GPUとは? わかりやすく解説

ゲー‐ペー‐ウー【GPU】


ジー‐ピー‐ユー【GPU】

読み方:じーぴーゆー

《(ロシア)Gosudarstvennoe politicheskoe upravlenie》⇒ゲーペーウー(GPU)


ジー‐ピー‐ユー【GPU】


GPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/25 09:49 UTC 版)

GPU



GPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 14:59 UTC 版)

SIMD」の記事における「GPU」の解説

GPUはSIMD型がほとんどである。ただし、GPGPU対応が進むにつれて、1プロセッサ複数データを扱うSIMDだけではなく複数プロセッサ用いて実現されるハードウェアマルチスレッドに対して同一の命令発行することで複数データ同時に処理するSIMT(英語版)の併用主流となっている。 もともとGPUはXYZW/RGBA(各成分32ビット単精度浮動小数点数)を同時に演算する128ビット4-way SIMD主流だったが、1サイクル1回単精度浮動小数点数もしくは32ビット整数融合積和演算 (FMA) を行なうスカラープロセッサ複数束ねるSIMTが主流となった。しかしその後単精度演算器にて半精度浮動小数点数演算を2回行なう2-way SIMDや、8ビット整数演算を4回行なう4-way SIMDサポートするGPUも出現しSIMDとSIMTの併用始まっている。 NVIDIA GeForceNVIDIA QuadroNVIDIA Teslaシリーズなど NVIDIA製GPUでは32個のハードウェアスレッド集合Warpと呼ぶAMD RadeonAMD FireProシリーズなど AMD製GPUでは64個のハードウェアスレッド集合Wavefrontと呼ぶ。 イマジネーションテクノロジーズ、PowerVRPowerVR Series5シリーズでは4-wayの, PowerVR Series6シリーズでは16-wayのベクタユニット

※この「GPU」の解説は、「SIMD」の解説の一部です。
「GPU」を含む「SIMD」の記事については、「SIMD」の概要を参照ください。


GPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:48 UTC 版)

Folding@homeコアのリスト」の記事における「GPU」の解説

グラフィックス・プロセシング・ユニットコアは、分子動力学を行うために、新しビデオカードグラフィックスチップ使用する。GPU Gromacs コアGromacs真の移植ではなくGromacs主要な要素を取り入れ、GPU機能のために強化したものである

※この「GPU」の解説は、「Folding@homeコアのリスト」の解説の一部です。
「GPU」を含む「Folding@homeコアのリスト」の記事については、「Folding@homeコアのリスト」の概要を参照ください。


GPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 16:16 UTC 版)

PlayStation 3」の記事における「GPU」の解説

ソニー製の中でGPUにプログラマブルシェーダ搭載した初のゲーム機となった1080pでの映像出力対応しているが、実際には見た目大きく左右するテクスチャシェーディングなどの処理負荷掛かるためにレンダリング解像度としては1280×720720p)が主流である。こうして今まで主流だったポリゴン単位でのシェーディングからテクセル単位シェーディング本格移行しきめ細かい質感表現可能になった。 GPUには、GeForceシリーズなどで知られるNVIDIA共同開発したRSX Reality Synthesizer採用している。RSXは、NVIDIA社のPC用VGA「GeForce7800 GTX」に実装されているGPU(G70)をベースに、PS3内部で採用されている「Flex IOインターフェイス搭載したPS3専用カスタマイズGPUである。単純な性能比較できない GeForce7800GTXとはバーテックスシェーダ数(8本)、ピクセルシェーダ数(24本)が共通だが、動作周波数(GeForce7800GTX:430 MHzRSX:500 MHz)、VRAMインタフェース(GeForce7800GTX:38.4 GB/s (256 bit)、RSX:22.4 GB/s (128 bit))CPUインタフェース(GeForce7800GTX:8 GB/sRSX:35 GB/s)、ROPユニット(GeForce7800GTX:16基、RSX:8基)と異な部分もある。ソフトによってはCellSPEユニットによる描画処理分散行われている。 SCEではRSX浮動小数点演算性能当初1.8 TFLOPSであると発表していたが、この数字RSXベースになったといわれているGeForce 7800 GTX (G70) 430 MHz313 GFLOPSの6倍弱であり、G70の次世代GPUであるGeForce 8800 GTX (G80) 575MHzの345.6 GFLOPS(G70の算出方法では約500 GFLOPS)をも上回ってしまう。これはマイクロソフトXbox 360システム全体浮動小数点演算性能が1 TFLOPSであると発表したことに対抗し特殊な算出方法用いたことによると見られているが、SCEMSともに数値内訳は明らかにしていない画像出力解像度は、PS2720×480ピクセルに対しPS3では最大1920×1080ピクセルフルHD表示可能でありプログレッシブ表示にも対応している2005年発表されたスペック表には、クロック周波数550 MHz表記されていたが、後にコスト削減のために500 MHzにスペックダウンされた。

※この「GPU」の解説は、「PlayStation 3」の解説の一部です。
「GPU」を含む「PlayStation 3」の記事については、「PlayStation 3」の概要を参照ください。


GPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 17:33 UTC 版)

PlayStation 2」の記事における「GPU」の解説

本機のGPU、Graphics Synthesizerは4 MBDRAMをチップ内に持つ。従来論理LSIDRAM同一チップ上に形成するのは製造プロセス違いから難しいとされており、当時としては大容量DRAM用いたDRAM混載LSI先駆け的存在となった混載によってVRAMバス幅を2560 bit高めたことで、48 GB/sというVRAM帯域実現している。この広帯域では、PS2用い解像度半透明テクスチャ大量に重ねてフレームレート低下起こさないメリットがあったため、派手なエフェクト活用された。

※この「GPU」の解説は、「PlayStation 2」の解説の一部です。
「GPU」を含む「PlayStation 2」の記事については、「PlayStation 2」の概要を参照ください。


GPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:58 UTC 版)

バックプロパゲーション」の記事における「GPU」の解説

行列掛け算GPGPUが得意としており高速に計算できるPythonではTheanoなどのライブラリおよびそれを間接的に使用して機械学習ライブラリなどがある。

※この「GPU」の解説は、「バックプロパゲーション」の解説の一部です。
「GPU」を含む「バックプロパゲーション」の記事については、「バックプロパゲーション」の概要を参照ください。


GPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 13:52 UTC 版)

PlayStation 4」の記事における「GPU」の解説

GPUのコアGCN (Graphics Core Next) 系アーキテクチャで、搭載する18個のCU (コンピュートユニット) はそれぞれ16レーンSIMD演算ユニットを4個持つ。動作クロック800MHzであり、計1,152個の和算ユニットを持つことから単精度浮動小数点演算性能は1.84TFLOPSとなる。 PS3RSXDirectX 9世代の拡張アーキテクチャ採用していたが、本機では2世進んだDirectX 11世代となる。グラフィックスパイプラインにはプリミティブ増減出現消失をGPU単体行えるうになるジオメトリシェーダープリミティブ分割増減変位をプログラマブルに行えるテッセレーションステージが加えられており、命令セット機能多く追加された。RSXベースとなったG70まで別れていたピクセルシェーダーバーテックスシェーダー統合されユニファイドシェーダー構成となっている。 GPUに関してAMD基本設計に対しSCE多くのカスタマイズ施している。後述するGPGPU純粋なグラフィック理を混在できるようなGPU制御や、それに併せGPGPU用のタスク制御機能拡充などが行われた。提供されるAPIPS3PS Vita向けに提供されているものと同様形態となり、抽象化レイヤーのないローレベルなものとなる。これはよりパフォーマンスを追求するめでありOpenGLなどに慣れ親しんだ開発者向け別途オーバーヘッド少なラッパーAPIとそのソースコード提供される

※この「GPU」の解説は、「PlayStation 4」の解説の一部です。
「GPU」を含む「PlayStation 4」の記事については、「PlayStation 4」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「GPU」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「GPU」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

GPUのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



GPUのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリGPUの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGPU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSIMD (改訂履歴)、Folding@homeコアのリスト (改訂履歴)、PlayStation 3 (改訂履歴)、PlayStation 2 (改訂履歴)、バックプロパゲーション (改訂履歴)、PlayStation 4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS