深蒸し茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 深蒸し茶の意味・解説 

ふかむし‐ちゃ【深蒸(し)茶】

読み方:ふかむしちゃ

チャを蒸す工程で、普通より長時間蒸した緑茶濃い色味わい特徴


深蒸し茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 17:31 UTC 版)

深蒸し茶(ふかむしちゃ)は、の製造方法の一種で、生茶葉から煎茶を造る最初の工程である「蒸し」の時間を、1分から3分程度と長く取るものを深蒸し茶という[1]


  1. ^ 日本茶の図鑑 全国の日本茶119種と日本茶を楽しむための基礎知識 日本茶業中央会/監修 マイナビ ISBN 978-4-8399-4813-9 p.11
  2. ^ a b 波多野公介『おいしいお茶がのみたい』PHP研究所、1996年、pp.16-23.
  3. ^ 大石貞男著作集4 茶の栽培と製造2 農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03165-1 p.237-238


「深蒸し茶」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

深蒸し茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



深蒸し茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの深蒸し茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS