第一歩とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 段階 > 第一歩の意味・解説 

だいいっ‐ぽ【第一歩】

読み方:だいいっぽ

物事の始まり、または始め第一段階。「世界平和への—を踏み出す


第一歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 19:18 UTC 版)

マッカーサー回想記」の記事における「第一歩」の解説

先発した護衛兵のみではバクチだと幕僚たちに言われたが、8月30日厚木飛行場上陸

※この「第一歩」の解説は、「マッカーサー回想記」の解説の一部です。
「第一歩」を含む「マッカーサー回想記」の記事については、「マッカーサー回想記」の概要を参照ください。


第一歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 08:30 UTC 版)

バッド・ボーイ・レコード」の記事における「第一歩」の解説

ショーン・コムズは、アップタウン・レコードにおいて、賃金発生しない研修生立場から、人材発掘育成部門幹部にまで上り詰めたが、突如当時最高経営責任者、アンドレ・ハレルからクビ宣告された。その後アリスタ・レコードトップクライブ・デービスは、ショーン・コムズフリーエージェント立場であるこに乗じてコムズ自主制作レコードレーベル立ち上げ援助することを決めた。こうして、アリスタ・レコードと、その親会社であるBMG下にバッド・ボーイ・エンタテインメント創立された。コムズ会社解雇される直前に、彼の紹介アップタウン契約した数人アーティストが、この新しレーベル活動することになったその中には、クリストファー・ウォレス(ノトーリアスB.I.G.)やクレイグ・マックなどが含まれるレーベル初の作品として、1994年、クレイグ・マックの「フレイバ・イン・ヤ・イア」が発表され、それに引き続き彼はアルバムプロジェクト:ファンク・ダ・ワールド」でデビュー果たした。また同年ノトーリアスB.I.G.ビギー)のアルバム「レディ・トゥー・ダイ」と、そこから先行シングルジューシー」も発売された。マックアルバム50万枚売り上げたが、ビギーアルバムは、数百万大ヒットとなった。そのアルバムは、1995年までチャート賑わし続けた結果ビギーは、ヒップホップ界の大物1人にまでのし上がり、バッド・ボーイ看板アーティストとなった。またこの年トータルフェイス・エバンスも、100万ヒット記録している。同時にバッド・ボーイは、チャッキー・トンプソン、イジー・モー・ビー、D・ドットなどの数々の作詞家プロデューサー登用し当時大きな成功収めた楽曲の製作において、大きな貢献果たしていった

※この「第一歩」の解説は、「バッド・ボーイ・レコード」の解説の一部です。
「第一歩」を含む「バッド・ボーイ・レコード」の記事については、「バッド・ボーイ・レコード」の概要を参照ください。


第一歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 06:15 UTC 版)

ベドルジハ・スメタナ」の記事における「第一歩」の解説

ハヴリーチェク刺激受けたスメタナは、プラハ進学することを父・フランチシェック請願する当初フランチシェックプラハ行きには反対していたものの、最終的にはスメタナプラハ行き賛成しスメタナ1839年プラハ移ったスメタナは、ヨセフ・ユングマン教鞭をとるアカデミック・グラマー・スクールに在学したユングマンは、チェコ国家復興運動第一人者となる著名な詩人言語学者であったしかしながらスメタナは、出身地マナーに関してクラスメートから嘲笑の対象となるなど、学校に馴染むことができず、スメタナはすぐに学校行かなくなったスメタナコンサートに通いオペラに通い軍楽隊演奏聞き自作曲のためにアマチュア弦楽四重奏参加していた。フランツ・リストが、プラハピアノリサイタル行った後、スメタナ音楽家の道が、自身喜び見出すことのできる唯一の道であると確信するうになる彼は日記に、「作曲ではモーツァルトテクニックではリストになるために」と書いている。しかし、フランチシェック学校無断欠席がばれてしまったため、プラハから連れ戻されてしまい、スメタナプラハでの充実した生活終わりを迎えるフランチシェックこの時音楽気晴らし娯楽として考えており、音楽家職業として見ていなかった。その後スメタナ少しの間叔父とノヴェー・メェスト・ナト・メトゥイー(英語版チェコ語版)で暮らしていた。その地で、スメタナ従姉妹ルイサ恋愛関係となった彼は、その情熱をルイサポルカ』(Louisina Polka)で表現している。この曲は、スメタナ作曲した楽曲完全に残っている物のうち、もっとも初期のものである。 その後プルゼニカトリック修道会・Premonstratensianの学校で教師をしていた年上従兄、ヨゼフ・スメタナがベドルジハ残った学校就学期間中彼の面倒を見ること申し出た1840年夏にスメタナプルゼニ移った1843年学校卒業するまで、スメタナプルゼニ過ごしたスメタナピアニストとしてテクニックは、プルゼニ多くの夜会求められるまでになっていた。スメタナ自身は、この多忙な人生を楽しんでいた。この中には、いくつも恋愛含まれており、最も重要なものはカテジナ・コラージョヴァーとのものである彼女は、幼い時期から顔見知り女性であったスメタナ完全に女に魅了されており、彼は日記に「彼女の傍に居ないと、私は赤く熱され石炭の上に座っているかのように平穏でいることがきない」と書いている。スメタナは彼女のためにいくつかの楽曲作曲している。その中には2つカドリーユデュエット左手のための不完全なピアノ練習曲がある。また、この時期にスメタナ初め管弦楽曲メヌエット)を作曲している。

※この「第一歩」の解説は、「ベドルジハ・スメタナ」の解説の一部です。
「第一歩」を含む「ベドルジハ・スメタナ」の記事については、「ベドルジハ・スメタナ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第一歩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「第一歩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



第一歩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第一歩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第一歩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマッカーサー回想記 (改訂履歴)、バッド・ボーイ・レコード (改訂履歴)、ベドルジハ・スメタナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS