袱紗挟みとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 袱紗挟みの意味・解説 

袱紗挟み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/19 19:16 UTC 版)

帛紗挟み(ふくさばさみ)または懐紙入れ(かいしいれ)とは、茶道の稽古や茶席において必要となる小物を一まとめに入れて携帯する袋の総称である。茶道具以外に化粧用品やチケットなどを入れてポーチ代わりとしての用途も見られる。[1]






「袱紗挟み」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

袱紗挟みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



袱紗挟みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの袱紗挟み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS