カビとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > カビ > カビの意味・解説 

か‐び【加被】

読み方:かび

神仏力を貸して守ってくれること。加護

「もし、神明仏陀(ぶっだ)の—にあらずは、争(いかで)か反逆の凶乱をしづめんのみ」〈平家・七〉


かび【牙】

読み方:かび

植物の

「葦—の如く萌えあがる物に因りてなれる神」〈記・上〉


かび【×穎】

読み方:かび

《「かひ」とも》植物の穂。特に、稲穂

初穂をば千(ち)—八百(やほ)—に奉り置きて」〈祝詞祈年祭


か‐び〔クワ‐〕【華美/花美】

読み方:かび

[名・形動はなやかで美しいこと。また、はなやかすぎて不相応なこと。また、そのさま。派手。「—を極める」「—な服装


か‐び【蚊火】

読み方:かび

《「かひ」とも》蚊やり火。《 夏》


かび【×黴】

読み方:かび

《「牙(かび)」と同語源》有機物の上に生じ菌類またはその菌糸集まり糸状菌など、キノコ生じないものをさしていい、適当な温度水分があれば無制限に成長続け至るところ発生する。《 夏》「たらちねの母の御手なる—のもの/汀女」

[補説] 書名別項。→黴


かび【黴】


カビ


カビ

英訳・(英)同義/類義語:mold

菌類一般的なよびかた。

カビ

【仮名】かび
原文mold

糸状菌形態のひとつ。カビの中にはヒト疾患引き起こす可能性があるものもある。

カビ(かび)

糸状の体を持つ菌類総称。主に糸状菌をいう。アルコール飲料醸造利用されているカビに、泡盛麹をつくる黒麹菌くろこうじきん)、焼酎麹をつくる白麹菌清酒麹をつくる黄麹菌中国東南アジアなどの酒つくり使われているクモノスカビケカビなどがある。カビの仲間そのほかに有機酸製造、ペニシリン・ビタミンC・ビタミンB2製造チーズかつおぶし熟成など多方面に利用されている。

カビ

名前 Cabi

蚊火

読み方:カビ(kabi)

物を燻べ煙を立ててカを追う火

季節

分類 人事


読み方:カビ(kabi)

微細で下等なキノコ類総称

季節

分類 植物


読み方:カビ(kabi)

作者 徳田秋声

初出 明治44年

ジャンル 小説


カビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 06:57 UTC 版)

カビ)とは、菌類の一部の姿を指す言葉である。あるいはそれに似た様子に見える、肉眼的に観察される微生物集落コロニー)の俗称でもある。


  1. ^ カビ対策マニュアル 基礎編-文部科学省
  2. ^ ミニ講演 「食べ物のカビの世界」 - 神奈川県衛生研究所
  3. ^ アスペルギルス感染症”. 北大病院感染対策マニュアル 第5版. 北海道大学病院. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月25日閲覧。
  4. ^ 稲瀬直彦「過敏性肺炎の最近の動向」『日本内科学会雑誌』第105巻第6号、日本内科学会、2016年、 991-996頁、 doi:10.2169/naika.105.991
  5. ^ おいしい水を考える会『水道水とにおいのはなしp90』技報道出版



カビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 04:09 UTC 版)

マイクロフィルム」の記事における「カビ」の解説

高温多湿環境保存するとカビが発生して乳剤化学的分解などが起こり画像の劣化起こす

※この「カビ」の解説は、「マイクロフィルム」の解説の一部です。
「カビ」を含む「マイクロフィルム」の記事については、「マイクロフィルム」の概要を参照ください。


カビ(「穎」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:14 UTC 版)

シドニアの騎士」の記事における「カビ(「穎」)」の解説

ガウナ本体中枢組織拒絶反応起こす物質であり、その名称は稲穂の古い呼び名由来するもので、菌類一部を表す「黴」(カビ)ではない。これで本体穴を開けることにより、ガウナを倒すことができる。これが発見されるまで、人類にはガウナの本体(殻)を破壊する手段がなかった。謎の建造物から見つかった物質あるために数が限られており、人工カビ生産されるまでは非常に貴重なのだった特殊な放射線出し、ガウナを誘因する性質がある

※この「カビ(「穎」)」の解説は、「シドニアの騎士」の解説の一部です。
「カビ(「穎」)」を含む「シドニアの騎士」の記事については、「シドニアの騎士」の概要を参照ください。


カビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:04 UTC 版)

MicMacオンライン」の記事における「カビ」の解説

#征服の地ボスモンスター「ヒステリックカビット」とその取り巻きの「カビット親衛兵」のこと。「カビット親衛兵」は、以前は倒すと同時に再出現したため効率良い狩り場として人気であった

※この「カビ」の解説は、「MicMacオンライン」の解説の一部です。
「カビ」を含む「MicMacオンライン」の記事については、「MicMacオンライン」の概要を参照ください。


カビ(2話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 17:34 UTC 版)

コレクター・ユイ」の記事における「カビ(2話)」の解説

航空管制ネット覆ったカビのバグルス好物相手まとわりついて動き封じてくる。中心管制ネット主任

※この「カビ(2話)」の解説は、「コレクター・ユイ」の解説の一部です。
「カビ(2話)」を含む「コレクター・ユイ」の記事については、「コレクター・ユイ」の概要を参照ください。


カビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 06:58 UTC 版)

レガイア伝説」の記事における「カビ」の解説

右手、足といった各部位起きる異常。カビにおかされ部位での攻撃通常攻撃アーツ含めて使用不可になる。

※この「カビ」の解説は、「レガイア伝説」の解説の一部です。
「カビ」を含む「レガイア伝説」の記事については、「レガイア伝説」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カビ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カビ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カビと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2022 Japan Dairy Council All right reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2022.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイクロフィルム (改訂履歴)、シドニアの騎士 (改訂履歴)、MicMacオンライン (改訂履歴)、コレクター・ユイ (改訂履歴)、レガイア伝説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS