パキスタンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > イスラム共和国 > パキスタンの意味・解説 

パキスタン【Pakistan】


パキスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/29 02:43 UTC 版)

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、ウルドゥー語: اسلامی جمہوریہ پاکِستان‎)、通称パキスタンは、南アジアに位置する連邦共和制国家である。東にインド、西にアフガニスタン、南西にイラン、北東に中華人民共和国国境を接している。北はアフガニスタンのワハーン回廊タジキスタンと狭く隔てられており、オマーンとも海上で国境を接している。首都はイスラマバード


注釈

  1. ^ 国連児童基金[ユニセフ]によると13万人が避難

出典

  1. ^ パキスタン・イスラム共和国基礎データ”. 外務省. 2018年11月5日閲覧。
  2. ^ Population”. CIA. 2022年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e World Economic Outlook Database”. IMF. 2021年10月25日閲覧。
  4. ^ Coningham, Robin; Young, Ruth (2015), The Archaeology of South Asia: From the Indus to Asoka, c. 6500 BCE – 200 CE, Cambridge University Press  Quote: ""Mehrgarh remains one of the key sites in South Asia because it has provided the earliest known undisputed evidence for farming and pastoral communities in the region, and its plant and animal material provide clear evidence for the ongoing manipulation, and domestication, of certain species.
  5. ^ Wright, Rita P. (2009), The Ancient Indus: Urbanism, Economy, and Society, Cambridge University Press, pp. 1–2, ISBN 978-0-521-57219-4, https://books.google.com/books?id=MG2ztAEACAAJ, "The Indus civilisation is one of three in the 'Ancient East' that, along with Mesopotamia and Pharaonic Egypt, was a cradle of early civilisation in the Old World (Childe, 1950). Mesopotamia and Egypt were longer lived, but coexisted with Indus civilisation during its florescence between 2600 and 1900 B.C. Of the three, the Indus was the most expansive, extending from today's northeast Afghanistan to Pakistan and India." 
  6. ^ Wynbrandt, James (2009). A Brief History of Pakistan. Infobase Publishing. ISBN 978-0-8160-6184-6. https://archive.org/details/briefhistoryofpa0000wynb 
  7. ^ Spuler, Bertold (1969). The Muslim World: a Historical Survey. Leiden: E.J. Brill. ISBN 90-04-02104-3 
  8. ^ Copland, Ian (2001), India, 1885-1947: The Unmaking of an Empire, Seminar Studies in History, Longman, ISBN 978-0-582-38173-5, https://books.google.com/books?id=Dw1uAAAAMAAJ  Quote: "However, the real turning point for the new Muslim League came with the general election of December 1945 and January 1946.
  9. ^ Talbot, Ian (2016), A History of Modern South Asia: Politics, States, Diasporas, Yale University Press, pp. 227–240, ISBN 978-0-300-21659-2, https://books.google.com/books?id=sXsmCwAAQBAJ 
  10. ^ Pakistani parties to share power”. BBC News (2008年3月9日). 2022年4月9日閲覧。
  11. ^ 2022 Military Strength Ranking”. Global Fire Power. 2022年12月18日閲覧。
  12. ^ Pakistan has 18th largest 'middle class' in the world: report”. The Express Tribune (2015年10月16日). 2022年4月9日閲覧。
  13. ^ Iqbal (2015年11月8日). “Pakistan an emerging market economy: IMF”. www.dawn.com. 2016年2月27日閲覧。
  14. ^ Mathew Joseph C. (2016). Understanding Pakistan: Emerging Voices from India. Taylor & Francis. p. 337. ISBN 978-1-351-99725-6. https://books.google.com/books?id=6iUlDwAAQBAJ&pg=PA337 
  15. ^ Raverty, Henry George. A Dictionary of Pashto. http://dsalsrv02.uchicago.edu/cgi-bin/philologic/getobject.pl?c.0:1:1478.raverty 
  16. ^ Monier-Williams Sanskrit Dictionary” (1872年). 2015年4月28日閲覧。
  17. ^ Choudhary Rahmat Ali (1933年1月28日). “Now or never: Are we to live or perish for ever?”. Columbia University. 2007年12月4日閲覧。
  18. ^ Choudhary Rahmat Ali (28 January 1933). Now or Never. Are we to live or perish forever?. http://en.wikisource.org/wiki/Now_or_Never;_Are_We_to_Live_or_Perish_Forever%3F. 
  19. ^ S. M. Ikram (1995). Indian Muslims and partition of India. Atlantic Publishers & Dist. p. 177. ISBN 978-81-7156-374-6. https://books.google.com/books?id=7q9EubOYZmwC&pg=PA177 2011年12月23日閲覧. "These sentiments were presented on behalf of our thirty million Muslim brethren who live in Pakistan, by which we mean the five northern units of India, viz. Punjab, North-West Frontier Province, Kashmir, Sind and Baluchistan (Pakistan—land of the pure—was later adopted as the name of the new Muslim state, and spelled as Pakistan)." 
  20. ^ Rahmat Ali. “Rahmat Ali ::Now or Never”. The Pakistan National Movement. p. 2. 2011年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月14日閲覧。
  21. ^ Roderic H. Davidson (1960). “Where is the Middle East?”. Foreign Affairs 38 (4): 665–675. doi:10.2307/20029452. JSTOR 20029452. https://semanticscholar.org/paper/b0f99025d232494803f84f1a4578d7a11dcf1be2. 
  22. ^ NATO部隊ヘリが越境攻撃、パキスタン兵24人死亡 朝日新聞 2011年11月26日
  23. ^ パキスタン:NATO軍ヘリ越境誤爆 パキスタン対決姿勢 軍部が発言力強化 毎日新聞 2011年11月28日
  24. ^ パキスタン最高裁、首相を法廷侮辱罪で起訴 AFPBB News, 2012年2月13日
  25. ^ パキスタン:PTIが116議席、第1党 2議席除き発表”. 毎日新聞. 2022年4月10日閲覧。
  26. ^ パキスタンのカーン首相失職、不信任案可決”. AFPBB News. 2022年4月10日閲覧。
  27. ^ “パキスタン新首相にシャバズ・シャリフ氏 経済危機に対応へ”. 時事通信社. (2022年4月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022041101010&g=int 
  28. ^ パキスタンのテロとの闘い (PDF) - 防衛省防衛研究所
  29. ^ 進藤雄介『タリバンの復活―火薬庫化するアフガニスタン』花伝社、2008年、200頁、ISBN 9784763405302
  30. ^ Opinion: «Armenia can block the cooperation between Pakistan and the EEU»” (ロシア語). Rusarminfo. 2021年3月26日閲覧。
  31. ^ パキスタンによる地下核実験の実施(我が国の対応:クロノロジー)”. 日本外務省. 2013年1月13日閲覧。
  32. ^ “パキスタン ムシャラフ元大統領「インドに核使用を検討」/02年、両国関係緊張の事態受け「報復を恐れ断念」”. 毎日新聞ニュース. (2017年7月26日). https://mainichi.jp/articles/20170727/k00/00m/030/089000c 
  33. ^ “Exercise SCO Peace Mission 2018 formally kick-starts today”. Devdiscourse. (2018年8月24日). https://www.devdiscourse.com/Article/133505-exercise-sco-peace-mission-2018-formally-kick-starts-today 2019年2月28日閲覧。 
  34. ^ “Pakistan, India take part in SCO’s anti-terror drill”. The Nation. (2018年8月20日). https://nation.com.pk/20-Aug-2018/pakistan-india-take-part-in-sco-s-anti-terror-drill 2019年2月28日閲覧。 
  35. ^ 進藤雄介『タリバンの復活―火薬庫化するアフガニスタン』花伝社、2008年、ISBN 9784763405302
  36. ^ 進藤雄介『タリバンの復活―火薬庫化するアフガニスタン』花伝社、2008年、206-214頁、ISBN 9784763405302
  37. ^ 進藤雄介『タリバンの復活―火薬庫化するアフガニスタン』花伝社、2008年、210-211頁、ISBN 9784763405302
  38. ^ Lacey, Robert (2009). Inside the Kingdom: Kings, Clerics, Modernists, Terrorists, and the Struggle for Saudi Arabia. Viking. p. 294. Saudi Arabia's closest Muslim ally, Pakistan
  39. ^ https://www.dawn.com/news/1463802
  40. ^ Christophe Jaffrelot (12 April 2016). Pakistan at the Crossroads: Domestic Dynamics and External Pressures. Columbia University Press. pp. 307–. ISBN 978-0-231-54025-4.
  41. ^ Freeman, Colin; Khan, Taimur (March 13, 2017). "Pakistan in talks with Saudi Arabia to send combat troops to protect the kingdom". The National.
  42. ^ Al J. Venter (2007). Allah's Bomb: The Islamic Quest for Nuclear Weapons. Globe Pequot. pp. 150–53. ISBN 1-59921-205-6.
  43. ^ https://www.geo.tv/latest/135494-Pakistan-allows-General-Retd-Raheel-Sharif-to-lead-Saudi-led-military-alliance
  44. ^ “中国国家主席の専用機を戦闘機8機がエスコート”. ギズモード. (2015年4月23日). https://www.gizmodo.jp/2015/04/8_38.html 2019年2月27日閲覧。 
  45. ^ “動画:アジア歴訪中のサウジ皇太子の搭乗機、パキスタン上空で空軍戦闘機がエスコート”. AFPBB. (2019年2月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3211792 2019年2月24日閲覧。 
  46. ^ “Saudi Crown Prince Signs $20B in Investment Deals in Pakistan”. ボイス・オブ・アメリカ. (2019年2月18日). https://www.voanews.com/a/saudi-crown-prince-set-to-begin-historic-pakistan-visit/4790600.html 2019年2月24日閲覧。 
  47. ^ “サウジ皇太子、中国に急接近 対米「共同戦線」の思惑”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2019年2月23日). https://jp.wsj.com/articles/SB11830615849198453656404585140260626424610 2019年2月24日閲覧。 
  48. ^ What’s behind the growing Azerbaijan-Pakistan-Turkey friendship?” (英語). What’s behind the growing Azerbaijan-Pakistan-Turkey friendship?. 2021年10月12日閲覧。
  49. ^ Azerbaijan to host Turkey, Pakistan for joint military drills”. The Express Tribune (2021年9月12日). 2021年10月12日閲覧。
  50. ^ Pakistani nuclear scientist's accounts tell of Chinese proliferation
  51. ^ Kan, Shirley A. (2009). "§A.Q. Khan's nuclear network". China and Proliferation of Weapons of Mass Destruction and Missiles: Policy issues. Washington, DC: Congressional Research Service (CRS): Congressional Research Service (CRS). pp. 5–6.
  52. ^ “Pakistani nuclear scientist's accounts tell of Chinese proliferation”. ワシントン・ポスト. (2009年11月12日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/11/12/AR2009111211060_2.html?sid=ST2009111300578&noredirect=on 
  53. ^ China marks 70th V-Day anniversary with spectacular parade
  54. ^ “Gen Raheel says army will turn CPEC dream into reality”. Pakistan Today. (2016年2月19日). https://www.pakistantoday.com.pk/2016/02/19/gen-raheel-says-army-will-turn-cpec-dream-into-reality/ 2018年8月21日閲覧。 
  55. ^ 『日本経済新聞』朝刊2016年11月20日「日曜に考えるグローバル/パキスタン 親中路線 不安の声も」
  56. ^ ロシア軍がパキスタンの部族地域を訪問、米印接近で関係強化”. 産経新聞ニュース(2017年3月31日). 2017年8月18日閲覧。
  57. ^ 途上国支援を行うアメリカ国際開発局報告書に基づく
  58. ^ a b パキスタン、洪水死者1100人超 国土の3分の1水没”. 2022年8月30日閲覧。
  59. ^ パキスタン洪水、経済損失は初期試算で100億ドル超=計画開発相”. 2022年8月30日閲覧。
  60. ^ アジア開発銀行 Poverty in Asia and the Pacific: An Update Archived 2015年3月18日, at the Wayback Machine.
  61. ^ 「パキスタン中間層410万円 世帯所得伸び消費けん引/中国とのインフラ事業も追い風」『日経産業新聞』2017年1月11日(4面)
  62. ^ 2009-2010年度ジェトロ輸出統計
  63. ^ スズキのパキスタン工場が四輪車生産累計100万台を達成”. スズキ (2009年8月3日). 2018年3月28日閲覧。
  64. ^ トヨタ、パキスタンで生産累計50万台を達成”. トヨタ自動車 (2012年11月5日). 2018年3月28日閲覧。
  65. ^ パキスタンで四輪車生産累計30万台を達成”. ホンダ (2016年). 2018年3月28日閲覧。
  66. ^ 日産、パキスタンで生産販売再開へ 「ダットサン」20年初め投入”. ロイター通信社 (2018年3月28日). 2018年3月28日閲覧。
  67. ^ Pakistani Culture
  68. ^ 多民族国家パキスタンの歴史観と国民像:学校教育において共有される言説の事例を通して 2022年3月2日閲覧。
  69. ^ ニーズに柔軟に対応し、広く学習機会を提供 パキスタン - 国際協力機構. 2022年3月2日閲覧。
  70. ^ パキスタン 危険・スポット・広域情報 海外安全ホームページ
  71. ^ a b c “「少年を見た」娘、母親が酸を浴びせて死なす パキスタン”. AFPBB News. (2012年11月6日). https://www.afpbb.com/articles/-/2910984?pid=9767884 2018年4月29日閲覧。 
  72. ^ 婚前交渉疑い、電気ショックで殺害 パキスタンで横行する「名誉殺人」の恐怖 産経ニュース
  73. ^ パキスタンの「名誉殺人」、新法施行後も続く AFP通信
  74. ^ パキスタンの「名誉殺人」、新法施行後も続く 2ページ目 AFP通信
  75. ^ 【意外な大国パキスタン(下)】“禁酒の国”でも生産 名門ビール工場訪問記 2018年7月14日 NNA ASIA
  76. ^ The Greatest Cricketer of All Time – your votes revealed! BBC. 2020年6月15日閲覧。
  77. ^ Sacramento Republic FC Sacramento Republic FC Sign Forward Kaleemullah”. Sacramento Republic FC (2015年6月18日). 2015年10月9日閲覧。(英語)



パキスタン(2009年凍結、2014年復活)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:16 UTC 版)

世界の死刑制度の現状」の記事における「パキスタン(2009年凍結2014年復活)」の解説

パキスタンは死刑存置国であり、2014年6月、スイス・ジュネーブで開催され国連人権理事会会合において提出された「死刑制度のある国に死刑囚権利保護求め決議案」に日本中国インドサウジアラビアなどとともに反対するなど死刑維持姿勢取っているが、一方で2009年以降国法上の死刑執行自体凍結していた。 しかし2014年12月北西部ペシャワルで軍が運営する学校イスラム過激派反政府武装勢力パキスタン・タリバーン運動TTP)」が襲撃し教師児童・生徒140名以上が殺害されるテロ事件起こったことを受け、ナワーズ・シャリーフ首相死刑執行凍結措置の解除承認指示し過激派に対し厳しく対処する姿勢打ち出したサウジアラビア同様、預言者ムハンマド侮辱した場合冒涜罪で死刑となるが、法定刑はパキスタンの方厳格である

※この「パキスタン(2009年凍結、2014年復活)」の解説は、「世界の死刑制度の現状」の解説の一部です。
「パキスタン(2009年凍結、2014年復活)」を含む「世界の死刑制度の現状」の記事については、「世界の死刑制度の現状」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パキスタン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パキスタン

出典:『Wiktionary』 (2020/05/10 15:03 UTC 版)

固有名詞

  1. 南アジアにある正式名称パキスタン・イスラム共和国首都イスラマバード

翻訳

関連語


「パキスタン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



パキスタンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「パキスタン」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パキスタン」の関連用語

パキスタンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パキスタンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパキスタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの世界の死刑制度の現状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパキスタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS