ユーロとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ユーロ > ユーロの意味・解説 

ユーロ【Euro】

読み方:ゆーろ

多く複合語形で用いヨーロッパの、の意を表す。「—市場

euro2002年から導入されEU欧州連合)の単一通貨記号は€。アイルランド・イタリア・オーストリア・オランダ・ギリシャ・スペイン・スロベニア・ドイツ・フィンランド・フランス・ベルギー・ポルトガル・ルクセンブルクのほかに、2008年1月からキプロス・マルタ、2009年1月からスロバキア2011年1月エストニア2014年1月ラトビア2015年1月リトアニア導入され合計19か国使われている。→政府無き通貨

[補説] 2のユーロは、バチカン・サンマリノ・モナコ・アンドラ・モンテネグロ・コソボなどのEU非加盟国でも法定通貨として使用されている


ユーロ(ゆーろ)


EURO(ユーロ)

欧州単一通貨のこと。1999年1月から欧州11ヶ国使われ始めた新しお金単位のことをいいます

ユーロ

名前 Eulo

ユーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 03:23 UTC 版)

ユーロ(記号: €; コード: EUR)は 、欧州連合(EU)加盟27か国のうち19か国で公式に導入されている通貨である。クロアチアが2023年初に20番目の採用国になることが2022年7月12日、EU財務相会合で認められた[1]。ユーロが主要通貨として使われる国・地域はユーロ圏またはユーロゾーンとして知られている。2019年時点で約3億4,300万人の市民が暮らしている。ユーロは100セントに分割可能である。


  1. ^ 「EU、クロアチアのユーロ導入承認 20カ国目」ロイター(2022年7月13日)同日閲覧
  2. ^ 【特集 金融危機後の欧州経済】国際通貨としてのユーロの将来像 日本総研(2010年03月25日)2022年7月13日閲覧
  3. ^ La réunion secrète du 11 juin 1965 au département d’état américain sur l’union monétaire européenne 2014年
  4. ^ 日本国外務省EUにおける通貨統合」(2014年8月29日閲覧)
  5. ^ 外務省(2014)EUにおける通貨統合より引用
  6. ^ Exchanging national cash” (英語). European Central Bank. 2009年7月19日閲覧。
  7. ^ (ドイツ語) Duden - Der Euro. Bibliographisches Institut. ISBN 978-3411704613 
  8. ^ 98/317/EC: Council Decision of 3 May 1998 in accordance with Article 109j(4) of the Treaty OJ L 139 , [1998] pp. 30-35
  9. ^ ビジネス短信 クロアチア、2023年1月からのユーロ導入が正式決定、シェンゲン協定にも参加の見通し(JETRO)
  10. ^ Die EU und Litauen streiten sich um den Euro”. Frankfurter Allgemeine Zeitung (2006年3月10日). 2009年7月25日閲覧。
  11. ^ Claus Hecking; Andrzej Rybak, Wolfgang Proissl, Mark Schrörs (2006年12月28日). “Agenda: Stimmungswechsel” (ドイツ語). FTD.de. 2012年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月25日閲覧。
  12. ^ Convergence Report 2010 by the Commission assesses readiness of non-euro area EU countries to adopt the euro; proposes Estonia joins euro area in 2011” (英語). European Commission (2010年5月12日). 2010年7月13日閲覧。
  13. ^ Euro central and compulsory intervention rates for Bulgarian lev and Croatian kuna in ERM II”. ECB. 2020年7月26日閲覧。
  14. ^ “Bulgaria sticks to plans to adopt the euro from Jan 1, 2024” (英語). Reuters. (2021年6月30日). https://www.reuters.com/article/bulgaria-eurozone-idUSL2N2OC1PM 2022年1月15日閲覧。 
  15. ^ Croatia counting down to join the Eurozone from 1st January 2023” (英語). euronews (2021年9月13日). 2022年1月15日閲覧。
  16. ^ Bulgarien plant Euro-Einführung bis 2013” (ドイツ語). euro-anwaerter (2009年8月4日). 2009年8月10日閲覧。
  17. ^ クロアチアとブルガリア、ERM2に加盟-ユーロ導入の準備過程入り”. ブルームバーグ. 2020年7月26日閲覧。
  18. ^ Tusk will Polen rasch in die Euro-Zone führen”. Spiegel (2007年11月23日). 2009年7月25日閲覧。
  19. ^ Polen will den Euro im Jahr 2011 einführen” (ドイツ語). Berliner Zeitung (2008年9月11日). 2009年7月25日閲覧。
  20. ^ Krohn, Knut (2009年8月9日). “Polen: Traum vom "Euro zur Euro" geplatzt” (ドイツ語). DiePresse.com. 2009年8月10日閲覧。
  21. ^ Romania aims to join eurozone in 2024 - PM” (英語). seenews.com. 2020年12月19日閲覧。
  22. ^ Staff, Reuters (2020年1月27日). “Romania's 2024 euro adoption goal 'very ambitious': FinMin” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-romania-eurozone-idUSKBN1ZQ27E 2020年12月19日閲覧。 
  23. ^ Schweden” (ドイツ語). euro-anwaerter.de. 2009年7月25日閲覧。
  24. ^ Olsson, Lova (2008年10月27日). “Ny folkomröstning om euro före valet - Birgitta Ohlsson” (スウェーデン語). Svenska Dagbladet. 2009年7月25日閲覧。
  25. ^ Finanzminister: Schweden sollte Eurozone nach 2013 beitreten” (ドイツ語). Reuters (2008年11月5日). 2009年7月25日閲覧。
  26. ^ Bondesson, Mikael (2009年4月19日). “Fler positiva till euron” (スウェーデン語). Dagens Nyheter. 2009年7月25日閲覧。
  27. ^ Tschechien” (ドイツ語). euro-anwaerter.de. 2009年7月25日閲覧。
  28. ^ Nationalbank-Chef Tůma: Tschechien soll Euro 2019 einführen” (ドイツ語). Radio Prag (2008年1月3日). 2009年7月25日閲覧。
  29. ^ Keine ≪Europhorie≫ in Tschechien” (ドイツ語). Neue Zürcher Zeitung (2008年8月7日). 2009年7月25日閲覧。
  30. ^ Topolánek: Im November wird das Datum der Euro-Einführung bekannt gegeben” (ドイツ語). Radio Prag (2009年1月1日). 2009年7月25日閲覧。
  31. ^ Im Jahr 2000 stimmten 53,1 Prozent der Danen gegen die Euro-Einführung” (ドイツ語). EU-Info.Deutschland. 2009年7月25日閲覧。
  32. ^ Danemark plant zweite Euro-Abstimmung fur 2011” (ドイツ語). EurActiv.com (2008年10月31日). 2009年7月25日閲覧。
  33. ^ EurActiv(2013)"Denmark moves closer to referendum on EU opt-outs"
  34. ^ a b ブルームバーグ(2013)「デンマーク、ユーロ導入は無期延期へ-ペッグ制が国守ると首相
  35. ^ Council Regulation (EC) No 974/98 of 3 May 1998 on the introduction of the euro, OJ L 139, 11.5.1998, p. 1-5
  36. ^ Konvergenzbericht Mai 2007 (PDF)” (ドイツ語). Europäishe Zentralbank. 2009年8月10日閲覧。
  37. ^ The visual characteristics of the euro coins, OJ C 373, 28.12.2001, p. 1-30
  38. ^ Interinstitutionelle Regeln für Veröffentlichungen” (ドイツ語). Publications Office of the European Union. 2009年8月10日閲覧。
  39. ^ Sick, Bastian (ドイツ語). Der Dativ ist dem Genitiv sein Tod. Kiepenheuer & Witsch. pp. p. 216. ISBN 978-3462034486 
  40. ^ Das Eurozeichen” (ドイツ語). Bundesministerium der Finanzen (2008年3月4日). 2009年8月10日閲覧。
  41. ^ Schreibregeln für Währungsbezeichnungen” (ドイツ語). Publications Office of the European Union. 2009年8月16日閲覧。
  42. ^ Banknotes and coins circulation” (英語). European Central Bank. 2009年8月16日閲覧。
  43. ^ Prägeaufträge Euro-Umlaufmünzen (PDF)” (ドイツ語). Deutsche Bundesbank. 2009年8月16日閲覧。
  44. ^ 15 Jahre Wiener Philharmoniker” (ドイツ語). Münze Österreich. 2009年8月16日閲覧。
  45. ^ Chabot, Christian N. (英語). Understanding the Euro: The Clear and Concise Guide to the New Trans-European Currency. Mcgraw-Hill. pp. p. 10. ISBN 978-0071343886 
  46. ^ Banknotes and coins production” (英語). 2009年8月16日閲覧。
  47. ^ Follow your Euro notes in their tracks” (英語). EuroBillTracker. 2009年8月16日閲覧。
  48. ^ Diethelm, verena (2006年12月29日). “Top Secret: Der neue Euro” (ドイツ語). Financial Times Deutschland. 2012年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月16日閲覧。
  49. ^ Vitzthum, Thomas (2009年4月8日). “Bürger wollen den 500-Euro-Schein abschaffen” (ドイツ語). Welt Online. 2009年8月16日閲覧。
  50. ^ “高額すぎる…500ユーロ紙幣の廃止決定 犯罪対策で欧州中銀、2018年末に発行停止”. 共同通信社 (産経新聞社). (2016年5月5日). http://www.sankei.com/economy/news/160505/ecn1605050008-n1.html 2017年9月5日閲覧。 
  51. ^ 1万円券廃止、慎重に考える必要=宮野谷日銀理事”. ロイター (2018年4月3日). 2018年4月3日閲覧。
  52. ^ 500ユーロ紙幣の印刷終了 ドイツなど、犯罪資金源遮断狙う”. 毎日新聞. 2019年5月5日閲覧。
  53. ^ 1月27日から回収され始め、「500ユーロ紙幣」は市場から姿を消す”. 2019年5月5日閲覧。
  54. ^ Fälschungsschutz unserer Banknoten (PDF)” (ドイツ語). Deutsche Bundesbank. 2009年8月16日閲覧。
  55. ^ Falschgeldleitfaden Banknoten” (ドイツ語). Deutsche Bundesbank. 2009年8月16日閲覧。
  56. ^ Seeker, Petra; Bauer-Emmerichs, Michael (ドイツ語). Duden. Der Euro. Das Lexikon zur Währungsunion. Mannheim: Dudenverlag. pp. pp. 130-131. ISBN 978-3411704613 
  57. ^ Leitfaden Münzen” (ドイツ語). Deutsche Bundesbank. 2009年8月16日閲覧。
  58. ^ Die Wirtschafts- und Währungsunion und der Euro” (ドイツ語). EU4Journalists. 2009年7月25日閲覧。
  59. ^ Inflation rate (HICP)” (英語). European Central Bank. 2009年7月25日閲覧。
  60. ^ Währungsspekulation” (ドイツ語). wirtschaftslexikon24.net. 2009年7月25日閲覧。
  61. ^ P.R. Krugman, M.Obstfeld クルーグマンの国際経済学 理論と政策(下)金融編
  62. ^ Joseph Stiglitz: Austerity not the way to go for Europe BBC News 2011年10月4日
  63. ^ Happy birthday, Milton Friedman, The European crisis is your latest vindication Forbes 2012年8月1日
  64. ^ Dismantle the euro, says Nobel-winning economist who once backed currency union The Telegraph 2013年12月12日
  65. ^ Eurozone retail sales fall for second consecutive monthBBC news, May 6, 2013
  66. ^ The ECB is the odd central bank outBloomberg April 17, 2013
  67. ^ If not now, when will ECB cut ratesCNN Money, April 29, 2013
  68. ^ Das war eine Niederlage für Europa” (ドイツ語). Süddeutsche Zeitung (2003年11月25日). 2009年7月25日閲覧。
  69. ^ 「英国のユーロ参加問題」JETROユーロトレンド2003.3[1]
  70. ^ 「英国のユーロ参加問題」JETROユーロトレンド2003.9
  71. ^ Tendenz zum Euro als Öl-Währung” (ドイツ語). esyoil (2006年5月29日). 2009年7月25日閲覧。
  72. ^ Steinberg, Thomas Immanuel (2006年3月21日). “In der Dollar-Klemme” (ドイツ語). SteinbergRecherche. 2009年7月25日閲覧。
  73. ^ Kulik, Martin (2006年4月28日). “Die Iranische Ölbörse ? ein Gespenst das Niemanden erschreckt” (ドイツ語). germanblogs. 2009年7月25日閲覧。
  74. ^ Greenspan sieht Euro als künftige Reservewährung” (ドイツ語). Spiegel (2007年9月17日). 2009年7月25日閲覧。
  75. ^ Euro läuft dem Dollar den Rang ab” (ドイツ語). Financial Times Deutschland (2006年12月28日). 2012年7月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月25日閲覧。
  76. ^ a b ECB: Euro foreign exchange rederence rates” (英語). European Central Bank. 2009年8月1日閲覧。
  77. ^ bfinance-Konsensus für Zinssätze und Wechselkurse (Februar 2005)” (ドイツ語). bfinance (2005年1月3日). 2009年8月1日閲覧。
  78. ^ Euro steigt immer weiter - mehr als 1,36 Dollar wert” (ドイツ語). Hamburger Abendblatt (2004年12月28日). 2009年8月1日閲覧。
  79. ^ Wagner, Hans (2006年1月31日). “2006: Das Jahr des Euros” (ドイツ語). Eurasisches Magazin. 2009年8月1日閲覧。
  80. ^ Dretkluft, Joachim (2008年7月15日). “Anleger flüchten aus dem Dollar” (ドイツ語). Financial Times Deutschland. 2012年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月1日閲覧。
  81. ^ Euro-Zone lost USA als großter Wirtschaftsraum ab” (ドイツ語). Reuters (2008年3月14日). 2009年8月1日閲覧。
  82. ^ ユーロの「父」マンデル教授、ドルとの固定を提唱-危機の再発防止にBloomberg 2009年9月25日



ユーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 17:01 UTC 版)

国際通貨」の記事における「ユーロ」の解説

1999年登場したユーロはドイツ・マルクから国際通貨地位継承し、また銀行外貨準備多様化ユーロ圏取引拡大伴ない存在感高めようとしている。しかし、主要な通貨地位にはあるものの、米ドル匹敵する基軸通貨になるまでには至っておらず、2010年39%をピークその後32%前後低迷 している。 アメリカ・ドルと同様に、世界にはユーロに対して連動している通貨もある。具体的には、ブルガリアレフ等の東欧通貨に加えカーボベルデエスクードCFAフラン等の西アフリカ通貨がある。また、ヨーロッパにおいて、EU非加盟国でもアンドラモナココソボモンテネグロサンマリノバチカンがユーロを採用している。 2006年12月段階で、ユーロは流通する現金総額アメリカ・ドル抜いた流通していたユーロ紙幣価値は6,100億ユーロ以上に上り当時為替レートでは8,000ドル相当する

※この「ユーロ」の解説は、「国際通貨」の解説の一部です。
「ユーロ」を含む「国際通貨」の記事については、「国際通貨」の概要を参照ください。


ユーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 06:36 UTC 版)

セント (通貨)」の記事における「ユーロ」の解説

1ユーロの1/100の名称は言語によって異なる多くの言語ではcentつづられるが、その読み言語によって異なりドイツ語ではツェントのように発音するまた、ギリシア語ではλεπτό(レプト)、フィンランド語ではsentti(センッティ)になる。 フランスではcentサン)が「100」を意味する日常用語で紛らわしいため、centではなく従来centimeサンチーム)を使うと公式に決められている。ただし、EU公式文書内ではcent使用することが推奨される同様にスペインでもcentではなくcéntimo(センティモ)が、イタリアではcentesimo(チェンテジモ)が使用される

※この「ユーロ」の解説は、「セント (通貨)」の解説の一部です。
「ユーロ」を含む「セント (通貨)」の記事については、「セント (通貨)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ユーロ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ユーロ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ユーロと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ユーロ」に関係したコラム

  • 株365のDAX証拠金取引の見方

    DAX証拠金取引は、DAX指数に連動して値動きする銘柄です。そのため、DAX指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでDAX証拠金取引の値動きを予測できます。DAX証拠金取引は、ドイツのフランクフルト証...

  • FXで取引される通貨ペアの種類と一覧

    FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨ペアは、日本においては米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。 USD/JPY・・・米ドル/円 EUR/JPY・・・ユーロ/...

  • FXの通貨ペアの値幅一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の値幅とは、通貨ペアが値上がり、あるいは、値下がりする際の最小の為替レートのことです。例えば、USD/JPYの値幅は0.001円です。USD/JPYが1ドル79.595円の場...

  • FXの円高、円安とは

    FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよく耳にします。例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20銭の円高」といいま...

  • FXのユーロドルを取引した時の売買損益の計算方法

    FX(外国為替証拠金取引)のユーロドル(EUR/USD)を取引した時の売買損益の計算方法は、USD/JPYやEUR/JPYのような円通貨を取引した時の計算方法と異なります。ここでは、ユーロドルの注文レ...

  • CFDで欧州の株式取引をするには

    CFDで欧州の株式取引をするには、欧州株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。欧州株を扱っているのは、ひまわり証券、CMC Markets Japan、GCIフィナンシャル、IGマーケッツ証券の...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ユーロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユーロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国際通貨 (改訂履歴)、セント (通貨) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのユーロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS