シクとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > シクの意味・解説 

四衢

読み方:シク(shiku)

四方通じ道路


シク

東京方言意味・用例
シク宿

シク

名前 ShikSikŠik

志久

読み方:シク(shiku)

所在 埼玉県(埼玉新都市交通伊奈線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

シク教

(シク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 13:14 UTC 版)

シク教(シクきょう、パンジャブ語: ਸਿੱਖੀ)は、16世紀グル・ナーナクインドで始めた宗教スィク教スィック教、あるいはシーク教とも呼ぶ。シク(スィク)とはサンスクリット語の「シシュヤ」に由来する語で、弟子を意味する。それにより教徒達はグル・ナーナクの弟子であることを表明している(グルとは導師または聖者という意味である)。


  1. ^ a b 【世界発2019】シーク教の巡礼道 印パに新たな火種/パキスタン側へ4キロ ビザ不要/着工式の独立派リーダー インドは「策謀だ」朝日新聞』朝刊2019年1月10日(国際面)2019年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g ネズビット 2006, pp. 66-71.
  3. ^ http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.realsikhism.com%2Findex.php%3Fsubaction%3Dshowfull%26id%3D1192221028%26ucat%3D7&wb_lp=ENJA
  4. ^ [1] - Encyclopædia Britannica
  5. ^ Religion demographics: 2011 Census, Office of the Registrar General & Census Commissioner, Ministry of Home Affairs, Government of India
  6. ^ Census 2016, Community Profile (Australia). Australian Bureau of Statistics. Accessed 08 July 2017.
  7. ^ UN census data”. 2019年4月20日閲覧。
  8. ^ Largest Sikh Populations Retrieved March 23, 2018
  9. ^ Canada, Government of Canada, Statistics. “The Daily — 2011 National Household Survey: Immigration, place of birth, citizenship, ethnic origin, visible minorities, language and religion”. www.statcan.gc.ca. 2019年4月20日閲覧。
  10. ^ Sikher fejrer guru - i Vanløse” (2004年9月6日). 2019年4月20日閲覧。
  11. ^ Religion - Fiji Bureau of Statistics”. www.statsfiji.gov.fj. 2019年4月20日閲覧。
  12. ^ "Mitgliederzahlen: Sonstige", in: Religionswissenschaftlicher Medien- und Informationsdienst|Religionswissenschaftliche Medien- und Informationsdienst e. V. (Abbreviation: REMID), Retrieved 17 May 2017
  13. ^ A gurdwara in Kranidi by Athens News Archived 2007-05-15 at the Wayback Machine. and 6 others including in Tavros, Athens, Oropos, Inofita, Thiva, Kriti, etc.
  14. ^ Census of India Website : Office of the Registrar General & Census Commissioner, India”. 2015年2月14日閲覧。
  15. ^ UNHCR 2009 Report on International Religious Freedom- Indonesia”. 2015年2月11日閲覧。
  16. ^ Gurdwara in Tehran that thrives on local support” (2012年8月26日). 2014年11月26日閲覧。
  17. ^ Login”. 2015年2月14日閲覧。
  18. ^ NRI Sikhs in Italy”. 2015年2月14日閲覧。
  19. ^ Johnson, Todd M.; Barrett, David B. (2004). “Quantifying alternate futures of religion and religions”. Futures 36 (9): 947–960. doi:10.1016/j.futures.2004.02.009. 
  20. ^ Kuwait”. U.S. Department of State. 2015年2月14日閲覧。
  21. ^ overseasindian.in”. 2016年2月1日閲覧。
  22. ^ Sikh Population of Nepal”. 2019年4月20日閲覧。
  23. ^ 2013 Census QuickStats about culture and identity”. 2016年2月1日閲覧。
  24. ^ Pak NGO to resolve issues of Sikh community - Times of India”. 2019年4月20日閲覧。
  25. ^ Punjabi community involved in money lending in Philippines braces for 'crackdown' by new President” (2016年5月18日). 2019年4月20日閲覧。
  26. ^ 2011 Gurdwara Philippines: Sikh Population of the Philippines”. 2011年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月11日閲覧。
  27. ^ International Religious Freedom Report for 2006: Thailand”. Bureau of Democracy, Human Rights and Labor. 2015年9月12日閲覧。
  28. ^ United Nations Table 9: Population by religion, sex and urban/rural residence”. Office for National Statistics (2015年1月21日). 2017年5月25日閲覧。
  29. ^ Learn About Sikhs”. SALDEF. SALDEF. 2017年8月28日閲覧。
  30. ^ 「世界地誌シリーズ5 インド」p89 友澤和夫編 2013年10月10日初版第1刷 朝倉書店
  31. ^ 『シク教』 p107-108 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  32. ^ 『シク教』p40 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  33. ^ 『シク教』p62 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  34. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p250 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  35. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p288 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  36. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p347 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  37. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)付録p44 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  38. ^ 『シク教』 p81-84 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  39. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p423 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  40. ^ 「インド現代史1947-2007 上巻」p153 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1冊
  41. ^ 「南アジア史」(新版世界各国史7)p430-431 辛島昇編 山川出版社 2004年3月30日1版1刷発行
  42. ^ 板倉和裕、「インドの制憲政治とB・R・アンベードカル -指定カースト留保議席導入をめぐる政治過程を中心に-」 『南アジア研究』 2014年 2014巻 26号 p.46-72, doi:10.11384/jjasas.2014.46
  43. ^ 「インド現代史1947-2007 上巻」p153 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1冊
  44. ^ 「インド現代史1947-2007 上巻」p287 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1冊
  45. ^ 『シク教』 p101 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社
  46. ^ 「世界地誌シリーズ5 インド」p5 友澤和夫編 2013年10月10日初版第1刷 朝倉書店
  47. ^ 「世界地誌シリーズ5 インド」p5 友澤和夫編 2013年10月10日初版第1刷 朝倉書店
  48. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p241 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  49. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p242 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  50. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p247 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  51. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p255 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  52. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p259-261 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  53. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p267-268 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  54. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p337 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  55. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p337 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  56. ^ 『シク教』 p107-108 グリンダル・シン・マン著、保坂俊司訳 春秋社 2007年2月28日第1刷
  57. ^ 印パ、「回廊」建設工事開始”. 共同通信社 (2018年11月29日). 2019年1月16日閲覧。


「シク教」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シク」の関連用語

シクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2019 東京方言辞典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシク教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS