中国茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 中国茶の意味・解説 

ちゅうごく‐ちゃ【中国茶】

読み方:ちゅうごくちゃ

中国作られる総称烏竜茶(ウーロンちゃ)・普洱(プーアルちゃ)・ジャスミン茶などがある。


中国茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:55 UTC 版)

中国茶(ちゅうごくちゃ)は、中華人民共和国中国大陸)及び台湾[注釈 1][1]で作られるおの総称。中国や台湾、古くから西洋への茶の商いで知られる香港はいうに及ばず、世界各地にその愛好者がいる。


注釈

  1. ^ 「中国茶」を称するペットボトル飲料や大量消費を目的に販売される中国緑茶の中には、ベトナムインドネシアで生産された茶葉を使用したものもある。また、近年ではプーアル茶ベトナムタイで重要な輸出品となっており、安価なプーアル茶の中にはベトナム産やタイ産の茶葉を中国の雲南省で包装しただけで「雲南省」と表示している場合もある。更に、タイ産の「三馬茶」(サンマーチャ)は華僑向けのお茶として有名なブランドである。
  2. ^ 前者は、お茶の薬効成分の一つとされる「タンニン」の広範囲な食品内の合成物によるもので、二次発酵や三次発酵を行う青茶・中国紅茶・黒茶の多彩な味覚を持つ高級種において顕著に起こりうる。後者は、お茶やコーヒー類に含まれる「カフェイン」による中毒症状に似たもので、薬品としての無水カフェインを多く摂取した際にも起こる副作用としてもよく知られていて、頭痛や眩暈だけではなく、重症の場合には歩行障害を伴う症例も報告されている。前者は、青茶の代表である烏龍茶は、店舗での最終加工での火入れの良し悪しによっても大きな違いがあり、味覚にも直接関係する。後者の「カフェイン」は、味覚には直接には関係がなく、青茶や黒茶の場合にみられる工夫茶の「洗茶」によって、茶葉の表面に現れたり結晶化したものを取り除くことでも緩和される。品質の悪い茶葉は雑味と共に、分解が進んでいない「タンニン」の渋味が出易く、また、「カテキン」が紅茶の赤色や、黒茶の黒色の食品色素に変わる前の中間生成物等の多量摂取も嘔吐感を伴う場合があり、後者の原因ともなり得る。

出典

  1. ^ 平野久美子『中国茶風雅の裏側:スーパーブランドのからくり』299、文藝春秋〈文春新書〉、2003年1月、123,135。ISBN 4166602993NCID BA60476556
  2. ^ a b 関剣平「魏晋南北朝における喫茶の文化」『国立民族学博物館研究報告』第27巻第2号、国立民族学博物館、2002年、 283-314頁、 doi:10.15021/000040402019年6月3日閲覧。
  3. ^ a b 水上和則『茶文化史にそった中国茶碗の考古学』 勉誠出版 2009 ISBN 978-4-585-03235-9 pp.3-4,224-225.
  4. ^ a b 呂毅ほか『微生物発酵茶 中国黒茶のすべて』 幸書房 2014 改訂第1刷 ISBN 978-4-7821-0378-4 pp.13-15.
  5. ^ 王静『現代中国茶文化考』思文閣出版、2017年2月2日、236頁。ISBN 9784784218790NCID BB23294819
  6. ^ 加藤千洋『加藤千洋の中国食紀行:うまいを知れば「素顔の中国」が見えてくる』小学館、91頁。ISBN 4093875480NCID BA71368544
  7. ^ 王静『現代中国茶文化考』思文閣出版、2017年2月2日、237頁。ISBN 9784784218790NCID BB23294819
  8. ^ 王静『現代中国茶文化考』思文閣出版、2017年2月2日、237-238頁。ISBN 9784784218790NCID BB23294819
  9. ^ 王静『現代中国茶文化考』思文閣出版、2017年2月2日、238頁。ISBN 9784784218790NCID BB23294819
  10. ^ 王静『現代中国茶文化考』思文閣出版、2017年2月2日、238-239頁。ISBN 9784784218790NCID BB23294819
  11. ^ 王静『現代中国茶文化考』思文閣出版、2017年2月2日、238-239頁。ISBN 9784784218790NCID BB23294819
  12. ^ 朝日新聞・夕刊3面 2006年12月18日より一部抜粋。2007年1月6日朝日新聞web版記事マイタウン静岡より追記。
  13. ^ この場合の「発酵」とは醸造に代表される微生物を用いての有機物生成ではなく、茶葉に含まれる酵素を用いての人為的酸化加工を指す。詳しくは発酵の項を参考のこと
  14. ^ http://shizuoka-cha.com/index.php/faq/faq01/01/ 公益社団法人静岡県茶業会議所
  15. ^ https://kotobank.jp/word/%E9%87%91%E7%B7%91%E8%89%B2-481976
  16. ^ https://www.asahiinryo.co.jp/customer/dictionary/ing_tea.html アサヒ飲料お茶まめ知識
  17. ^ 楊品瑜『台湾茶の楽しみ方とおいしい料理』三心堂出版社、1999年、34頁。ISBN 4883423131
  18. ^ a b 『中国茶の愉しみ』 脇屋友詞 日本放送出版協会 2002年7月




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

中国茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中国茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS