並みとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 並み > 並みの意味・解説 

なみ【並(み)】

動詞「なむ」の連用形から》

並んでいること。並んだもの。ならび。

よくも悪くもないこと。ごく一般的であること。また、そのもの。中ぐらい。普通。「並みの品」「並みの選手

商品などの等級で、上と下中間のもの。中程度。「にぎりの並み」

同程度同類であること。同等

「わが―の人にはあらじと思ひて」〈源・玉鬘

名詞の下に付いて接尾語的に用いられる。

そのものと同じ、そのものと同じ程度などの意を表す。「例年並み気候」「世間並みの生活」

㋑その物ごと、その時ごとの意を表す。「軒並み」「月並み

㋒それが並んでいること、いくつも重なっている意を表す。「歯並み」「家並み


並み

読み方:なみ

【文語】マ行四段活用動詞並む」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




並みと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「並み」の関連用語

並みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



並みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS