苦丁茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 苦丁茶の意味・解説 

苦丁茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 02:55 UTC 版)

苦丁茶(くうていちゃ/くちょうちゃ)は、中国茶における茶外茶の一種。「丁」は捻ったような茶葉の形を指す。


  1. ^ Tam, C. F.; Peng, Y.; Liang, Z. T.; He, Z. D.; Zhao, Z. Z. (2006). "Application of microscopic techniques in authentication of herbal tea - Ku-Ding-Cha". Microscopy Research and Technique 69 (11): 927–932. doi:10.1002/jemt.20369.
  2. ^ Subhuti Dharmananda, Imtonline Article "KU DING CHA"”. 2008年5月30日閲覧。, Institute for Traditional Medicine, Portland, Oregon, Retrieved November 2, 2006.
  3. ^ 周達生『中国茶の世界』、1994年、保育社ISBN 4-586-50868-X、p.140
  4. ^ a b c 工藤佳治『はじめての中国茶』、2002年、主婦の友社ISBN 4-07-235080-X、p.27
  5. ^ 中央人民広播電台 海南島名品苦丁甲天下
  6. ^ 郭雅玲 苦丁茶応用研究概述(中国語)
  7. ^ a b 中国中医網苦丁茶的歴史記載和伝説(中国語)
  8. ^ 国学網絡 茶経(中国語)
  9. ^ 平田 公一『「茶」の文字の変遷と確立
  10. ^ zh:s:本草綱目/果之四#.E7.9A.8B.E8.98.86
  11. ^ 苦丁茶的引进筛选及示范推广 (中国語)
  12. ^ 植野研究室 香辛料辞典
  13. ^ a b 根岸紀「苦丁茶の成分と機能性」『日本食生活学会誌』第18巻第1号、日本食生活学会、2007年、 25-31頁、 NAID 40015552815
  14. ^ a b Alikaridis, F. (1987). "Natural constituents of Ilex species". Journal of Ethnopharmacology 20: 121–144. doi:10.1016/0378-8741(87)90084-5.
  15. ^ a b He, Z.-D.; Ueda, S.; Akaji, M.; Fujita, T.; Inoue, K.; Yang, C.-R. (1994). "Monoterpenoid and phenylethanoid glycosides from Ligustrum pedunculare". Phytochemistry 36: 709–716. doi:10.1016/S0031-9422(00)89802-7.
  16. ^ Stadler, M.; Sterner, O. (1998). "Production of bioactive secondary metabolites in the fruit bodies of macrofungi as a response to injury". Phytochemistry 49: 1013–1019. doi:10.1016/S0031-9422(97)00800-5.
  17. ^ Wong, I. Y. F.; He, Z.-D.; Huang, Y.; Chen, Z.-Y. (2001). "Antioxidative Activities of Phenylethanoid Glycosides from Ligustrum purpurascens". Journal of Agricultural and Food Chemistry 49: 3113–3119. doi:10.1021/jf0100604.
  18. ^ a b Liang, Y.; Ma, W.; Lu, J.; Wu, Y. (2001). "Comparsion of chemical compositions of Ilex latifolia Thumb and Camellia sinesis L". Food Chemistry 75: 339–343. doi:10.1016/S0308-8146(01)00209-6.
  19. ^ 村松敬一郎・小國伊太郎・伊勢村護・杉山公男・山本(前田)万理 『茶の機能—生体機能の新たな可能性』 学会出版センター、2002年。ISBN 4-7622-2991-1
  20. ^ 翠川美穂・藤原しのぶ・佐々木弘子・菅原龍行 「苦丁茶の茶葉および浸出液中のミネラル含量」『日本食生活学会第32回大講演要旨集』 4頁、2006年。
  21. ^ Lau, K.-M.; He, Z.; Dong, H.; Fung K.-P.; But, P. P.-H. (2002). "Anti-oxidative, anti-inflammatory and hepato-protective effects of Ligustrum robustum". Journal of Ethnopharmacology 83: 63–71. doi:10.1016/S0378-8741(02)00192-7.


「苦丁茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

苦丁茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



苦丁茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの苦丁茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS