世界三大銘茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界三大銘茶の意味・解説 

世界三大銘茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 03:37 UTC 版)

世界三大銘茶は、中国祁門紅茶(キーマン)、インドダージリンティー(Darjeeling)、スリランカウバ(Uva)の3つの紅茶の産地を指す。主に日本において高級紅茶に対して使われるキャッチコピーである[1]




  1. ^ 初心者必見!世界三大紅茶の違いや特徴 | 紅茶専門ページ | ピントル”. 株式会社PLAN. 2016年12月9日閲覧。
  2. ^ 紅茶の種類〜世界3大銘茶とその他の特徴”. 紅茶資格・検定ナビ. 2016年12月7日閲覧。


「世界三大銘茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界三大銘茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界三大銘茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界三大銘茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS