おなじとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > おなじの意味・解説 

おな・じ【同じ】

[形シク《「おなし」とも》形容動詞「おなじ」に同じ。体言に続くときには連体形「おなじき」のほか、和文脈のものでは語幹「おなじ」がそのまま用いられることが多かった。

あしひきの山は無くもが月見れば—・じき里を心隔てつ」〈・四〇七六

「—・じ程、それより下﨟の更衣たちは」〈源・桐壺


おなじ【同じ】

《「おなし」とも》

【一】形動形容詞「おなじ」の形容動詞化》

別のものではなくそのものであるさま。同一である。「同じ学校卒業生」「行きと同じ船で帰る

二つ上のものの内容・状態などに区別がないさま。同様である。「収入支出が同じだ」「やってもやらなくても同じことだ」

[補説] 連体形に「おなじ」「おなじな」の二形がある。一般には「おなじ」の形が用いられるが、助詞「の」や「ので」「のに」などに続くときには「おなじな」の形が用いられる。「服装おなじなので、見分けがつきにくい」

【二】[副]多く「おなじ…なら」の形で)どうせ。どっちみち。「同じ買うなら安いほうがいい」

[用法] おなじ・ひとしい——「訪ねてきたのは昨日と同じ人だった」「彼のカバンは私のと同じだ」のように、人や物、あるいは種類性質などに相違点がない場合には「同じ」を用い、「等しい」とはいわない。◇これに対して児戯に等しい」「詐欺にも等し行為」など、異質のものでも状態・様子が互いに非常によく似ているときに、「等しい」が用いられる。◇「同じ(等しい)圧力加える」「AとBとは長さが同じ(等しい)」などのように物理的数量的に同一場合には相通じて用いられるが、物理学数学などでは多く等しい」を使う。


おなじ【同】

(「おなし」とも)

1⃣ 〔形動〕 (形容詞「おなじ」の語幹に「だ」が付いて形容動詞になったもの。「おなじな」は「同じなのだ」のような場合用いて体言に続く時には語幹「おなじ」が用いられる) =おなじ(同)〔形〕

法華経玄賛平安中期点(950頃)「正に此(ここ)と同(おなシ)なり」

九月十四日の朝(1902)〈正岡子規〉「足の動かぬ事は前日と同じであるが」

2⃣ 〔副〕 (仮定の「なら」と呼応して用いられる。古くは「を」を伴って同様の意を表わす場合がある) どうせ。どっちみち

今昔1120頃か)二六「後(のち)の亡(ほろ)びも不苦(くるしからず)。同じ无(な)く成らむを、此(かく)て止(やみ)なむ」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「おなじ言ふのならお勢の居ない時だ」

[補注]形容詞シク活用「同じ」と形容動詞「同じ」は、体言に続く時の語形同一であり、その時用例文によって品詞区別しがたい。この辞典では「同じ+体言」の用例は、便宜上すべて形容詞「同じ」の項に収めた。


おなじ【同】

〔形シク〕 (「おなし」とも。体言に続くときには、「おなじ」と「おなじき」の二つ活用形用いられた)

一つのものが(時間経過状況違いにもかかわらず不変である。変わらない同一である。

万葉(8C後)一八・四〇七三月見れば於奈自(オナジ)国なり山こそば君があたりを隔てたりけれ」

万葉(8C後)一八・四〇七六あしひきの山は無くもが月見れば於奈自伎(オナジキ)里を心隔てつ」

二つ上の物事共通性持っている二つ上のものの動作、状態、程度などに違いがない。共通の様相状況呈する。同様である。

万葉(8C後)一五・三七七三「君がむた行かましものを於奈自(オナジ)こと後れて居れどよき事もなし

風姿花伝140002頃)五「久しく花のなからんは、いづれの風体をも知らぬにおなじかるべし」

③ (特に連体形用いて文脈先行する特定の部分指示する。前述の語を繰り返代わりに用いる。

今昔1120頃か)九「貞観七年と云ふ年、索胄、忽に死ぬ。同じき八年八月に至て」


おなじ

出典:『Wiktionary』 (2019/02/14 05:20 UTC 版)

語源

形容動詞

おなじじ】(しばしば、「おんなじ」と発音又は表記される)

  1. 全てにおいて全く異なるのない様子きわめてよくていること。
  2. 同一そのもの

用法

活用

ダ型活用
同じ-だ

類義語

対義語

関連語

副詞

  1. (「なら」「のであれば」「のだったら」などを伴って類似した複数行為様態について、その中で最も好まし特定の一つ選択するのが得策であるというニュアンスどうせ何にせよ

発音

四拍形容詞二類

平安時代
連用形)おな↗じ↘く
連体形)おなじ↗き↘ぃ
南北朝時代
連用形)お↘な↗じ↘く
連体形)おな↘じ↗き↘ぃ
室町時代以降
連用形)お↘なじく
連体形)おな↘じき

形容詞

おなじじ】(しばしば、「おなし」)

  1. 現代語形容動詞に同じ。

活用

シク活用
おな-じく

  • 画数:5
  • 音読み:ドウ
  • 訓読み:おなじ


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おなじ」の関連用語

おなじのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おなじのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおなじ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS