ジンバブエとは?

ジンバブエ Zimbabwe

◇アフリカ南部にある共和国。もとローデシアと称した内陸国1980年イギリスから独立。タバコ・トウモロコシを産し、金・クロム・ニッケル等の鉱産物も豊富。首都ハラレ住民バンツー黒人。主要言語は英語・ショナ語面積391千平キロメートル人口13002005)。正称ジンバブエ共和国
中部にある遺跡一一~一五世紀頃に栄えたモノモタパの帝国都城として建造されたもの。

ジンバブエ 【Zimbabwe】


ジンバブエ

作者とりあい

収載図書作家短篇小説集 第2巻
出版社作家出版
刊行年月1997.12


ジンバブエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 23:34 UTC 版)

ジンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく、: Republic of Zimbabwe)、通称ジンバブエは、アフリカ大陸の南部に位置する共和制国家。首都はハラレ




  1. ^ CONSTITUTION OF ZIMBABWE (FINAL DRAFT : JANUARY 2013) (pdf)”. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧。
  2. ^ The World Factbook - Zimbabwe”. 中央情報局 (2018年1月17日). 2018年1月22日閲覧。
  3. ^ a b c d World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2014年10月25日閲覧。
  4. ^ Zimbabwe’s multi-currency confusion” (英語). BBC (2014年2月6日). 2014年3月3日閲覧。
  5. ^ ジンバブエが日本円を採用”. ダイヤモンド・オンライン (2014年3月3日). 2014年3月3日閲覧。
  6. ^ a b c “「ジンバブエ大統領は軟禁下」南ア大統領が声明”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年11月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3150712 2017年11月16日閲覧。 
  7. ^ a b c “ジンバブエのムガベ大統領が辞任、37年間の統治に幕”. ロイター. ロイター. (2017年11月21日). https://jp.reuters.com/article/mugabe-resigns-ending-37-yrs-of-rule-idJPKBN1DL2A9 2018年1月18日閲覧。 
  8. ^ a b c d e 外務省:ジンバブエ共和国
  9. ^ コミュニティ破壊の衛星画像」。アムネスティ・インターナショナル
  10. ^ “米国務長官:ジンバブエ制裁 多国間で協議へ”. 毎日新聞. (2008年12月22日). http://mainichi.jp/select/world/news/20081224k0000m030034000c.html 
  11. ^ “ジンバブエ、野党議長が首相に就任”. 産経新聞. (2009年2月11日). http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090211/mds0902111906002-n1.htm 
  12. ^ “「夫人の権力奪取許した」ジバブエ与党、ムガベ大統領弾劾手続きへ”. CNN.co.jp. CNN. (2017年11月21日). http://www.bbc.com/japanese/42061732 2017年11月22日閲覧。 
  13. ^ ジンバブエ基礎データ”. 日本国外務省 (2017年12月8日). 2018年3月10日閲覧。
  14. ^ “軍備に商業施設…「独裁国」ジンバブエを後押しする中国と南ア”. 産経新聞社. (2013年6月2日). http://www.sankei.com/world/news/130602/wor1306020031-n4.html 2018年2月2日閲覧。 
  15. ^ Blair, David (2002). Degrees in Violence: Robert Mugabe and the Struggle for Power in Zimbabwe. London and New York: Continuum. ISBN 978-0-8264-5974-9. p. 23
  16. ^ Meredith, Martin (2002). Our Votes, Our Guns: Robert Mugabe and the Tragedy of Zimbabwe. New York: Public Affairs. ISBN 978-1-58648-186-5. pp. 36–37
  17. ^ Alao, Abiodun (2012). Mugabe and the Politics of Security in Zimbabwe. Montreal and Kingston: McGill-Queen's University Press. ISBN 978-0-7735-4044-6. p. 20.
  18. ^ Andrew, Christopher; Gordievsky, Oleg (1990). KGB : the inside story of its foreign operations from Lenin to Gorbachev. New York, NY: HarperCollinsPublishers. p. 465. ISBN 9780060166052.
  19. ^ Grace PhD fraud: Interview sheds light”. Zimbabwa Independent. 2019年2月23日閲覧。
  20. ^ 津巴布韦总统夫人格蕾丝•穆加贝人民大学毕业 获文学学士学位 Renmin University (中国語)
  21. ^ Dodman, Benjamin (2017年11月22日). “Emmerson Mnangagwa, the disgraced Mugabe loyalist who took his revenge” (英語). France 24. http://www.france24.com/en/20171122-zimbabwe-profile-emmerson-mnangagwa-crocodile-mugabe-grace 2019年2月23日閲覧。 
  22. ^ “US embassy’s assessment of Mnangagwa in 1988”. The Insider. (2012年4月12日). https://www.insiderzim.com/us-embassys-assessment-of-mnangagwa-in-1988/ 2019年2月23日閲覧。 
  23. ^ アフリカの日本、日本のアフリカ 第2章 日本に渡ったアフリカ人”. 国立国会図書館. 2019年10月21日閲覧。
  24. ^ a b ジンバブエ基礎データ 二国間関係”. 外務省. 2016年4月12日閲覧。
  25. ^ 「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p46
  26. ^ Inflation Rates (2001=100) Archived 2008年12月23日, at the Wayback Machine. 」。the Reserve Bank of Zimbabwe。
  27. ^ “ジンバブエ:外資系の株式過半数を黒人へ 法案提出”. 毎日新聞. (2007年8月24日). http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20070825k0000m030073000c.html 
  28. ^ ジンバブエ、「代理」ドルを発行 ハイパーインフレの再来懸念で
  29. ^ “ジンバブエ、RTGSを唯一の法定通貨に制定 政策金利50%へ”. ロイター. (2019年6月25日). https://jp.reuters.com/article/zimbabwe-economy-currency-idJPKCN1TQ06O 2019年7月15日閲覧。 
  30. ^ Foreign Policy:"The List: The World’s Worst Currencies" GIGAZINE 2007年06月19日 「世界で最も価値の低い通貨トップ5
  31. ^ “Has Zimbabwe's Runaway Inflation Been Tamed?”. TIME. (2009年3月26日). http://www.time.com/time/world/article/0,8599,1887809,00.html 2009年3月26日閲覧。 
  32. ^ a b ジンバブエ基礎データ”. 外務省. 2015年4月23日閲覧。
  33. ^ アフリカ諸国との格の違いを見せつけられたジンバブエの現状
  34. ^ 国庫残高1万9700円、ジンバブエ財務相が公表 afp BB News 2013年1月31日
  35. ^ ジンバブエ「国庫残高217ドル」の焦り News Week 2013年1月31日
  36. ^ “ジンバブエが独自コイン発行、国民はそっぽ”. ロイター通信社. (2015年1月9日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0KI0SP20150109 2015年1月10日閲覧。 
  37. ^ “ジンバブエが自国通貨を廃止、17.5京ドルを5米ドルに交換”. ロイター. (2015年 06月 12日). http://jp.reuters.com/article/2015/06/12/zimbabweans-idJPKBN0OS0JV20150612 2015年10月21日閲覧。 
  38. ^ ジンバブエ、人民元を「通貨」に 中国は48億円の債権放棄 - CNN 2015年12月25日
  39. ^ 外貨不足のジンバブエ、米ドル相当の紙幣を発行へ”. AFP (2016年5月6日). 2019年1月20日閲覧。
  40. ^ ジンバブエ、強硬措置で抗議封じ込め 燃料費高騰や日用品不足で混乱”. 毎日新聞 (2019年1月19日). 2019年1月20日閲覧。
  41. ^ Why Zimbabwe has banned foreign currencies, BBC News, (2019-06-26), https://www.bbc.com/news/world-africa-48757080 
  42. ^ 『ジンバブエ、RTGSを唯一の法定通貨に制定 政策金利50%へ』 Reuters、2019年6月24日https://jp.reuters.com/article/zimbabwe-economy-currency-idJPKCN1TQ06O 
  43. ^ Unpacking double- barelled surnames、The Sunday News, 2016年8月14日。
  44. ^ Jean-François Pérès (2008年6月3日). “«Mon ambition ? Entrer dans le Top 10»” (フランス語). ラジオ・フランス・アンテルナショナル. 2010年12月2日閲覧。
  45. ^ CHRISTOPHER CLAREY (2009年10月25日). “African Pair Reigns as Doubles Queens” (英語). NYタイムズ. 2010年12月2日閲覧。
  46. ^ Davis Cup - Team - Profile” (英語). ITF. 2010年12月7日閲覧。
  47. ^ Fed Cup - Player - Profile” (英語). ITF. 2010年12月7日閲覧。
  48. ^ Fed Cup - Team - Profile” (英語). ITF. 2010年12月7日閲覧。
  49. ^ Cara Black evita comentar situação política no Zimbábue” (ポルトガル語). ウニヴェルソ・オンライン (2008年8月7日). 2010年12月7日閲覧。


「ジンバブエ」の続きの解説一覧

ジンバブエ

出典:『Wiktionary』 (2019/02/12 11:31 UTC 版)

固有名詞

  1. アフリカ南部にある国。正式名称ジンバブエ共和国首都ハラレ公用語英語など16ある。

翻訳




ジンバブエと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジンバブエ」の関連用語

ジンバブエのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジンバブエのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジンバブエ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのジンバブエ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS