サッダーム・フセインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 海外の政治家 > イラクの政治家 > サッダーム・フセインの意味・解説 

フセイン【Saddam Hussein Takriti】


サッダーム・フセイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/18 16:26 UTC 版)

サッダーム・フセインصَدَّام حُسَيْن , 文語アラビア語発音:Ṣaddām Ḥusayn, サッダーム・フサイン / 口語アラビア語発音:Ṣaddām Ḥusein, サッダーム・フセイン、1937年4月28日 - 2006年12月30日)は、イラク共和国政治家スンナ派アラブ人であり、イラク共和国の大統領首相革命指導評議会議長、バアス党地域指導部英語版書記長、イラク軍英語版最高司令官を務めた。軍階級は元帥日本語の慣例では、彼の名をサダム・フセインと表記することが多いが、本項ではサッダームと表記する(詳細はフルネームの節を参照)。


注釈

  1. ^ 特にフランスは、1981年の戦争開始後も1984年までに約50億ドルに相当する武器をイラクに供給し、1982年から1983年、フランスの武器輸出の40%はイラクがしめていた。
  2. ^ イラクを支持したのは、国内にパレスチナ人を抱えるヨルダンイエメンパレスチナ解放機構など数カ国に留まった。
  3. ^ サッダーム・フセインの主治医、アラ・バシール医師は回顧録やインタビューで、アリーなる息子は存在しないと、三男の存在を否定している。

出典

  1. ^ المعاني - معاني الأسماء : صدام”. 2023年5月10日閲覧。
  2. ^ ال(Al-)は定冠詞、بو(bū)は口語における「~の父」、ناصر(Nāṣir)は男性名「ナースィル」。これらを合わせて部族名としたのがアル=ブー・ナースィルで、直訳は「ブー・ナースィル一族、ナースィルの父一族」。父祖が「ナースィルの父」というクンヤで呼ばれていたことに由来する部族名。口語発音では短母音化によりアル=ブ・ナースィルなど。またナースィルのイラク方言発音がナースルとなることからアル=ブー・ナースル、アル=ブ・ナースルに聞こえるなどするためAl-Bu Nasrという表記も見られる。
  3. ^ Orit Bashkin. The other Iraq: pluralism and culture in Hashemite Iraq. Stanford, California, USA: Stanford University Press, 2009. Pp. 174.
  4. ^ Ma'oz, Moshe (1995). Syria and Israel : From War to Peacemaking. Oxford University Press. p. 153. ISBN 978-0-191-59086-3.
  5. ^ Dawisha, Adeed (2009). Iraq: A Political History from Independence to Occupation. Princeton University Press. p. 214. ISBN 978-0-691-13957-9.
  6. ^ McDonald, Michelle (2009). The Kiss of Saddam. University of Queensland Press. p. 128. ISBN 978-0-702-24359-2.
  7. ^ 足場固めるフセイン体制 反対派一掃をねらう『朝日新聞』1979年(昭和54年)7月31日朝刊 13版 7面
  8. ^ 酒井啓子著 「イラクとアメリカ」p48
  9. ^ Claudia Wright, "Iraq: New Power in the Middle East," Foreign Affairs 58 (Winter 1979-80)
  10. ^ Nader Entessar, Kurdish Politics in the Middle East (Lanham, MD: Lexington Books, 2010), Chapter 5, p.172
  11. ^ SIPRI Database Indicates that of $29,079 million of arms exported to Iraq from 1980 to 1988 the Soviet Union accounted for $16,808 million, France $4,591 million, and China $5,004 million (Info must be entered)
  12. ^ DPRK Diplomatic Relations”. National Committee on North Korea. 2016年8月29日閲覧。
  13. ^ DPRK Diplomatic Relations”. National Committee on North Korea. 2017年7月25日閲覧。
  14. ^ 宮本悟 (2007年8月1日). “イラン・イラク戦争における北朝鮮のイラン派兵”. 環日本経済研究所. 2017年7月25日閲覧。
  15. ^ 酒井啓子著 「イラクとアメリカ」p58
  16. ^ Iraq's Army Was Once World's 4th-Largest
  17. ^ 同著「イラクとアメリカ」p92
  18. ^ 「イラクとアメリカ」p93
  19. ^ 同p94
  20. ^ コン・コクリン著「サダムその秘められた人生」 p338-339
  21. ^ 「イラクとアメリカ」p94-p95
  22. ^ 同p98
  23. ^ 同p99
  24. ^ フセイン元大統領、「ビンラーディンは狂信者」と供述 読売新聞 2008年1月28日配信記事
  25. ^ 中曽根氏、交渉術尽くしフセイン説得”. 産経新聞 (2021年12月22日). 2022年1月14日閲覧。
  26. ^ http://www.jiji.com/jc/zc?k=201009/2010092300202 01年にイラク政権転覆画策=米公文書で判明
  27. ^ [1]
  28. ^ http://www.iraqupdates.com/p_articles.php/article/25589
  29. ^ http://www.47news.jp/CN2/200306/CN2003062901000041.html
  30. ^ ディスカバリーチャンネル 「ZERO HOUR:サダム・フセイン拘束」(DVD)
  31. ^ 読売新聞 2004年12月31日付記事
  32. ^ 共同通信 2004年7月26日配信記事
  33. ^ a b https://www.afpbb.com/articles/-/2387839?pid=2905096 アラブ紙、フセイン元イラク大統領の手記を掲載 2008年5月8日
  34. ^ a b c https://www.afpbb.com/articles/-/2312092?pid=2354469
  35. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2387839?pid=2905096
  36. ^ a b http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080128-OYT1T00467.htm?from=navr[リンク切れ]
  37. ^ [2]
  38. ^ http://www.guardian.co.uk/world/2007/jan/02/iraq.brianwhitaker
  39. ^ http://www.inform.com/article/Saddam%20planned%202006%20prison%20escape:%20lawyer's%20memoirs
  40. ^ http://mainichi.jp/select/today/news/20100830k0000e030018000c.html [リンク切れ]イラク:フセイン元大統領、最後まで現実離れ 捜査官証言
  41. ^ 読売新聞 2006年12月27日付国際面記事
  42. ^ http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20090714_093034.html
  43. ^ フセイン元大統領の墓地、破壊される イラク”. CNN (2015年3月15日). 2018年3月18日閲覧。
  44. ^ 「フセイン元大統領の船がホテルに 33億円で売却できず」『毎日新聞』朝刊2018年6月2日(国際面)2018年6月6日閲覧。
  45. ^ Saddam Hussein: Stalin on the Tigris 2007年2月
  46. ^ Niblock 1982, p. 70.
  47. ^ [3]
  48. ^ [4][5]
  49. ^ Saddam's name struck off Prophet's lineage”. BBC (2003年12月3日). 2019年8月11日閲覧。
  50. ^ "Saddam removed from ancient Babylon 'brick by brick'", ABC News 20 April 2003.
  51. ^ Lawrence Rothfield (1 Aug 2009). The Rape of Mesopotamia: Behind the Looting of the Iraq Museum. University of Chicago Press. ISBN 9780226729435.
  52. ^ Alnasrawi, Abbas (1994). The Economy of Iraq: Oil, Wars, Destruction of development and Prospects, 1950–2010. ABC-CLIO. p. 80. ISBN 0-313-29186-1 
  53. ^ Alnasrawi 1994 , p. 80



サッダーム・フセイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/21 15:03 UTC 版)

汎アラブ主義」の記事における「サッダーム・フセイン」の解説

近年対外的汎アラブ主義前面にかかげ、欧米イスラエルとの対決姿勢を崩さなかったのは、イラクのサッダーム・フセイン大統領率いバアス党政権であった。この政権は、2003年アメリカブッシュ大統領息子)によるイラク戦争敗北し、党と政権解体し、サッダーム及び政権幹部拘束後、処刑禁固刑処された。 現在もなおイラク汎アラブ主義政権中立的な歴史的評価定まっていない。

※この「サッダーム・フセイン」の解説は、「汎アラブ主義」の解説の一部です。
「サッダーム・フセイン」を含む「汎アラブ主義」の記事については、「汎アラブ主義」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サッダーム・フセイン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サッダーム・フセイン」の関連用語

サッダーム・フセインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サッダーム・フセインのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサッダーム・フセイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの汎アラブ主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS