インド憲法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > インド憲法の意味・解説 

インド憲法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/27 01:27 UTC 版)

インド憲法(インドけんぽう、英語: Constitution of Indiaヒンディー語: भारतीय संविधान)は、第二次世界大戦後インド憲法


  1. ^ 指定地区とは州の中にあり、連邦に管理され、支配的な指定部族が居住する自治地区である。
  2. ^ 指定部族 (Scheduled Tribes) とは、憲法に定義された原住民の部族のことである。
  1. ^ Pylee, M.V. (1997). India's Constitution. S. Chand & Co.. pp. 3. ISBN 812190403X 
  2. ^ Constitution of India”. Ministry of Law and Justice of India (July, 2008). 2008年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c d THE CONSTITUTION (AMENDMENT) ACTS”. India Code Information System. Ministry of Law, Government of India. 2010年7月14日閲覧。
  4. ^ 現在では、全文、全486か条、および12の附則で構成されている(第92次改正現在)。(孝忠延夫「世界「最大」の憲法つくり、育むインドの人々」/ 広瀬崇子・近藤正規・井上恭子・南埜猛編著『現代インドを知るための60章』明石書店 2007年 43ページ)
  5. ^ Introduction to Constitution of India”. Ministry of Law and Justice of India (2008年7月29日). 2008年10月14日閲覧。
  6. ^ Forty-Second Amendment to the Constitution”. Ministry of Law and Justice of fishys (1976年8月28日). 2008年10月14日閲覧。
  7. ^ a b Das, Hari (2002). Political System of India. Anmol Publications. pp. 120. ISBN 8174886907 
  8. ^ Mansergh, Nicholas; Moon, Penderel (1977). The Transfer of Power 1942-7 .. Vol VII. Her Majesty's Stationery Office, London. ISBN 9780115800825 
  9. ^ Parliamentary Archives: HL/PO/1/595/11”. Parliament and India, 1858-1947. British Parliamentary Archives. 2008年10月15日閲覧。
  10. ^ 1947年7月15日、インド独立法がイギリス議会を通過し、同月18日に(イギリス-筆者)国王の承認を得た。(孝忠延夫「世界「最大」の憲法つくり、育むインドの人々」/ 広瀬崇子・近藤正規・井上恭子・南埜猛編著『現代インドを知るための60章』明石書店 2007年 43ページ)
  11. ^ a b The Constituent Assembly Debates (Proceedings):(9th December,1946 to 24 January 1950)”. The Parliament of India Archive. 2008年2月22日閲覧。
  12. ^ “インド最大野党が政権公約を公表、核政策見直しへ”. ロイター通信. (2014年4月7日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYEA3606020140407 2014年4月8日閲覧。 
  13. ^ “インド政府、ジャム・カシミール州の特別自治権を剥奪”. AFP通信. (2019年8月5日). https://www.afpbb.com/articles/-/3238581 2019年8月5日閲覧。 
  14. ^ “10月末にカシミール州消滅 インド、連邦政府直轄地に”. 共同通信. (2019年8月10日). https://this.kiji.is/532668908785927265 2019年8月10日閲覧。 
  15. ^ “インド、カシミール自治権撤廃 パキスタン・中国は反発”. 朝日新聞デジタル. (2019年8月7日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASM871PPCM87UHBI001.html?iref=sp_ss_date 2019年8月10日閲覧。 
  16. ^ Ahir, D.C. (1990). The legacy of Dr Ambedkar (10th ed.). South Asia Books. pp. 75–76. ISBN 978-8170186038 
  17. ^ http://ncrwc.nic.in/
  18. ^ Jain, M.P. (2010). Indian Constitutional Law. LexisNexis Butterworths Wadhwa Nagpur. pp. 921. ISBN 978-81-8038-621-3 


「インド憲法」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インド憲法」の関連用語

インド憲法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インド憲法のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインド憲法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS