芽茶とは? わかりやすく解説

め‐ちゃ【芽茶】


芽茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 02:51 UTC 版)

芽茶(めちゃ)は、日本茶の一種。煎茶や玉露を作る際に出たや葉の先端などを集めた茶である[1]茎茶粉茶とともに出物と呼ばれ、煎茶製造の際に副産物として出るお茶である。副産物であり一級品ではないとされているが、取れる量が少なく煎茶よりも高価に扱われることも多い。


  1. ^ 緑茶の表示基準 日本茶業中央会
  2. ^ 「今、知っておきたい日本茶の基本」2010年5月10日発行 枻出版社 p44


「芽茶」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

芽茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芽茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芽茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS