ハブ空港とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ハブ空港の意味・解説 

ハブ空港

ハブ空港とは、地方空港からの路線網が集まった、拠点となる空港のことである。
ハブ空港の役割は、人の移動物資流通円滑に進めることである。
日本では、国際線国内線成田羽田分かれている。そのため現状では、日本のハブ空港の役割を果たしているのは国内ではなく韓国の仁川空港であるといわれている。
前原誠司国土交通相は、2010年新し滑走路(D滑走路)が完成する羽田空港東京国際空港)をハブ空港としたい考え示している。
なお、橋下徹大阪府知事は、東日本西日本1つずつハブ空港が必要であるとし、関西国際空港西日本のハブ空港とするべきだと述べている。

ハブ くうこう -くうかう [3] 【ハブ空港】

幹線航空路集中するとともに地域航空路中継点となる空港。 〔自転車車輪ハブされることからいう〕

ハブ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 01:07 UTC 版)

ハブ空港(ハブくうこう、: airline hub)は、各地からの航空路線が集中し、乗客や貨物を目的地となる他の空港に中継する機能を備えた、地域の拠点(ハブ)となる空港である[1]。航空路線網を自転車車輪に見立てると、放射状に伸びる航空路線が(や/スポーク)と見なされ、その中心に当たる空港が(こしき/ハブ)と見なせることからその名がついた[2][3]。また、拠点空港と呼ばれることもあり[3]、航空会社各社が自社の拠点としている空港をその航空会社のハブ空港という場合がある[4]




  1. ^ デジタル大辞泉/大辞林/精選版日本国語大辞典. “ハブ空港”. コトバンク. 2019年10月10日閲覧。
  2. ^ a b 花岡伸也 (2010年12月26日). “ハブ空港には種類がある”. アゴラ. 2019年10月10日閲覧。
  3. ^ a b 花岡伸也. “アジアの国際ハブ空港 (PDF)”. 帝国書院. 2017年3月28日閲覧。
  4. ^ a b 謎解きゼミナール 2013.
  5. ^ 唐津 2011, p. 79.
  6. ^ 唐津 2011, pp. 79-80.
  7. ^ 唐津 2011, pp. 80-81.
  8. ^ 杉浦 1999, p. 52.
  9. ^ 日本大百科全書. “ハブ空港”. コトバンク. 2019年10月10日閲覧。
  10. ^ 唐津 2011, p. 80.
  11. ^ a b c 杉浦 1999, p. 53.
  12. ^ 杉浦 2002, p. 21.
  13. ^ 杉浦 2002, p. 22.
  14. ^ ユナイテッド航空、国際線に787ドリームライナーを初就航、成田~LA間に導入”. イード. 2013年9月27日閲覧。
  15. ^ a b 杉浦 2002, p. 23.
  16. ^ エラワン・ウイパー『続 ジャンボ旅客機99の謎』二見書房、2005年、219頁。ISBN 978-4576051956
  17. ^ 花岡伸也. “アジアのハブ空港間競争”. アゴラ. 2013年9月27日閲覧。


「ハブ空港」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハブ空港」の関連用語

ハブ空港のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハブ空港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハブ空港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS