セイロンティーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > セイロンティーの意味・解説 

セイロン‐ちゃ【セイロン茶】

読み方:せいろんちゃ

セイロン島産の紅茶ウバヌワラエリヤなどの産地がある。セイロンティー。


セイロンティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 18:24 UTC 版)

セイロンティー英語: Ceylon tea)とは、スリランカ紅茶の総称で登録商標である。スリランカの国名は、1972年までセイロンであった。スリランカは、世界の茶の生産のうち10%を占める。一般的に、ほのかな柑橘系の芳香があり、ブレンドでも単一産地銘柄でも使用される。年間生産量は24万トン超であり、96%が世界に輸出されている[1]。うち7000トンは日本に輸出されている[1]




  1. ^ a b c d e スリランカ(セイロン)紅茶の種類 ティーファクトリー茶房


「セイロンティー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

セイロンティーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セイロンティーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセイロンティー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS