第一段階とは? わかりやすく解説

第一段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/16 12:43 UTC 版)

世界ソビエト社会主義共和国」の記事における「第一段階」の解説

世界ソビエト社会主義共和国」の思想要綱宣伝し世界人民に浸透を図る。おおむね5年間に実現させる

※この「第一段階」の解説は、「世界ソビエト社会主義共和国」の解説の一部です。
「第一段階」を含む「世界ソビエト社会主義共和国」の記事については、「世界ソビエト社会主義共和国」の概要を参照ください。


第一段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 03:52 UTC 版)

肺癌」の記事における「第一段階」の解説

明らかな腺癌adenocarcinomaADC)あるいは扁平上皮癌(squamous carcinoma、SQCC)が認められる場合は、そこで診断確定する神経内分泌形態認められる場合腫瘍は「小細胞癌small cell carcinoma (SCLC) あるいは「非小細胞癌おそらく大細神経内分泌癌」non-small cell lung carcinoma (NSCL), probably large cell neuroendocrine carcinoma (LCNEC) に分類される。これ以外のものは非小細胞癌NSCL-NOSに分類される

※この「第一段階」の解説は、「肺癌」の解説の一部です。
「第一段階」を含む「肺癌」の記事については、「肺癌」の概要を参照ください。


第一段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/26 09:51 UTC 版)

ジェームズ川艦隊」の記事における「第一段階」の解説

1862年3月8日9日バージニア州ノーフォーク近く行われ艦隊最初の戦闘となったハンプトン・ローズ海戦時の司令官ジョン・タッカーJohn Randolph Tuckerであった。このときの戦力装甲艦バージニア外輪CSS ジェームズダウン(CSS Thomas Jefferson)、同CSS パトリック・ヘンリーCSS Patrick Henry)、およびスクリュー推進砲艦であるCSS ビュフォート(CSS Beaufort)、CSS ローリーCSS Raleigh初代)であった。 "小規模なジェームズ川艦隊活躍は、この偉大な戦闘において最も記憶されるべきものであった鉄の巨艦の影に隠れがちだが、勇敢で海軍体現するシーマンシップあふれた活動は、木造艦艇の名誉として記録されるであろう 。" CSS ジェームズダウンの活躍のために、艦長のジョセフ・バーニー(Joseph Nicholson Barney)は昇進している。 南軍がその守護神であるバージニアを自ら破壊した後に北軍ジェームズ川上流に向かって進撃してくると、さらに艦隊戦力は低下した。ドルーリーズブラフ(Drewry's Bluffドルーリー断崖)の閉塞をより強固なものにするためにジェームズタウン阻害物として沈められ、その艦載砲崖の上据付けられた。水兵達は艦隊残りの兵とともに1862年5月15日ドルーリーズブラフの戦い参加した。この撤退の再に、新造装甲艦CSS リッチモンド船体ノーフォークからリッチモンド曳航されている

※この「第一段階」の解説は、「ジェームズ川艦隊」の解説の一部です。
「第一段階」を含む「ジェームズ川艦隊」の記事については、「ジェームズ川艦隊」の概要を参照ください。


第一段階(2021~2025年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 05:28 UTC 版)

月面基地」の記事における「第一段階(2021~2025年)」の解説

打ち上げ予定されている中国嫦娥6号嫦娥7号ロシアルナ25号・ルナ26号ルナ27号などから得た情報をもとに月の南極付近に月面基地建設場所選定する

※この「第一段階(2021~2025年)」の解説は、「月面基地」の解説の一部です。
「第一段階(2021~2025年)」を含む「月面基地」の記事については、「月面基地」の概要を参照ください。


第一段階(地向斜期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 16:53 UTC 版)

造山運動」の記事における「第一段階(地向斜期)」の解説

大陸周辺位置する浅い海底では、大河によって陸地から浸食され運ばれてきた砂や泥等の厚い堆積層形成される。これを地向斜と呼ぶが、地向斜堆積物重み沈降するので、海が埋められて陸化する事はなく、最終的には海底1万メートル越え程の地層出来る。

※この「第一段階(地向斜期)」の解説は、「造山運動」の解説の一部です。
「第一段階(地向斜期)」を含む「造山運動」の記事については、「造山運動」の概要を参照ください。


第一段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 04:48 UTC 版)

海竜めざめる」の記事における「第一段階」の解説

イギリス民間放送会社EBC勤めるマイク・ワトソンは、共同レポーターでもある妻のフィリスとともに空から海に落ち火球目撃する火球報告世界中で相次ぎ、すべて深海区域集中していた。調査あたった潜水球ケーブル切られ行方不明となり、海洋行き交う艦船次々と消息を絶つ世界各国互いに疑心暗鬼にある中で地質学者のボッカー博士は「ウェルズ描いた火星人よりはるかに強力」な地球外生命体による侵略示唆した

※この「第一段階」の解説は、「海竜めざめる」の解説の一部です。
「第一段階」を含む「海竜めざめる」の記事については、「海竜めざめる」の概要を参照ください。


第一段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:06 UTC 版)

オーロラ号の漂流」の記事における「第一段階」の解説

5月8日までに連続した南からの強風が、まだ氷に閉じ込められたままの船を北に動かしマクマード入江から出てロス海開けた海域入ったステンハウス5月9日日誌オーロラ号位置を「叢氷の中で急速に流れ、どこに行くかは神が知っている。我々の健康状態良い意気高くうまくやりくりできるだろう。」と要約していた。ステンハウスは、それがマクマード入江越冬する期待失くすものであることを認識しエバンス岬残された隊員のことを心配して「彼らには悲惨な見込みである。我々は来年旅行のために残していたバーバリ衣類積んだまである」と記していた。その後2日間、風は乗組員甲板働けないほどに強かったが、5月12日に、一時的に無線通信アンテナ張ってみるほどに和らいだフックが陸の部隊との接触試み始めた。しかし、そのモールス信号エバンス岬届かなかった。送信機範囲通常300マイル (480 km) に満たないが、フックは1,300海里 (2,400 km) 以上離れたマッコーリー島基地通信しようとして、やはり叶わなかった5月14日船首の錨2個の壊れた残骸残っており、船を転覆させる恐れがあったので、甲板引き上げられた。それに続く日々で叢氷の厚さ厚くなり、次第荒れ始めた気象の中では、操船ようとして石炭浪費になる可能性強かったので、ボイラー停止させた。船に清水補充するのもあらたな問題になった。大きな氷山見えたが、その気条件近づくにはあまりに遠かったので、飲料水を得るために乗組員集めるしかなかった。食料それほど問題にならなかった。船の周り集まってくるペンギンアザラシからの肉で、オーロラ号積んでいた食料を補うことができた。乗組員士気上げるために5月24日イギリス帝国日にラム酒分けられた。 5月25日オーロラ号ヴィクトリアランドの方向に流されていたとき、ステンハウス大きな氷の塊がねじれて立ち上が様子を「墓場の様だ」と表現していた。オーロラ号はこの氷が集まってくるので常に危険な状況にあったステンハウス乗組員に、オーロラ号が氷に捕まって潰され場合岸に揚がる可能性に備えて物資準備するよう命令したが、差し当たり危険性去った比較何もない数週間が過ぎ、その間ステンハウス選択肢検討した。船が氷に閉ざされたままなら動きがとれないであろう。氷が解けるならば、装備物資持たせた部隊エバンス岬送ることができる。しかし、北へ漂流が続くならば、船が自由になり次第ニュージーランドに向かい修繕と再補給済ませ2回目補給所設置のシーズン間に合わせるべく9月10月にはエバンス岬に戻ると考えていた。 7月9日までに漂流スピード上がり、叢氷の圧力高ま兆候があった。7月21日、氷が船の両端引っ掻くような位置になり、ある衝撃で舵が修復不能なほど壊れたフック日誌に拠れば、「全員舷側から氷に飛び降りる用意ができていた。船が行なければならないのは確かに思われた」と記した翌日ステンハウスは船を放棄する準備をしたが、氷に新しい動きがあり、状況和らげ、船は安全な位置取りになった。船を捨て計画中止された。フック無線通信アンテナ修理しマッコーリー島との通信再開した8月6日漂流を始めてから初め太陽顔を出したオーロラ号依然として氷にしっかり捉えられたままであり、エバンス岬からは360海里 (670 km) 北に出ており、ロス海南極海出て来るヴィクトリアランド北端エバンス岬近づいていた。

※この「第一段階」の解説は、「オーロラ号の漂流」の解説の一部です。
「第一段階」を含む「オーロラ号の漂流」の記事については、「オーロラ号の漂流」の概要を参照ください。


第一段階(First run、2017年11月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 04:36 UTC 版)

Minigo」の記事における「第一段階(First run2017年11月)」の解説

1000CPUコアGPUなし)を使用して2週間実行し、主にプログラム実装正確さ確認するために九路盤でのトレーニング

※この「第一段階(First run、2017年11月)」の解説は、「Minigo」の解説の一部です。
「第一段階(First run、2017年11月)」を含む「Minigo」の記事については、「Minigo」の概要を参照ください。


第一段階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 16:32 UTC 版)

からくりサーカス」の記事における「第一段階」の解説

他者笑わせなければ呼吸困難陥る発作発生するこの段階で寿命全うできるのは稀。

※この「第一段階」の解説は、「からくりサーカス」の解説の一部です。
「第一段階」を含む「からくりサーカス」の記事については、「からくりサーカス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第一段階」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第一段階」の関連用語

第一段階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第一段階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの世界ソビエト社会主義共和国 (改訂履歴)、肺癌 (改訂履歴)、ジェームズ川艦隊 (改訂履歴)、月面基地 (改訂履歴)、造山運動 (改訂履歴)、海竜めざめる (改訂履歴)、オーロラ号の漂流 (改訂履歴)、Minigo (改訂履歴)、からくりサーカス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS