インドを知る事典』 23頁。
  7. ^ 『インドを知る事典』 40頁。
  8. ^ 高島淳 シヴァ信仰の確立 ---シャイヴァ・シッダーンタと南インド
  9. ^ 『インドを知る事典』 26頁。
  10. ^ Julius J. Lipner英語版 (2009), Hindus:Their Religious Beliefs and Practices, 2nd Edition, Routledge, ISBN 978-0-415-45677-7, page 8;Quote:"(...) one need not be religious in the minimal sense described to be accepted as a Hindu by Hindus, or describe oneself perfectly validly as Hindu. One may be polytheistic or monotheistic, monistic or pantheistic, even an agnostic, humanist or atheist, and still be considered a Hindu."
  11. ^ Lester Kurtz (Ed.), Encyclopedia of Violence, Peace and Conflict, ISBN 978-0123695031, Academic Press, 2008
  12. ^ MK Gandhi, The Essence of Hinduism, Editor:VB Kher, Navajivan Publishing, see page 3;According to Gandhi, "a man may not believe in God and still call himself a Hindu."
  13. ^ Flood 1996, p. 6.
  14. ^ Knott, Kim (1998). Hinduism:A Very Short Introduction. Oxford: Oxford University press. p. 117. ISBN 978-0-19-285387-5. 
  15. ^ Sharma 2003, p. 12-13.
  16. ^ Vivekjivandas 2010, p. 1.
  17. ^ Sweetman 2004;King 1999
  18. ^ Sweetman 2004.
  19. ^ Nussbaum 2009.
  20. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 192頁。
  21. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 227頁。
  22. ^ 『神話と芸能のインド』 66頁。
  23. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 124頁。
  24. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 103頁。
  25. ^ セーン 1999, p. 188.
  26. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』165-182ページ
  27. ^ a b c マーヴィン・ハリス『食と文化の謎:Good to eatの人類学』 岩波書店 1988年、ISBN 4000026550 pp.49-74.
  28. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 288頁。
  29. ^ 川崎 1997, p. 116.
  30. ^ 川崎 1997, pp. 116-117.
  31. ^ 伊藤雅之「現代ヨーガの系譜:スピリチュアリティ文化との融合に着目して」、『宗教研究』84(4)、日本宗教学会、2011年3月30日、 417-418頁、 NAID 110008514008
  32. ^ マーク・シングルトン 『ヨガ・ボディ - ポーズ練習の起源』
  33. ^ 森本 2003, pp. 191-192.
  34. ^ 前田 1982, p. 57.
  35. ^ a b パートリッジ 編 2009, p. 271.
  36. ^ a b c d e f g h セーン 1999, pp. 182-183.
  37. ^ a b c d e f g h i j k チャンドラ 2001, pp. 236-237.
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m チャンドラ 2001, pp. 42-43.
  39. ^ a b チャンドラ 2001, pp. 237-238.
  40. ^ 前田 1982, pp. 58-59.
  41. ^ 『インドを知る事典』 27頁。
  42. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 73頁。
  43. ^ a b 川崎 1997, p. 29.
  44. ^ 川崎 1997, pp. 30-31.
  45. ^ 『インドを知る事典』 34頁。
  46. ^ 『インドを知る事典』 36頁。
  47. ^ 『インドを知る事典』 30頁。
  48. ^ 青山亨、「ベンガル湾を渡った古典インド文明」 南アジア研究 2010年 2010巻 22号 p.261-276, doi:10.11384/jjasas.2010.261
  49. ^ 石澤良昭、「アンコール王朝史の新局面」 東南アジア -歴史と文化-, 2002年 2002巻 31号 p.3-26, doi:10.5512/sea.2002.3
  50. ^ 『インドを知る事典』 41頁。
  51. ^ 川崎 1997, p. 98.
  52. ^
  53. ^ a b c d e f ギャヴィン・フラッド ジョン・ボウカー(編)「インドの諸宗教とヒンドゥー教」松村一男監訳『ヴィジュアル版 ケンブリッジ 世界宗教百科』 原書房 2006 ISBN 4562040343 pp.45,50-51.
  54. ^ a b 前田 1967, p. 250.
  55. ^ 『インドを知る事典』 43-45頁。
  56. ^ 斎藤 1982, p. 32.
  57. ^ a b 斎藤 1982, p. 40.
  58. ^ 斎藤 1982, pp. 31-32.
  59. ^ 斎藤 1982, p. 43.
  60. ^ a b c 増原 1967, pp. 340-341.
  61. ^ a b セーン 1999, pp. 174-175.
  62. ^ 臼田 2000, pp. 207-208.
  63. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 375頁。
  64. ^ 『インドを知る事典』 23頁。
  65. ^ Rigveda is not only the oldest among the vedas, but is one of the earliest Indo-European texts.
  66. ^ Flood, Gavin, ed. (2003), The Blackwell Companion to Hinduism, Blackwell Publishing Ltd., ISBN 1-4051-3251-5, see Michael Witzel英語版 quote on pages 68-69
  67. ^ Sargeant & Chapple 1984, p. 3
  68. ^ Rinehart 2004, p. 68.
  69. ^ Flood 2008, p. 4.
  70. ^ Gavin Flood (1996), An Introduction to Hinduism, Cambridge University Press, ISBN 978-0521438780, pages 35-39
  71. ^ A Bhattacharya (2006), Hindu Dharma:Introduction to Scriptures and Theology, ISBN 978-0595384556, pages 8-14;George M. Williams (2003), Handbook of Hindu Mythology, Oxford University Press, ISBN 978-0195332612, page 285
  72. ^ Jan Gonda (1975), Vedic Literature:(Saṃhitās and Brāhmaṇas), Otto Harrassowitz Verlag, ISBN 978-3447016032
  73. ^ Edward Roer (Translator), Shankara's Introduction - Google ブックス to Brihad Aranyaka Upanishad at pages 1-5;Quote - "The Vedas are divided in two parts, the first is the karma-kanda, the ceremonial part, also (called) purva-kanda, and treats on ceremonies;the second part is the jnana kanda, the part which contains knowledge, also named uttara-kanda or posterior part, and unfolds the knowledge of Brahma or the universal soul."
  74. ^ Swami Shivananda's mission”. 2007年6月25日閲覧。
  75. ^ Werner 1994, p. 166
  76. ^ Monier-Williams 1974, pp. 25–41
  77. ^ Olivelle, Patrick (1998), Upaniṣads, Oxford University Press, ISBN 0-19-282292-6, Introduction chapter
  78. ^ a b Wendy Doniger (1990), Textual Sources for the Study of Hinduism, 1st Edition, University of Chicago Press, ISBN 978-0226618470, pages 2-3;Quote: "The Upanishads supply the basis of later Hindu philosophy;they alone of the Vedic corpus are widely known and quoted by most well-educated Hindus, and their central ideas have also become a part of the spiritual arsenal of rank-and-file Hindus."
  79. ^ Wiman Dissanayake (1993), Self as Body in Asian Theory and Practice (Editors:Thomas P. Kasulis et al), State University of New York Press, ISBN 978-0791410806, page 39;Quote:"The Upanishads form the foundations of Hindu philosophical thought and the central theme of the Upanishads is the identity of Atman and Brahman, or the inner self and the cosmic self.";
    Michael McDowell and Nathan Brown (2009), World Religions, Penguin, ISBN 978-1592578467, pages 208-210
  80. ^ Patrick Olivelle英語版 (2014), The Early Upanisads, Oxford University Press, ISBN 978-0195352429, page 3;Quote:"Even though theoretically the whole of vedic corpus is accepted as revealed truth [shruti], in reality it is the Upanishads that have continued to influence the life and thought of the various religious traditions that we have come to call Hindu. Upanishads are the scriptures par excellence of Hinduism".
  81. ^ S Radhakrishnan, The Principal Upanishads George Allen & Co., 1951, pages 17-19, Reprinted as ISBN 978-8172231248
  82. ^ Patrick Olivelle (1998), Upaniṣhads. Oxford University Press, ISBN 978-0199540259, see Introduction
  83. ^ Thirteen Principal Upanishads, Robert Hume (Translator)
  84. ^ Sarvopaniṣado gāvo, etc. (Gītā Māhātmya 6). Gītā Dhyānam, cited in Introduction to Bhagavad-gītā As It Is. Archived 1 March 2014 at the Wayback Machine.
  85. ^ 森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』 308頁。
  86. ^ Thomas B. Coburn, Scripture" in India:Towards a Typology of the Word in Hindu Life, Journal of the American Academy of Religion英語版, Vol. 52, No. 3 (September, 1984), pp. 435-459
  87. ^ 『神話と芸能のインド』 91頁。
  88. ^ Lorenzen 1999, p. 655.
  89. ^ Michelis 2005.
  90. ^ Lorenzen 2002, p. 33.
  91. ^ Vivekananda 1987, Vol I, pp. 6–7
  92. ^ Harshananda 1989
  93. ^ a b Jones & Ryan 2006, p. 13.
  94. ^ Mariasusai Dhavamony (1999), Hindu Spirituality, Gregorian University and Biblical Press, ISBN 978-8876528187, pages 31-34 with footnotes
  95. ^ David Smith (1996), The Dance of Siva:Religion, Art and Poetry in South India, Cambridge University Press, ISBN 978-0521482349, page 116
  96. ^ 『インド黄金街道』 71頁。
  97. ^ ヒンドゥー教の理解が深まる!ジョグジャカルタの世界遺産「プランバナン寺院」
  98. ^ a b Sandra Robinson (2007), Encyclopedia of Hinduism (Editors:Denise Cush et al), Routledge, ISBN 978-0700712670, pages 908-912
  99. ^ a b Karen-Marie Yust (2005), Sacred Celebrations, in Nurturing Child and Adolescent Spirituality (Editor:Karen-Marie Yust), Rowman & Littlefield, ISBN 978-0742544635, page 234, see also Chapter 18
  100. ^ a b Sandra Robinson (2007), Encyclopedia of Hinduism (Editors:Denise Cush et al), Routledge, ISBN 978-0700712670, page 907
  101. ^ Lynn Foulston and Stuart Abbott (2009), Hindu Goddesses:Beliefs and Practices, Sussex Academic Press, ISBN 978-1902210438, page 155
  102. ^ 勇敢な参加者
  103. ^ Dale Holberg et al (2000), Festival calendar of India, in Students' Britannica India, Volume 2, Encyclopedia Britannica (India), ISBN 978-0-85229-760-5, page 120, Quote: "Raksha Bandhan (also called Rakhi), when girls and women tie a rakhi (a symbolic thread) on their brothers' wrists and pray for their prosperity, happiness and goodwill. The brothers, in turn, give their sisters a token gift and promise protection."
  104. ^ Jessica Frazier (2015), The Bloomsbury Companion to Hindu Studies, Bloomsbury Academic, ISBN 978-1472511515, pages 255, 271-273
  105. ^ 『神話と芸能のインド』 133頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒンドゥー教」の関連用語

ヒンドゥー教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒンドゥー教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒンドゥー教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS