共和党とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 共和党の意味・解説 

きょうわ‐とう〔‐タウ〕【共和党】


共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 09:45 UTC 版)

共和党(きょうわとう)は世界各国でよく使われる政党名の一つ。共和主義者(君主国における君主制廃止論者)や、歴史のある共和国国家主義者、連邦国家の中央集権主義者、あるいはそれ以外の意味で使われることが多い。従って多くの場合保守政党に多い。




「共和党」の続きの解説一覧

共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 08:22 UTC 版)

ホレス・グリーリー」の記事における「共和党」の解説

1854年に共和党が新しく結成された時、グリーリーは「トリビューン」を非公式全国機関とし、多くのページ割いて奴隷制拡大奴隷権力戦った南北戦争前夜全国購読数30万部達した1860年アメリカ合衆国大統領選挙では、共和党の大統領候補指名争いミズーリ州の元ホイッグ党エドワード・ベイツ支持し、このことで古き理解者でありもう一人の候補者スワードとの結び付き弱まったグリーリーは、「トリビューン」を奴隷権力、すなわち奴隷所有者達によって連邦政府支配し由の推進阻害する陰謀と考えられるものに反対する指導的新聞にした。1861年脱退危機のとき、アメリカ連合国に対して強硬路線採った理論的には南部独立宣言できる同意したが、実際には権力を掴もうとする陰謀抱いた暴力的で、恥知らずでやけくそ少数者」がおり、脱退連邦権力潰さなければならない違法な陰謀であると言ったグリーリーは、戦争の間急進的共和党の立場に立ち、リンカーン中庸には反対した。1862年夏、「2千万人祈り」と題する論説書き南軍に対するより積極的な攻撃迅速な奴隷解放要求した1ヵ月後のリンカーンによる奴隷解放宣言には歓呼答えた1860年以後グリーリー次第に「トリビューン」の運営における支配力失い論説を書く回数減っていたが、1864年リンカーン再選可能性に付いて敗北主義表明し、その論説増刷されたときは国中反響起こった奇妙なことに1863年から1864年休戦政策追求しており、コパーヘッド(北部休戦論者)との論争巻き込まれアメリカ連合国との妥協可能性開いたリンカーン愕然としたが、南軍拒否するろうことしりながら、グリーリー休戦調停員指名して出し抜いた

※この「共和党」の解説は、「ホレス・グリーリー」の解説の一部です。
「共和党」を含む「ホレス・グリーリー」の記事については、「ホレス・グリーリー」の概要を参照ください。


共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/13 08:29 UTC 版)

1980年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「共和党」の解説

候補者: ジョン・バヤール・アンダーソン - イリノイ州下院議員 ハワード・ベーカー - テネシー州上院議員 ジョージ・H・W・ブッシュ - 元CIA長官共和党全国委員会議長 ジョン・コナリー - 元テキサス州知事 フィリップ・クレーン - イリノイ州下院議員 ロバート・ドール - カンザス州上院議員 ロナルド・レーガン - 元カリフォルニア州知事 選挙戦の序盤、党の推薦の候補は元CIA長官および共和党全国委員会議長ジョージ・ブッシュだった。しかしながら初期の討論右派新自由主義者ロナルド・レーガン経済問題についてブッシュ議論し有力候補として頭角あらわした。また選挙戦途中で、共和党では数少ないリベラル派」のアンダーソン予備選挙離脱独立系候補として大統領選出馬してしまう。

※この「共和党」の解説は、「1980年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「共和党」を含む「1980年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「1980年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 21:10 UTC 版)

2008年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「共和党」の解説

アイオワ州党員集会では一時泡沫候補思われていたハッカビー1位となったが、ニューハンプシャー州予備選挙ではマケイン勝利した。そして序盤選挙戦参加見送り大規模州であるフロリダ州から参戦するという奇策をとったジュリアーニフロリダ州惨敗し撤退すると、マケインロムニーハッカビーらを抑え勝利を重ね指名確定させた。

※この「共和党」の解説は、「2008年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「共和党」を含む「2008年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「2008年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/08 05:23 UTC 版)

2004年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「共和党」の解説

ジョージ・W・ブッシュ大統領副大統領候補者はディック・チェイニー副大統領

※この「共和党」の解説は、「2004年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「共和党」を含む「2004年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「2004年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 10:19 UTC 版)

1976年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「共和党」の解説

候補者: ジェラルド・R・フォード大統領 ロナルド・レーガンカリフォルニア州知事 フォードウォーターゲート事件無関係だったものの、辞任した前大統領ニクソン恩赦与えたことで事件首謀者同列見られることになってしまい、しかもフォード自身スピロ・アグニュー副大統領辞任に伴って1973年ニクソン任命されことから大統領選審判一度も経ず大統領に就任したという負い目重なった。またフォードは、ニクソンからデタント政策引き継いだものの、これも保守派反発招き1975年末頃レーガン大統領選名乗り挙げることになる。 フォード中道派支持取りまとめてレーガン対抗したものの、ニューハンプシャー州での予備選では僅差にまで追い込まれその後一部の州を除いてレーガン善戦許した結局のところフォード逃げ切り成功したものの、保守派への支持取り付けることもあって副大統領だったネルソン・ロックフェラー勇退させて、カンザス州選出の上院議ロバート・ドール副大統領候補選び本選挙臨んだ

※この「共和党」の解説は、「1976年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「共和党」を含む「1976年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「1976年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 19:56 UTC 版)

1968年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事における「共和党」の解説

候補者リチャード・ニクソン、元副大統領 ロナルド・レーガンカリフォルニア州知事 ネルソン・ロックフェラーニューヨーク州知事 ハロルド・スタッセン、元ミネソタ州知事 ジョージ・ロムニーミシガン州知事選挙戦から撤退ジェイムズ・ローズオハイオ州知事正式な立候補はせず) 党の有力者多く様々な問題抱えていた。リチャード・ニクソン副大統領共和党員の間での待望論が強かったが、一般に1962年カリフォルニア州知事選挙での敗北政治生命絶たれたと考えられていた。ネルソン・ロックフェラーニューヨーク州知事は、自らの離婚人気を失っていた。また前回の候補者、バリー・ゴールドウォーター上院議員前回選挙での惨敗により、再び候補者として名を挙げられることはなかった。こうした中で、ジョージ・ロムニーミシガン州知事が、ビジネス界での成功知事として高い評価背景最有力候補となった。しかし、ベトナム戦争を巡る彼の発言適切さ欠いたことから支持失い撤退余儀なくされた。イリノイ州選出チャールズ・パーシー上院議員、ジョン・リンゼイニューヨーク市長らの名も挙げられたが、立候補表明しなかった。ロムニー撤退後立候補表明をしていたニクソンレーガン候補急遽立候補表明したロックフェラー三人有力候補争ったが、終始ニクソンリードした8月5日から8日にかけてフロリダ州マイアミビーチ開かれた党大会において、ニクソン1回投票で候補者に指名され復活遂げた副大統領候補としては、ロムニー指名争ったロックフェラーレーガン取り沙汰されたほか、ジェラルド・フォード下院院内総務リンゼー公式に推薦した。しかし、ニクソンはこれら大物候補ではなく、全国的に無名のスピロ・アグニューメリーランド州知事副大統領候補選んだ

※この「共和党」の解説は、「1968年アメリカ合衆国大統領選挙」の解説の一部です。
「共和党」を含む「1968年アメリカ合衆国大統領選挙」の記事については、「1968年アメリカ合衆国大統領選挙」の概要を参照ください。


共和党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 17:02 UTC 版)

2022年一般教書演説」の記事における「共和党」の解説

アイオワ州知事キム・レイノルズ一般教書演説に対する共和党からの反論演説行った彼女はアフガニスタンからのアメリカ軍の撤退英語版)とロシアのウクライナ侵攻言及した彼女はまたバイデン外交政策へのアプローチを「少なすぎる少なすぎる」と批判した国内政策に関して彼女は高いインフレ率批判した彼女はさらにマスク着用義務英語版)やアメリカにおけるCOVID-19パンデミックに対する民主党の対応を批判した彼女はアイオワ州知事として自信の州がいち早く学校再開したことを紹介した彼女はバイデン国境政策英語版)も批判した

※この「共和党」の解説は、「2022年一般教書演説」の解説の一部です。
「共和党」を含む「2022年一般教書演説」の記事については、「2022年一般教書演説」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「共和党」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

共和党

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 07:42 UTC 版)

名詞

共和 きょうわとう

  1. 共和主義実現目標とした政党

翻訳


「共和党」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

共和党のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共和党のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共和党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホレス・グリーリー (改訂履歴)、1980年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、2008年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、2004年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、1976年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、1968年アメリカ合衆国大統領選挙 (改訂履歴)、2022年一般教書演説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの共和党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS