宗派とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 分派 > 宗派の意味・解説 

しゅう‐は【宗派】

読み方:しゅうは

同一宗教の中で分派

芸事などで、傾向同じくする流派流儀


しゅうは 【宗派】

→ 宗

宗派

【仮名】しゅうは
原文denomination

宗教分野おいて、各構成員共通の名称と一定の規則の下で組織化され共通の信条慣習共有している集団を指す用語。

宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 16:30 UTC 版)

宗派(しゅうは)は、教義・信仰対象などの違いや歴史的経緯により生じた分派である。主に仏教において用いられる。実際にどんな仏教の宗派があるかについては、十三宗五十六派およびCategory:仏教の宗派を参照。






「宗派」の続きの解説一覧

宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 04:08 UTC 版)

「和尚」記事における「宗派」の解説

宗派によって書き方読み方異なり一部地域では更に言葉詰まっておっさん」「おっさま」「おっしゃん」(アクセント頭高型)と呼ばれている。 和上わじょう律宗浄土真宗など(儀式指導者に対してのみ) 和尚わじょう法相宗真言宗など 和尚かしょう華厳宗天台宗など 和尚おしょう禅宗浄土宗天台宗など[要出典] ※「和尚」読み方一般に宗派の区別により放送上も読み分けられている。※ 天台宗では遷化亡くなること)された時は和尚おしょう)から和尚かしょう)へと呼び方変わる。

※この「宗派」の解説は、「和尚」の解説の一部です。
「宗派」を含む「和尚」の記事については、「和尚」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 08:57 UTC 版)

仏教」の記事における「宗派」の解説

釈迦以後インド本国では大別して部派仏教大乗仏教密教時代の変遷と共に起こった

※この「宗派」の解説は、「仏教」の解説の一部です。
「宗派」を含む「仏教」の記事については、「仏教」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 03:15 UTC 版)

カニシカ1世」の記事における「宗派」の解説

日本中国の仏教徒の記録ではカニシカ王大乗仏教支持していたとされるが、実際には大乗仏教カニシカ王の関係はあまり強くなかったらしい。アシュヴァゴーシャ残した作品などから、カニシカ王支持した仏教とは伝統的保守仏教、特に説一切有部であったといわれている。

※この「宗派」の解説は、「カニシカ1世」の解説の一部です。
「宗派」を含む「カニシカ1世」の記事については、「カニシカ1世」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 15:38 UTC 版)

グノーシス主義」の記事における「宗派」の解説

グノーシス主義は、エジプトシリアパレスティナ小アジアギリシアローマなどで興隆した「西方グノーシス主義」と、イランメソポタミアなどで成立した東方グノーシス主義」の二つ大きな宗派に分かれるこれらの宗派は、より多数の宗派に更に分岐するが、地理的な差異以外に救済思想神話構成おいても区別存在する

※この「宗派」の解説は、「グノーシス主義」の解説の一部です。
「宗派」を含む「グノーシス主義」の記事については、「グノーシス主義」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 05:47 UTC 版)

浄土真宗」の記事における「宗派」の解説

現在、真宗教団連合加盟10派ほか諸派分かれているが、宗全体としては、日本の仏教諸宗中、最も多くの寺院(約22000か寺)、信徒擁する所属寺院数は、開山廃寺により変動するため概数で表す。

※この「宗派」の解説は、「浄土真宗」の解説の一部です。
「宗派」を含む「浄土真宗」の記事については、「浄土真宗」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/11/07 02:40 UTC 版)

観音寺 (小牧市岩崎)」の記事における「宗派」の解説

元は別の宗派であったが、後に曹洞宗改めた

※この「宗派」の解説は、「観音寺 (小牧市岩崎)」の解説の一部です。
「宗派」を含む「観音寺 (小牧市岩崎)」の記事については、「観音寺 (小牧市岩崎)」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 08:44 UTC 版)

シク教」の記事における「宗派」の解説

特に重要な宗派として、以下の4つ挙げられている。 ニランカーリー(Nirankari) 19世紀起きた宗教改革運動起源有する運動を始めたダヤル・ダースは、瞑想重要性説きパンジャブ地方北西部勢力拡大した他のシク教徒異なりカールサー支持しないシク教経典基づいた誕生結婚死にまつわる儀式標準化大きな貢献をした。『シク教ニランカーリー派』『サント・ニランカーリー・ミッション』のページを参照。 アカンド・キールタニ・ジャタ(Akhand Kirtani Jatha) 20世紀初めに現れた。「ケスキ」という小さなターバンかぶっている。「キールタン」(讃美歌のようなもの)に重きを置いている。 ナームダーリー(Namdhari) 19世紀誕生した厳格な宗派で、神の名繰り返し唱えること以外のいかなる宗教儀式行わない。頭にターバンを巻くという特徴的なスタイル導入したまた、カールサーメンバーとしてのアイデンティティー強調している。他の宗派の人間とは結婚しない。 3HO(Healthy, Happy, Holy Organization) 1971年アメリカで設立女性にもターバン着用義務付けている。信者大半は白人アメリカ人で、瞑想とクンダリニー・ヨーガを重視している。クンダリニー・ヨーガはヒンドゥー教のものであり、シク教教義にはない。異端見る者もいる。

※この「宗派」の解説は、「シク教」の解説の一部です。
「宗派」を含む「シク教」の記事については、「シク教」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/23 07:55 UTC 版)

帽子 (衣体)」の記事における「宗派」の解説

真言宗嵯峨天皇が、厳寒期に、自ら着用している「衣の袖」を取り外し防寒用の襟巻き」として、空海下賜したことを起源とするという。その由からすれば、本来は、帽子の型は輪型であり、輪型を用い僧尼もあるが、半帽子マフラー型)が多い。防寒用であるため真言宗各宗派では、着用時期決まりがあるが、高野山内で住居する僧尼は衣体に限り年中着用」をしている場合があるまた、防寒用であるため秋期冬期にかけて高野山内、山外僧尼法会以外の日常で使うことも多い。 天台宗 日蓮宗 浄土宗 曹洞宗

※この「宗派」の解説は、「帽子 (衣体)」の解説の一部です。
「宗派」を含む「帽子 (衣体)」の記事については、「帽子 (衣体)」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 01:45 UTC 版)

上人」の記事における「宗派」の解説

上人号用いる名称が宗派によって定まっている宗派がある。 浄土宗では下の字に「誉」、浄土真宗では下の字に「如」(ただし本願寺などの法主に対して綸旨有無に関わらず上人号用いられていた)、時宗では下の字に「阿」、日蓮宗では上の字に「日」を用いるのがそれに該当する

※この「宗派」の解説は、「上人」の解説の一部です。
「宗派」を含む「上人」の記事については、「上人」の概要を参照ください。


宗派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 13:40 UTC 版)

朝鮮寺」の記事における「宗派」の解説

多くの朝鮮寺は、朝鮮および日本における仏教の宗派を名乗っている。朝鮮系では曹渓宗日本系では天台宗真言宗などの修験系が多い。前項示したような実際の寺院概観において、その朝鮮寺が属す宗派による違い存在しないこのように体系性、宗派性が低い事実とあわせ、朝鮮寺死者儀礼とも無関係であることがほとんどであり、現世利益祈祷仏教属すると考えられている。

※この「宗派」の解説は、「朝鮮寺」の解説の一部です。
「宗派」を含む「朝鮮寺」の記事については、「朝鮮寺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宗派」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

宗派

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:42 UTC 版)

名詞

しゅうは

  1. 同じ宗教の中で分派

発音(?)

しゅ↘ーは

「宗派」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



宗派と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宗派」の関連用語

宗派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宗派のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの和尚 (改訂履歴)、仏教 (改訂履歴)、カニシカ1世 (改訂履歴)、グノーシス主義 (改訂履歴)、浄土真宗 (改訂履歴)、観音寺 (小牧市岩崎) (改訂履歴)、シク教 (改訂履歴)、帽子 (衣体) (改訂履歴)、上人 (改訂履歴)、朝鮮寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宗派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS