モーリシャスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 島国 > モーリシャスの意味・解説 

モーリシャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 19:19 UTC 版)

モーリシャス共和国(モーリシャスきょうわこく)、通称モーリシャスは、イギリス連邦加盟国の1つで、首都はポートルイスと定められている。インド洋マスカレン諸島に位置する共和国ながら、アフリカの国家の1つに数えられている。民族構成は多様だが、19世紀にサトウキビ農園の労働力として移入されたインド系住民が過半数を占める。




  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2019” (英語). IMF (2019年10月). 2020年5月10日閲覧。
  2. ^ 『秘境国 まだ見たことのない絶景』パイインターナショナル、2011年、19頁。ISBN 978-4-7562-4124-5
  3. ^ 「モーリシャス」p.824、p.825 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  4. ^ 「モーリシャス」p.825 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  5. ^ 「モーリシャス」p.825 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  6. ^ 「民主主義対民主主義 多数決型とコンセンサス型の36カ国比較研究(原著第2版)」p45 アレンド・レイプハルト著 粕谷祐子・菊池啓一訳 勁草書房 2014年6月20日原著第2版第1刷発行
  7. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.580、朝倉書店 ISBN 4254166621
  8. ^ 日本の貨物船から燃料流出 モーリシャスが「環境非常事態」を宣言”. BBC. 2020年8月20日閲覧。
  9. ^ モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト” (日本語). www.newsweekjapan.jp (2020年8月10日). 2020年8月20日閲覧。
  10. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.580、朝倉書店 ISBN 4254166621
  11. ^ 「モーリシャスの脱植民地化とインド系移民」p.334 脇村孝平(「脱植民地化とイギリス帝国 」(イギリス帝国と20世紀 第4巻所収) 北川勝彦編著 2009年6月30日初版第1刷 ミネルヴァ書房
  12. ^ 「モーリシャスの脱植民地化とインド系移民」p.333 脇村孝平(「脱植民地化とイギリス帝国 」(イギリス帝国と20世紀 第4巻所収) 北川勝彦編著 2009年6月30日初版第1刷 ミネルヴァ書房
  13. ^ 「民主主義対民主主義 多数決型とコンセンサス型の36カ国比較研究(原著第2版)」p118-119 アレンド・レイプハルト著 粕谷祐子・菊池啓一訳 勁草書房 2014年6月20日原著第2版第1刷発行
  14. ^ General information IPU
  15. ^ 「民主主義対民主主義 多数決型とコンセンサス型の36カ国比較研究(原著第2版)」p87 アレンド・レイプハルト著 粕谷祐子・菊池啓一訳 勁草書房 2014年6月20日原著第2版第1刷発行
  16. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.580、朝倉書店 ISBN 4254166621
  17. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.580、朝倉書店 ISBN 4254166621
  18. ^ 外務省 モーリシャス基礎データ
  19. ^ 外務省 モーリシャス基礎データ
  20. ^ 「モーリシャス」p.827、p.828 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  21. ^ The territory of Mauritius”. Government Portal of Mauritius. 2015年1月22日閲覧。
  22. ^ MAURITIUS: PROMOTING THE DEVELOPMENT OF AN OCEAN ECONOMY”. Intercontinental Trust. 2015年1月22日閲覧。
  23. ^ National Coast Guard”. Government Portal of Mauritius. 2015年1月22日閲覧。
  24. ^ Commission on the Limits of the Continental Shelf (CLCS) Outer limits of the continental shelf beyond 200 nautical miles from the baselines:Submissions to the Commission: Joint submission by the Republic of Mauritius and the Republic of Seychelles”. United Nations. 2015年1月22日閲覧。
  25. ^ 「モーリシャス」p.835 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  26. ^ Mauritius's air quality 2nd best in world”. Le Matinal. 2012年2月19日閲覧。
  27. ^ According to the World Health Organization - Mauritius: a breath of fresh air”. motors.mega.mu. 2012年2月19日閲覧。
  28. ^ Climate of Mauritius”. Mauritius Meteorological Services. 2012年4月5日閲覧。
  29. ^ 「モーリシャス」p.832 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  30. ^ 「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p.72
  31. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p.314 二宮書店 2016年1月10日発行
  32. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p.314 二宮書店 2016年1月10日発行
  33. ^ 「モーリシャス」p.832 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  34. ^ 「モーリシャス」p.832 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  35. ^ 「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p.75、p.76
  36. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p.314 二宮書店 2016年1月10日発行
  37. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p.314 二宮書店 2016年1月10日発行
  38. ^ 「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p.67
  39. ^ 「モーリシャス」p832 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  40. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2012年版 世界各国要覧と最新統計」p,314 二宮書店 2012年1月10日発行
  41. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2012年版 世界各国要覧と最新統計」p.313、p,314 二宮書店 2012年1月10日発行
  42. ^ 「モーリシャス」p.834 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  43. ^ Statistics Mauritius, Government Portal of Mauritius. Population and vital statistics Republic of Mauritius. Government of Mauritius. http://statsmauritius.govmu.org/English/Documents/ei1058/population.pdf 2015年1月21日閲覧。. 
  44. ^ 「モーリシャス」p.827 寺谷亮司(「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」所収) 池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月
  45. ^ モーリシャス憲法49条 公用語”. 国民議会, Government Portal of Mauritius. 2015年1月22日閲覧。
  46. ^ Language”. Government Portal of Mauritius. 2015年1月22日閲覧。
  47. ^ Demographics”. mauritiusgovernment.com. 2013年11月7日閲覧。
  48. ^ ソジエ内田 恵美, 「Language Choice in Multilingual Mauritius : National Unity and Socioeconomic Advancement」『敎養諸學研究』 126巻 2009年 p.99-130, NCID AN00062730, 早稲田大学政治経済学部教養諸学研究会
  49. ^ Ministry of Finance & Economic Development. 2011 POPULATION CENSUS – MAIN RESULTS. Government Portal of Mauritius. http://www.govmu.org/portal/goc/cso/ei977/pop2011.pdf 2015年1月22日閲覧。. 
  50. ^ Country Studies Series: Mauritius (PDF)”. Brandeis University. p. 2. 2013年11月5日 ldate=2017年9月時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月31日閲覧。
  51. ^ Religious Setting


「モーリシャス」の続きの解説一覧

モーリシャス

出典:『Wiktionary』 (2019/01/04 16:45 UTC 版)

固有名詞

モーリシャス

  1. インド洋に浮かぶ島国正式名称モーリシャス共和国首都ポートルイス

翻訳




モーリシャスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「モーリシャス」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モーリシャス」の関連用語

モーリシャスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モーリシャスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモーリシャス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのモーリシャス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS