シクとは? わかりやすく解説

し‐く

過去助動詞「き」のク語法》…たこと。

住吉(すみのえ)の名児(なご)の浜辺(はまへ)に馬立てて玉拾(ひり)ひ―常忘らえず」〈万・一一五三〉

[補説] 「水たま依網(よさみ)の池にぬなは繰り延(は)へけく知らに」〈応神紀・歌謡〉のように「けく」となることもあり、「しく」の古形ともいわれる


し‐く【四句】

読み方:しく

偈(げ)のこと。四つの句からなるところからいう。


し‐く【四苦】

読み方:しく

仏語人間のもつ、四つ根元的な苦悩生・老・病・死


し・く【如く/若く/及く】

読み方:しく

[動カ五(四)

同じ程度能力価値などをもつ。匹敵する多く、あとに打消し反語表現伴って用いる。「実力では彼に―・く者はいない」

追いつく到達する

吾が愛妻(はしづま)にい―・き会はむかも」〈記・下・歌謡


し‐く【市区】

読み方:しく

市と区。

市街区画。「―改正


し・く【敷く/布く/領く/×藉く】

読み方:しく

[動カ五(四)

一面に平らに広げる。「絨毯(じゅうたん)を―・く」

一面に平らに並べたり、まき散らしたりする。「畳を―・く」「玉砂利を―・く」

物を載せるために平らにして下に置く下に当てる。「座布団を―・く」

下に押さえつける。「女房の尻に―・かれる」

設置する敷設する。「鉄道を―・く」

配置をする。「厳重な捜査網を―・く」「背水の陣を―・く」

隅々まで行き渡らせる。「箝口令(かんこうれい)を―・く」

広く行き渡る一面に広がる。「名望天下に―・く」「松葉散り―・く古庭」

力を広く及ぼす。治める。

天皇(すめろき)の―・きます国の」〈四一二二

[可能] しける

「敷く」に似た言葉

し・く【化く】

読み方:しく

[動カ下二「しけ(時化)る」の文語形


し‐く【死句】

読み方:しく

仏語修行者まちがった精神から、生かして用いられなかった語句。⇔活句

俳諧などで、言葉表されない味わいのない句。余情のない句。⇔活句


し‐く【死苦】

読み方:しく

死ぬときの苦しみまた、死ぬような苦しみ

仏語四苦の一。人間免れることのできない死苦しみ


し‐く【詩句】


し・く【頻く】

読み方:しく

[動カ四]動作繰り返される度重なって起こる。

住吉(すみのえ)の岸の浦廻(うらみ)に―・く波のしばしば妹を見むよしもがも」〈万・二七三五〉


四衢

読み方:シク(shiku)

四方に通じ道路


シク

東京方言意味・用例
シク宿

シク

名前 ShikSikŠik

志久

読み方:シク(shiku)

所在 埼玉県(埼玉新都市交通伊奈線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

シク教

(シク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/01 09:46 UTC 版)

シク教(シクきょう、パンジャブ語: ਸਿੱਖੀ Sikkhī, スィッキー)は、15世紀末グル・ナーナクインドで始めた宗教スィク教スィック教、あるいはシーク教とも呼ぶ。スィクはサンスクリット語の「シクシャー」に由来する語で、弟子を意味する。それにより教徒達はグル・ナーナクの弟子であることを表明している(グルとは導師または聖者という意味である)。


  1. ^ a b 【世界発2019】シーク教の巡礼道 印パに新たな火種/パキスタン側へ4キロ ビザ不要/着工式の独立派リーダー インドは「策謀だ」朝日新聞』朝刊2019年1月10日(国際面)2019年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g ネズビット 2006, pp. 66–71.
  3. ^ Sikhism - Sects and other groups - Encyclopædia Britannica
  4. ^ Religion demographics: 2011 Census, Office of the Registrar General & Census Commissioner, Ministry of Home Affairs, Government of India
  5. ^ Census 2016, Community Profile (Australia). Australian Bureau of Statistics. Accessed 08 July 2017.
  6. ^ UN census data”. 2019年4月20日閲覧。
  7. ^ Largest Sikh Populations Retrieved March 23, 2018
  8. ^ Canada, Government of Canada, Statistics. “The Daily — 2011 National Household Survey: Immigration, place of birth, citizenship, ethnic origin, visible minorities, language and religion”. www.statcan.gc.ca. 2019年4月20日閲覧。
  9. ^ Sikher fejrer guru - i Vanløse” (2004年9月6日). 2019年4月20日閲覧。
  10. ^ Religion - Fiji Bureau of Statistics”. www.statsfiji.gov.fj. 2019年4月20日閲覧。
  11. ^ "Mitgliederzahlen: Sonstige", in: Religionswissenschaftlicher Medien- und Informationsdienst|Religionswissenschaftliche Medien- und Informationsdienst e. V. (Abbreviation: REMID), Retrieved 17 May 2017
  12. ^ A gurdwara in Kranidi by Athens News Archived 2007-05-15 at the Wayback Machine. and 6 others including in Tavros, Athens, Oropos, Inofita, Thiva, Kriti, etc.
  13. ^ Census of India Website : Office of the Registrar General & Census Commissioner, India”. 2015年2月14日閲覧。
  14. ^ UNHCR 2009 Report on International Religious Freedom- Indonesia”. 2015年2月11日閲覧。
  15. ^ Gurdwara in Tehran that thrives on local support” (2012年8月26日). 2014年11月26日閲覧。
  16. ^ Login”. 2015年2月14日閲覧。
  17. ^ NRI Sikhs in Italy”. 2015年2月14日閲覧。
  18. ^ Johnson, Todd M.; Barrett, David B. (2004). “Quantifying alternate futures of religion and religions”. Futures 36 (9): 947–960. doi:10.1016/j.futures.2004.02.009. 
  19. ^ Kuwait”. U.S. Department of State. 2015年2月14日閲覧。
  20. ^ overseasindian.in”. 2016年2月1日閲覧。
  21. ^ Sikh Population of Nepal”. 2019年4月20日閲覧。
  22. ^ 2013 Census QuickStats about culture and identity”. 2016年2月1日閲覧。
  23. ^ Pak NGO to resolve issues of Sikh community - Times of India”. 2019年4月20日閲覧。
  24. ^ Punjabi community involved in money lending in Philippines braces for 'crackdown' by new President” (2016年5月18日). 2019年4月20日閲覧。
  25. ^ 2011 Gurdwara Philippines: Sikh Population of the Philippines”. 2011年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月11日閲覧。
  26. ^ International Religious Freedom Report for 2006: Thailand”. Bureau of Democracy, Human Rights and Labor. 2015年9月12日閲覧。
  27. ^ United Nations Table 9: Population by religion, sex and urban/rural residence”. Office for National Statistics (2015年1月21日). 2017年5月25日閲覧。
  28. ^ Learn About Sikhs”. SALDEF. SALDEF. 2017年8月28日閲覧。
  29. ^ 「世界地誌シリーズ5 インド」p89 友澤和夫編 2013年10月10日初版第1刷 朝倉書店
  30. ^ a b 『シク教』 p107-108 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  31. ^ 『シク教』p40 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  32. ^ 『シク教』p62 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  33. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p250 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  34. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p288 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  35. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p347 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  36. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)付録p44 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  37. ^ 『シク教』 p81-84 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  38. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p423 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  39. ^ a b 「インド現代史1947-2007 上巻」p153 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1冊
  40. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p430-431 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  41. ^ 板倉和裕、「インドの制憲政治とB・R・アンベードカル -指定カースト留保議席導入をめぐる政治過程を中心に-」 『南アジア研究』 2014年 2014巻 26号 p.46-72, doi:10.11384/jjasas.2014.46
  42. ^ 「インド現代史1947-2007 上巻」p287 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1冊
  43. ^ 『シク教』 p101 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社
  44. ^ a b 「世界地誌シリーズ5 インド」p5 友澤和夫編 2013年10月10日初版第1刷 朝倉書店
  45. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p241 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  46. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p242 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  47. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p247 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  48. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p255 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  49. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p259-261 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  50. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p267-268 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  51. ^ a b 「インド現代史1947-2007 下巻」p337 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  52. ^ 印パ、「回廊」建設工事開始”. 共同通信社 (2018年11月29日). 2019年1月16日閲覧。
  53. ^ 京都新聞2020年1月26日朝刊


「シク教」の続きの解説一覧

「シク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シク」の関連用語

シクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2022 東京方言辞典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシク教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS