ミャンマーの茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ミャンマーの茶の意味・解説 

ミャンマーの茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 09:14 UTC 版)

ミャンマーの茶(ミャンマーのちゃ)では、ミャンマーにおけるについて解説する。茶の発祥地である[1]中国雲南省とミャンマーは国境を接しており、古くから茶の栽培と利用が行なわれてきた。また、ラペッソーなど独特の後発酵茶が現在でも広く親しまれている。


  1. ^ 大森、1995年、P.703
  2. ^ 難波、1999年、P.641
  3. ^ a b 難波、1999年、P.645
  4. ^ 中村、1995年、P.36
  5. ^ 中村、1995年、P.37
  6. ^ 中村、1995年、P.46
  7. ^ 中村、1995年、P.42
  8. ^ a b 中村、1995年、P.43


「ミャンマーの茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ミャンマーの茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミャンマーの茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミャンマーの茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS