ヒンドゥー教とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > ヒンドゥー教の意味・解説 

ヒンドゥー教

読み方:ヒンドゥーきょう
別表記:ヒンズー教ヒンドゥーイズムHinduism

「ヒンドゥー教」とは、古代インド土着の信仰習俗渾然一体となった民族宗教あるいは民族文化のことである。バラモン教教典制度少なからず基礎となっているが、バラモン教とは区別される

ヒンドゥー教はインドの文化社会不可分の関係にあり、「インド民族宗教」と呼ばれることもある。宗教というよりはむしろインド文化あるいは社会規範というべき要素多々ある

ヒンドゥー教徒インドおよびパキスタン広く分布し信者の数は数億人から十数億人に上るとされる。これはキリスト教とイスラム教次いで世界で3番目に多い(世界三大宗教数えられる仏教より多い)。

「ヒンドゥー教」の特徴

ヒンドゥー教は、「ブラフマー」「ヴィシュヌ」「シヴァ」の3神を最高神とする多神教である。輪廻業・因応報信じられており、輪廻からの脱却解脱)を最終目標とする。解脱実現するための心身修行法のひとつが「ヨガヨーガ)」である。

ヒンドゥー教では穢れ」を忌避し日常生活でも清浄不浄強く意識される。たとえば、排泄には必ず左手を使う。食事には左手決し使わず右手のみ使う。豚は不浄とされているため豚肉基本的に食べられない。牛は神聖とされており絶対に食べない生き物全般を「祖先生まれ変わりである可能性がある」と考えて避ける人もいる。菜食主義ヒンドゥー教徒は多い。

カースト」(ヴァルナ・ジャーティ)と呼ばれる身分制度も、ヒンドゥー教に基づいている。輪廻思想相俟って身分基本的に世襲とされ、不浄観念とも相俟って不可触賎民」などの下層対す差別意識も強い。

ヒンドゥー教では女性相対的に不浄とされ、男尊女卑傾向根強い身分差別男尊女卑改善向けた取り組み試みられているが、何しインド文化深く根付いているため、改革はなかなか進んでいない。

ヒンドゥー‐きょう〔‐ケウ〕【ヒンドゥー教】

読み方:ひんどぅーきょう

ヒンズー教


ヒンドゥー教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/07 02:03 UTC 版)

【スムリティ(聖伝)】





ヒンドゥー教(バラモン教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:29 UTC 版)

悟り」の記事における「ヒンドゥー教(バラモン教)」の解説

インド哲学 - インド発祥の宗教 ヒンドゥー教 基本教義 アートマンブラフマン 梵我一如 輪廻(サンサーラ) 業 プルシャールタカーマ ダルマ アルタ英語版モークシャ 神々 ブラフマー シヴァパールヴァティーヴィシュヌクリシュナアスラ ヴァルナ ヴィローチャナ マハーバリ ヴリトラ ラーヴァナ インドラ ナーガ ナーガラージャ ジャガンナート 聖典 【シュルティ(天啓)】ヴェーダ リグ・ヴェーダ ヤジュル・ヴェーダ サーマ・ヴェーダ アタルヴァ・ヴェーダアーラニヤカ ウパニシャッドヴェーダ ガンダルヴァ・ヴェーダ ダヌル・ヴェーダ(英語版スターパティア・ヴェーダ アーユルヴェーダ 【スムリティ(聖伝)】 ヴェーダーンガ プラーナ文献 マハーバーラタバガヴァッド・ギーターラーマーヤナ 六派哲学の諸経典 法典律法マヌ法典 ヤージュニャヴァルキヤ法典 学派 ヴェーダーンタ学派 ミーマーンサー学派 ヨーガ学派 サーンキヤ学派 ニヤーヤ学派 ヴァイシェーシカ学派 宗派 ヴィシュヌ派 シヴァ派 シャクティ派 スマールタ派 人物 アンギラス カナーダ パーニニ パタンジャリ ウッダーラカ・アールニ ヴィヤーサ ヤージュニャヴァルキヤ シャンカラ カビール ラーマーヌジャ オーロビンド・ゴーシュ マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー マハトマ・ガンディー シュリーラ・プラブパーダラーマクリシュナ ラマナ・マハルシ ラーダークリシュナン ヴィヴェーカーナンダ シャンカール 修行礼拝 ヨーガ バジャン英語版苦行護摩 ヤジニャ(英語版バクティ英語版関連用語 ブラーフマナ ムルティ(英語版サンヒターグル インド神話カースト ヒンドゥー暦 ヴァルナ ジャーティ 不可触民 サティー ヒンドゥトヴァ アーシュラマ ヒンドゥー至上主義 一覧 寺院の一覧、遺跡の一覧ヒンドゥー教の祭の一覧(英語版ヒンドゥー教徒国別人口英語版) ヒンドゥー教用語の一覧(英語版ポータル 表 話 編 歴 ヒンドゥー教は非常に雑多な宗教であるが、そこにはヴェーダ時代から続く悟り探求長い歴史がある。 仏教対峙するヴェーダの宗教系で使われる悟り意識の状態で、人が到達することの出来る最高の状態とされる。サンスクリットニルヴァーナ涅槃)に相当する光明または大悟呼ばれることもある。悟りを得る時に強烈な光に包まれる場合があることから、光明呼ばれるインドではヴェーダ時代から、「悟りを得るための科学」というものが求められた。それらは特に哲学的な表現ウパニシャッドなどに記述されている。古代時代悟り得た存在は特にリシ呼ばれている。 ニルヴァーナには3つの段階存在するといわれ、マハパリ・ニルヴァーナが最高のものとされる悟りと呼ぶ場合はこのどれも指すようである。どの段階ニルヴァーナ到達しても、その意識状態は失われることはないとされるまた、マハパリ・ニルヴァーナは肉体持ったまま得るのは難しいとされ悟り得た存在肉体離れる場合にマハパリ・ニルヴァーナに入ると言われる悟り得た存在肉体離れるときには、「死んだ」とは言われず、「肉体離れる」、「入滅する」、「涅槃に入る」などと言われる悟りという場合ニルヴァーナ世界かいま見る神秘体験を指す場合がある。この場合ニルヴァーナには含まれないとされ、偽のニルヴァーナ呼ばれる。偽のニルヴァーナであっても人生が変わる体験となるので、偽のニルヴァーナ含めてニルヴァーナには4つあるとする場合もある。 現在でも、ゴータマ・ブッダ時代同じよう山野修行を行う行者が多い。どんな時代にでも多くの場所に沢山の数の悟り得た(と自称している)存在事欠かない通常悟り得たとする存在もヒンドゥー教、またはその前段階バラモン教伝統の内にとどまっていた。しかし、特にゴータマ・ブッダ時代バラモン教司祭血統であるブラフミンバラモン)を特別な存在主張した時で、それに反対してバラモン教範囲から飛び出している。同時代にはジャイナ教マハーヴィーラ悟り得た存在としており、やはり階級制であるカースト反対してこれを認めずバラモン教から独立している。

※この「ヒンドゥー教(バラモン教)」の解説は、「悟り」の解説の一部です。
「ヒンドゥー教(バラモン教)」を含む「悟り」の記事については、「悟り」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヒンドゥー教」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヒンドゥー教

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 10:48 UTC 版)

名詞

ヒンドゥーヒンドゥーきょう

  1. ヒンズー教」を参照

「ヒンドゥー教」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒンドゥー教」の関連用語

ヒンドゥー教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒンドゥー教のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒンドゥー教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの悟り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヒンドゥー教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS