茶屋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > > 茶屋の意味・解説 

ちゃ‐や【茶屋】

読み方:ちゃや

製造・販売する職業また、その家葉茶屋

旅人などに茶菓供し休息させる店。茶店(ちゃみせ)。「峠の—」

江戸時代上方遊里で、客に芸者・遊女を呼んで遊ばせた家。揚屋(あげや)より格が低かった

江戸時代江戸新吉原で、客を遊女屋などに案内することを業とした家。引手茶屋

芝居茶屋」に同じ。

相撲茶屋」に同じ。

茶屋の画像
京都島原で茶屋と置屋兼ね輪違屋わちがいや)

茶屋

読み方:チャヤ(chaya)

(1)江戸時代私用旅行者休泊所。
(2)客に飲食または酒色供して遊興をさせるのを商売とした店。


茶屋

読み方:チャヤ(chaya)

所在 石川県白山市


茶屋

読み方:チャヤ(chaya)

所在 鳥取県日野郡日南町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

茶屋

読み方
茶屋さや
茶屋ちゃや
茶屋ちやや

茶屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:53 UTC 版)

茶屋(ちゃや)は、日本において中世から近代にかけて一般的であった、休憩所の一形態。休憩場所を提供するとともに、注文に応じて和菓子を提供する飲食店、甘味処としても発達した。茶店(ちゃみせ)とも言う。


  1. ^ 引手茶屋コトバンク
  2. ^ [1]京都歴史こぼれ話-京都新聞連載コラム『雑学京都史』より- 特別展展示資料 解説集
  3. ^ [2]日本の話 江戸時代編 第33話 嗜好品文化の普及過程で世に登場した「一服一銭」
  4. ^ 「御影供と弘法市」, 東寺.
  5. ^ 「質問10 弘法さんや天神さんなど,京の市について知りたい。」, 京都市図書館レファレンス.
  6. ^ a b 永島福太郎 「一服一銭」 in 国史大辞典編集委員会 編 『国史大辞典 (昭和時代)』第一巻, 吉川弘文館, 1979年3月, p. 688. ISBN 978-4-642-00501-2
  7. ^ 源城政好 「特別展覧会『日本人と茶 -その歴史・その美意識ー』雑感」, 京都国立博物館よみもの No. 39. (京都国立博物館特別展「日本人と茶-その歴史・その美意識」 2002年9月7日 - 10月14日)
  8. ^ ひがし茶屋街の観光地図”. 金沢観光情報(ウェブサイト). 粟長醤油株式会社. 2010年4月11日閲覧。
  9. ^ ひがし茶屋街”. きまっし金沢. 2010年4月11日閲覧。
  10. ^ 主計町茶屋街”. きまっし金沢. 2010年4月11日閲覧。
  11. ^ にし茶屋街”. 写真紀行・旅おりおり. 2010年4月11日閲覧。


「茶屋」の続きの解説一覧

茶屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 10:16 UTC 版)

中国の茶の文化」の記事における「茶屋」の解説

古代の中国学者たちは茶屋で学術的な話し合いをしていた。茶屋は政治忠実な所であり、この中にいる時だけは社会的地位に関わらず誰でも正直に合理的な会話をすることが好まれるゆっくりと飲むこと互い礼節気分上げる。茶屋は中国の茶の文化副産物というだけでなく、中国歴史の証ともなっている。現在、人々北京市にある老舎茶館杭州市蘇州市揚州市南京市無錫市紹興市上海市など華東の茶屋で古典的な雰囲気感じることができる。これらの茶屋の雰囲気はまだ活気溢れている

※この「茶屋」の解説は、「中国の茶の文化」の解説の一部です。
「茶屋」を含む「中国の茶の文化」の記事については、「中国の茶の文化」の概要を参照ください。


茶屋(ちゃや)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 02:17 UTC 版)

脳男」の記事における「茶屋(ちゃや)」の解説

警察官身長190cm、体重120kgの巨漢緑川アジト鈴木一郎助けられ、彼が精神異常者とは思えない

※この「茶屋(ちゃや)」の解説は、「脳男」の解説の一部です。
「茶屋(ちゃや)」を含む「脳男」の記事については、「脳男」の概要を参照ください。


茶屋(ちゃや)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 08:17 UTC 版)

住吉 (神戸市)」の記事における「茶屋(ちゃや)」の解説

住吉宮町6・7丁目および5丁目西部西の西国街道からの玄関口本住吉神社この地区。

※この「茶屋(ちゃや)」の解説は、「住吉 (神戸市)」の解説の一部です。
「茶屋(ちゃや)」を含む「住吉 (神戸市)」の記事については、「住吉 (神戸市)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茶屋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「茶屋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



茶屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

茶屋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茶屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中国の茶の文化 (改訂履歴)、脳男 (改訂履歴)、住吉 (神戸市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS