苦行とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 苦行の意味・解説 

く ぎょう -ぎやう [0] 【苦行】

( 名 ) スル
つらく骨の折れるおこない苦痛。 「難行なんぎよう)-」
〘仏〙 肉体にきびしい苦痛与え、それに耐えることによって悟りを得ようとする修行断食不眠など。 「 -僧」

くぎょう 【苦行】

宗教理想境に至るために行う苦し修行をいうが、肉体は悪のすみかだからとして、その悪を追い出すために行うものと、忍耐の限界挑戦して精神性高めるために行うものとがある。またヒンドゥー教などでは、来世に楽を得るために現世で苦を続けるのだともする。一説に、苦行の起源インドであり、それがペルシア・ギリシア・エジプトを通ってヨーロッパ導入されたとある。仏教では釈迦も苦行を六年したが、ついにはこれを捨て苦楽二辺避け中道を歩めと教えている。釈迦が苦行した所を苦行と呼ぶ。精神性高めるための水垢離断食などを日本では荒行とも呼ぶ。→ 苦

苦行

作者金末峰

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集―1901〜1938 創作篇 4
出版社緑蔭書房
刊行年月2004.6


苦行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/25 19:20 UTC 版)

苦行(くぎょう)とは、身体を痛めつける事によって自らの精神を高めようとする宗教的行為。禁欲とも密接に関係し主立った宗教(仏教ユダヤ教キリスト教イスラム教ヒンドゥー教神道など)には共通して禁欲主義的な傾向が見られる。


  1. ^ 浜本隆志浜本隆志(編)、2015、「ペストの蔓延と鞭打ち苦行者の群れ」、『欧米社会の集団妄想とカルト症候群』、明石書店 ISBN 9784750342436 pp.75-80.
  2. ^ 立花隆『臨死体験』 文藝春秋[要文献特定詳細情報]


「苦行」の続きの解説一覧

苦行

出典:『Wiktionary』 (2010/11/05 00:08 UTC 版)

名詞

くぎょう

  1. 敦子とを達成するために行なう、つらく骨の折れる修行
    苦行を強いられる

関連語




苦行と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「苦行」の関連用語

苦行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



苦行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの苦行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの苦行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS